あの日

  • 753人登録
  • 3.45評価
    • (37)
    • (91)
    • (94)
    • (26)
    • (11)
  • 134レビュー
著者 : 小保方晴子
  • 講談社 (2016年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062200127

あの日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ざっと読んだのでメモ程度に。
     発売前、宣伝なのか同じ出版社系列のWebサイトにこの本を紹介する記事があったので読んでみた。その文体は現実離れした、小説のような雰囲気を醸し出していた。私が求めていたものとは違うと思い、買う気がなかった。しかし怖いもの見たさか読んでみることにした。
     ざっと読んでみると、私の予想は一部外れていた。各章の頭に、小説っぽい文が取って付けたかのようにちりばめられていたが、全体の内容は淡々と読み進められた。少なくとも小保方さんが語った内容をベースにしているとは思った。
     その中でも気になったのが、実験の過程で小保方さん本人はおかしいと気付いていたが周りの声に流されて進んでしまったことと、アカデミアの権威たちの手のひらの上で転がされて進んでいったことの2点である。前者は自分の意識を高く、後者は低く見積もっている。つまり、矛盾しているのである。論文の報道会見から弁護士を伴った会見まで小保方さんを見てきたが、後者の想像は容易にできても、前者の想像は全くできなかった。本人はその意識がおそらくないだろうが、上司(の中でも特に男性)の心をつかむのがとてもうまいというのは、本を読んでみても窺える。とはいえ、そうふるまいつつも、「私は気付いていました!」というのは、“いいとこどり”すぎるのでは。
     私個人の意見としては、こういう本が出版されることは腹立たしいことだと思う。しかし同時に、「確実に売れる」と思ってもいた。だから、あの『絶歌』を売り出した太田出版のような出版社ならやりかねないと思った(ブックカバーのデザインがそれを彷彿とさせることも含めて)。週刊現代などの媒体を持っているとはいっても、まさかあの講談社が出版してくるとは思わなかった。それがこの本で最も衝撃を受けたことだ。

  • 本が出版されると知った時、出版社に利用されてるようで、もうこれ以上バッシングを受けるようなことはしないほうがいいと思った。
    でも、本書を読んで考えが変わった。
    彼女にとっては書かずにいられない、真相を知ってもらいたい、絶対に記しておきたかったのだろう。

    前半は、生命科学・実験内容が主で、正直なところよくわかず読みとばしたところもある。
    後半は、時系列でどうしてこうなってしまったのかが、わかるように書かれている。
    研究者、情報リーク、理化学研究所のこと、中でもマスコミのやり方の酷さが際立っていた。
    真相は彼女の視点なので何ともいえないが、一人の女性をここまで追い込む「魔女狩り」はあってはならないと思う。
    (電子書籍 honto)

  • 2016.2.14.最初、この本が出版された時、何を馬鹿な…と思い、以前出版され物議をかもした少年Aの『絶歌』と同じ位置付けをしていた。でも、読んだ方々の印象を聞き「少なくとも言えるのは、うまくいっているときには祭り上げていた大人たちが、事が起こるとさあ〜!っと引いていったことがわかる本だ」という感想を聞き、とりあえずよんでみようと思った。読んでみて、なるほどのお(涙)〜と思った。ずっと不思議だったことが、詳しく書かれた手記によって紐解かれたように思った。一番、印象的だったのは世間にとっては小保方さんのネイチャー発表に関わる一連の出来事が最終的なことであったにもかかわらず小保方さんにとっては出発点であったことだ。一連の騒動において、命を絶たれる最後まで笹井さんが小保方さん側に立たれていたことが不思議でたまらず、小保方さん自身あんなことがあっても自らの主張を変えないことも不思議でたまらなかったが、なるほどこういうことだったのか…と深く納得した。私は、須田桃子記者のドキュメントも読んだが到底今回の騒動を納得できなかった。それがこの本を読むことでようやく解決でき、すっきりした。小保方さんが研究者として未熟であったことは疑うべくもない。しかし、本人はそれを認めており、だからこそスタップ細胞は彼女にとって始まりだったのだ。到底、ある特定の人物に責任転嫁する内容には思えなかった。うまく立ち回った人が確実にいることが大変、よくわかった。
    卒論など、~論という物を書いた事がある人だったら納得できると思う。~論を何か新発見のために書く人ってどれだけいるだろう。大多数の人は、学位、修士号、博士号を取るために書くのである。私が学生の時はパソコン自体がなかった(笑)のでコピペはできなかったが、資料丸写しの中でいかに自分の独自性を入れるかということに非常に苦労した思い出がある。博士号となればもう少し高度ではあろうが、おそらく(小保方さん以後のそれまでの他の偉い教授の論文にまつわる不祥事を見るに)コピペはある程度当たり前のものと黙認されていたのではないか。1%に満たない天才の方々以外!の学生による論文は、あくまでその先の席を得る手段として読み捨てられ、スルーされてしまっているのは間違いないと思う。割合に関しては、もちろん正確な数字はわからないが。
    この本を読む限り、小保方さんにとってスタップ細胞はあくまで理研に職を得る手段であったのだろう。論文を書きながらもおそらく小保方さんは世紀の大発見…とまでは思っていなかったと思う。しかし、それを自らの終着点としたい上司がいた(笹井さんではない)。功を焦った上司、自らを客観視できず、舞い上がってしまった研究者によってもたらされた悲劇といえるだろうなあと、この謎を自分なりに解読できたように思った。
    今は失笑と共に何度となく取り上げられる「スタップ細胞はあります!」という小保方さんの言葉と「それでも地球は回っている」という言葉が頭の中でオーバーラップする。

  • 一連の騒動を綴った小保方氏による手記。克明すぎる場面の描写がかえって不自然な感じもしましたが、小保方氏から見た真実がそのまま描かれているのだと思います。確かなことは言えないですが、人間の醜い虚栄心や嫉妬、理研や大学といった科学者の世界における歪んだ村意識、そして、日本の低レベルなマスコミによる報道が、今回の悲劇を招いたのだと言えると思います。日本が科学立国たらんとするのであれば、今回の事件を関係者全員が真摯に反省していただきたいと思いました。

  • 読み物としては、どうかと思いますが。これを読んでいて芥川龍之介の「藪の中」を思い出しました。結局、STAP細胞騒動はなんだったのかは、50年過ぎて歴史を振り返ってみたときしか解らないんでしょうね・

  • 真実は神のみぞ知るところ。
    「この人、かわいそうだな。」という感想が最初に思い浮かんだ。

    文章が上手く読みやすく、なおかつ、論文を読むかのような客観性をあえて保とうとしている節が感じられる。

    この事件の容疑者というか黒幕を暗に示している点は興味深い。



    自分もメディアの言っていることを真に受けてしまった
    人の一人だと感じた。

  • STAP細胞に関する一連の出来事を小保方晴子さん自身が書いた手記。
    STAP現象を発見し、ネイチャー誌などに論文を投稿した小保方さんらの研究者たちは論文掲載にはキメラマウスの作成が必要だと返信される。
    小保方さんたちは、他の研究施設では作れない細胞からもキメラマウスを作成できる技術を持つという理研の若山研究室に依頼するが・・・。
    若山研究室でのキメラマウス作成過程はブラックボックス化され、他研究者には確認取れないまま、STAP細胞のキメラマウス作成は成功し研究は進められていく。

    一連の報道をみていて、チームで行っている研究で若手研究者が指導教官のチェックイン無しに研究を進め、1人で捏造事件を起こすような事はありえないだろうという印象を持っていたが、この本の内容であれば納得できます。

    一連の報道やネットなんかを しょうもないなぁと思いながら見つつ、これを機にSTAP細胞の真偽が他研究者の論文の追試により明らかになっていく過程が世間に認知されれば良いかなと考えていたが、ヒステリックな世論はそんな余裕を与えなかったようでとても残念に感じた。

    地方議員やらゴーストライターやら都知事やら、昔から延々と続く誰かにバッシングしても良いフラグを立てて、狂ったように攻撃している(またはそれを見て喜ぶ)連中は、
    その攻撃対象に自分がなるかもしれない
    という想像力を ほんの少しでも持ってみるとよい。
    誰にでも起きうる事なのだから。

    小保方さんの博士論文のコピペの件についても、実際に査定が行われた論文と違い、製本に提出されたデータが古く画像が仮作成のものだったという点は大学側も認めているようなので、我々の情報のアップデートも必要ですね。

  • まずはよく書き上げて出版されたな、と思いましたね。
    これを書かなければ生きていけなかったのでしょうね、きっと。

    本書にでてくる名指しの記者2名、某新聞社と某テレビ局の。某テレビのスペシャル番組は見逃しましたが、某新聞記者の出版された著作は読みました。で、良く調べているな、わかりやすいなと思ったのを覚えています。

    そして、レビューには書かなかったけれどもその著作はすごく「若山教授寄り」に書かれているということをその時感じたことを覚えています。そちらを読むと若山教授は本騒動の被害者なのだなと誰でも思ってしまうことでしょう。私もうっかりそう思いかけました。
    でも私はそれに違和感を感じました。こういうことは所詮当事者でなければわからぬことだとその時思ったことでした。
    そもそも騒動中の記者会見で、まだ何も分からぬうちから若山さんばかりがいろいろ「逃げ」的発言を繰り返していること自体が私は「この人うさんくさい」と感じていました。

    で、本書です。当事者が書き上げた魂の一冊、でもこれもまた全部鵜呑みには出来ないだろうと思いました。
    ただ小保方さんや亡くなられた笹井さんがいかに追い詰められていったかということは如実にわかるので読んでいて苦しくなりました。
    本当であるか嘘であるかと言う前に、言い分を聞いてさえももらえず四面楚歌に追い込まれてゆくというのはどれ程の断絶だろうと思います。ご本人も苦しいでしょうがご家族も同じようにバッシングを受けているような気持ちでしたでしょうね。

    前半は研究者としての始まりから具体的な研究内容がかなりのページを割いて記載されています。
    専門的で素人にはわからないことも多いですが、そうとうわかりやすいように書かれていると思います。
    文章が上手、というか文学的才能もお持ちのように感じました。

    そして後半、海外の研究室や雑誌とのやり取り、所属する組織の中の思惑、関わる人間の思惑…寂聴さんとの対談も読みましたが確かに男の嫉妬もあるだろうなと思いました。思いましたが男の嫉妬とまとめるにはあまりにも複雑な状況です。
    騒動があそこまでになってしまうと言い方は悪いですがやはり見せしめ的に処分を出さなければ納まらなくなってしまったのでしょうね。
    しかし早稲田大学の対処がここに書かれた通りだったなら、私は早稲田大学に不信感を持ちますね。やりすぎているように思います。

    一番悪いのはマスコミでしょう。読んでいて虫唾が走りました。本書を読まなくても報道を見ていればやり過ぎているのはわかります。

    日本ではもう難しいから海外に行けばいいのに…と思いますがバカンティ先生は引退されたのでしたっけ。
    何とか研究者として復活できる道を見つけていただきたいですね。

  •  メディアはこの本について良いようには報じていないが、それも当然。メディアバッシングが多々見られる。それをいいように報じるはずがない。
     いままで、理研側の一方的な報道ばかりだったので、ほかの側面から情報が得られたのは良かった。

    研究者は雇われの身だし、(特に日本では)叩かれた人の再雇用が難しい世の中。雇用する側もされる側も。しかも、研究者の発言する機会が与えられない。発現しても、言い訳だとぶった切るのみ。そんな中、研究者個人のみを叩くのは何とも卑劣な…。

    【起】第1-3章
     まずは、小保方氏は研究者以前に、学部生としての心構えが甘かったと感じた。ただ、周りの先生など、研究環境には恵まれていたようですし、素質はあったように思った。そのおかげで、博士号取得できた(取り消されちゃったけど)のだと思う。博士号取得は、本人の努力は当然だが、指導教員や研究分野、研究環境にも大きく左右される。そういう意味では恵まれた環境だったのでしょう。

    【承】第4-7章
     読む限り、ほぼ独力で博士論文を作成しているようだ。もっと指導教官や周りの人に指導を仰ぎながら、論文の書き方を勉強すれば、早稲田大学などの学位取り消しも難しくさせることができたのではないだろうか。小保方氏本人でも認めているミスもある。研究そのものだけではなく、学会発表や論文作成についても、学生のうちにたくさん勉強しておけば、良かったのにと思う。小保方氏の周りに先輩たちもいただろうに、先輩たちを見て考えてこなかったのだろうか。もったいない。

    【展】第8-11章
     山中さんも言っていたが、博士卒なんてまだ研究者の卵。そんな中、小保方氏に対し成功へのレール(実際は理研自身のためのだけど)が敷かれ始め、彼女自身も周りも戻れなくなってきた。
     自分も理研が隣接する大学院で理研で研究する学生を見ていたが、彼らは大人の組織の中で背伸びして、研究しているように感じた。それらを見てきて学生のうちぐらい、もっと純粋な気持ちで研究したほうがいいように感じた。研究発表や会話を聞いていて、見栄っ張りとまではいかないが、自信過剰なように感じた。そうでもしないと押しつぶされるような環境なのだろうと感じていた。組織が大きくなると、そうでもしないともたないのだろうか。
     そして、メディアの言わないというウソ。メディアはSTAP細胞はなかったことになってほしかったのだろうか。結局理研は収集を付ける事を目的に、対処してしまった。小保方氏も言っているが、科学は、監視しようがしまいが結果は嘘をつかない。監視カメラなんてナンセンス。メディアへの口実に過ぎない。

    【結】第12-15章
     ここでは、ドロドロの研究業界が垣間見られる。また、小保方氏は少なくとも純粋に探求心から研究していたことは伺えた。
     STAP細胞の研究は結局打ち切りになってしまった。小保方氏たちが発見した細胞がSTAP細胞じゃなかったとしても、研究を進めていけば、同じような細胞の発見に至る可能性はあったのではないだろうか。打ち切りに至らしめたメディアは国益を損なった。噂ではアメリカのバカンティ教授がSTAP細胞の研究を続けている。STAP細胞はiPS細胞同様、多能性(万能性は間違い)細胞である。それが日本で成功させた場合の事を考えたことはあったのだろうか。STAP細胞は完全にアメリカに取られたも当然。メディアが科学研究の足を引っ張ってしまった。

    科学の進歩にメディアなんかが、ブレーキをかけないでほしい。小保方氏を取り上げ始めたころから、本質を見失って、”リケジョ”だの”割烹着”が注目されていた。果たして、STAP細胞を理解していたものはどれくらいいたのだろうか。未だ”万能細胞”を使っている時点で、勉強不足だ。ES細胞、iPS細胞、STAP細胞すべてを”万能細胞”を称する。ES細胞が万能細胞だったら、iPSもSTAPもいらない。

  • 読み終わったけど、読んでしまったことを後悔しています。こんなにガンバったのにヒドイメにあったワタシってかわいそう、という内容でした。

全134件中 1 - 10件を表示

小保方晴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村田 沙耶香
百田尚樹
池井戸 潤
伊坂 幸太郎
村上 春樹
又吉 直樹
ピエール ルメー...
恩田 陸
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あの日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あの日の作品紹介

真実を歪めたのは誰だ? STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。

あの日のKindle版

ツイートする