絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)

  • 41人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
  • 講談社 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201261

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
ポール・フライシ...
キム・ファン
ヨシタケ シンス...
くすのき しげの...
中村 牧江
ヨシタケ シンス...
川端 誠
有効な右矢印 無効な右矢印

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の頃宇宙のはてを考えて
    はてのその先は、その先のはては?とドツボにハマってまさに眠れなくなった経験がある(笑)
    懐しい古代インド人が考えていたドラゴンや亀の上に地がのっているイラストも載っていたし
    楽しい絵本でした。

  • 絵本版『眠れなくなる宇宙のはなし』
    だれにでもねむれない夜があるものです。そんなときには宇宙のことを考えてみませんか・・・

    いやいや、眠れない時には眠りたいのでは?という疑問はさておき、

    夜になると星空が現れ、広い宇宙の存在を気づかされます。
    人間は大昔から宇宙を不思議に思い、観察してきました。古代に考えられてきた宇宙の姿。コペルニクスやガリレオが地動説を唱え、科学の力で宇宙をもっと知るようになる。
    宇宙の誕生、ビッグバン、最初の星の誕生から現代の宇宙の姿。

    時間的にも大きさ的にも、果てしのない話。今夜あなたも宇宙のことを考えてみませんか。

  • 眠れない夜、ふとこの宇宙はどうやってできたのかに思いを巡らせます。この宇宙の果てはどうなっているのか、この宇宙はどうやって生まれて、私達はどうして存在しているのか。そんな哲学的な思いに思考を巡らせます。
    宇宙観の歴史的な変遷を主軸に、これまでの人々がどのように宇宙や世界について考えてきたかを紹介する絵本。
    一応子ども向けですが、わかりやすい解説本として小学生から大人まで楽しめます。

  • 驚き!
    テンキューいったら「眠れなくなるほど面白い宇宙のはなし」が絵本になってました。
    いまの宇宙論の概要がわかりやすくコンパクトにまとめられていて、とてもよくできてます。
    ただ、何ヵ所か、これは知ってないとわかんないよなぁ、表現変えるだけでわかるようになるのに、というところがいくつかあったんで惜しいなぁと思ったけど、でも、あれだけのものをコンパクトにしようとしたらカンペキに磨くのは難しい。
    やっぱ、佐藤さんは上手です。
    なんで、小・中・高、買い!

    2016/12/22 更新

  • 絵本だけど、これを興味持って読む子どもって
    宇宙好きの子だけじゃないかな。
    私は、これを読んで宇宙に興味を持ち始めることできなかったわ。

    お勉強チックな本は、簡素な絵より
    写真とかリアルな絵のほうが子どもは興味もつ
    印象がある。

  • 宇宙の歴史本
    高学年以上向け
    興味がないと逆に眠たくなる…かも(^^;;
    はっきりとした色使いの絵で、わかりやすくまとまっているのがよい
    すこしでも、宇宙に興味を持つきっかけになるといいな

  • 簡単、気軽に読める

  • ★★★★★
    ねむれない夜にも。
    宇宙のことを思って、気持ちが大きく広がっていきそう。
    宇宙の歴史、宇宙の起源、天文学、科学、コペルニクス、ガリレオ、宇宙を知ることとは?

    星や宇宙の単元の前に導入にも。
    (まっきー)

  • [墨田区図書館]

    検索で間違えて絵本版でない方を登録しかけてしまったが、皆の感想を読むにつれて途中からおかしいぞと思って間違いに気付いた!絵本版のこちらの方はさほど難しくないし、みんなが言っているような、著者の宇宙創造時のビックバンに関する説明矛盾とか、最後の方は説明ではなく自分観点での語りになったりなどということは特に感じなかったし、なかったと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

佐藤勝彦の作品一覧

佐藤勝彦の作品ランキング・新刊情報

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)の作品紹介

2008年に宝島社から刊行されベストセラーになった『眠れなくなる宇宙のはなし』は、宇宙論の研究者としては世界的な第一人者、佐藤勝彦氏の著書です。
 やさしい語り口と魅力的なイラストとともに、宇宙のはじまりの深淵をのぞくという内容で、文庫版はいまでも入門書の定番として根強い支持があります。

 この本の大きなテーマである、「人間は宇宙をどのように捉えてきたか」を、人気イラストレーター、長崎訓子氏の大判のカラーイラストでダイナミックに見せる絵本です。
 古代エジプトの宇宙観から、今年測定されたばかりの重力波まで、小学生の読者でも大きな流れを概観することができます。

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)はこんな本です

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)のKindle版

ツイートする