アンマーとぼくら

  • 1850人登録
  • 3.69評価
    • (128)
    • (236)
    • (228)
    • (35)
    • (9)
  • 272レビュー
著者 : 有川浩
  • 講談社 (2016年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201544

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンマーとぼくらの感想・レビュー・書評

  • 休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と島内を観光する。
    一人目の「お母さん」はリョウが子供の頃に亡くなり、
    再婚した父も逝ってしまった。
    観光を続けるうち、リョウは何かがおかしい事に気が付く…。

    東京で働く32歳のリョウは、おかあさんのお休みに付き合って、
    おかあさんの希望だった、三日間の沖縄観光の為久し振りに帰省する。
    気が付くと那覇空港…気が付くと迎えに来たおかあさん…。
    不思議な違和感を感じる冒頭から物語が始まりました。
    北海道で産まれ育ったリョウは、小学4年生の時お母さんを病気で亡くした。
    お父さんは強引に北海道の家を売却し、沖縄のガイドさんをしている晴子さんと再婚。
    沖縄に移住した。
    実母が亡くなってまだ一年、晴子さんが嫌いな訳じゃない。
    でもまだ新しいおかあさんは欲しくなった。
    お義母さんをなかなか「おかあさん」と呼べなくて、子供子供のお父さんが許せなくて…。
    読んでる私も、余りにも子供じみたお父さんに前半イラッとしてましいました
    お父さんとの思い出を辿りながら、観光名所を巡っている時、
    何故か子供の頃のボクや晴子さんやお父さんと遭遇する…。
    何かがおかしい…。3日間鳴らない携帯…。現在の自分の事が全く思い出せない…。
    現在の自分の事が全く思い出せない…。もしかして…。

    父との思い出や過去と現在が交錯し、3人の歩んできた道が
    少しずつ少しずつ見えて来て切なかったです。
    3日目では、色んなシーンで知らず知らず涙が零れていました。
    家族愛・夫婦愛・友情・故郷…沢山のものが詰まっていた。
    哀しい涙ではなく、ほっこり温かい気持ちになれました。
    沖縄の自然の中にこそ神が宿る神聖な大地。
    沖縄だからこそ、起こった優しい優しい奇跡の3日間だったのですね。
    沖縄にとっても行きたくなりました。
    表紙の意味もタイトルの意味も読んでから改めてわかりました。
    親友の金ちゃんがとっても良かったなぁ。
    それと、日本三大がっかり名所。同感過ぎて笑えました~(*≧∪≦)笑

  • 待望と言って過言の無い、有川浩の最新作。
    純粋な小説としては、2014年にリリースされた「キャロリング」
    以来だから、どうしても期待値が高くなる。もちろん、僕もかな
    り期待して読んだ。

    舞台は沖縄で、32歳の青年が義理の母親と共に、亡き父の思い出
    の地・沖縄の各所を巡る話。沖縄ローカルの人たちしか知らない
    ようなとっておきの場所から首里城のような王道観光ポイントま
    でが多岐に渡って紹介されている。

    基本的に沖縄好きな僕ですらかなり反応出来る紀行文。おそらく
    コレは未だに彼の地を踏んでいない人たちにも有効であり、ちょ
    っとした指南書の役割を果たす筈。よし、沖縄へ行こう!という
    人は一読してみるといいかもしれない。

    ただね・・・。
    僕と同様の有川浩のファンの人たちへ問いたいことがある。
    ・・・これ、面白かった?

    帯には有川浩自信の言葉として「これは、現時点での最高傑作で
    す」とある。もし本人がそう思っているのであれば、それは彼女
    の過去の作品に対して凄く失礼な気がする。ロードムービー的な
    手法もあざとさが先に立つし、女史の同種の傑作である「旅猫リ
    ポート」のレベルには遠く及ばない。

    作家本人の言葉に反論するのは正直遺憾だが、これまで読んで来
    た有川浩作品の中では、最高にときめかなかった。レベルで言え
    ば、デビュー作の「塩の街」と同等くらい。ただし、アチラは
    有川浩の今の形が出来上がる前の作品だと考えると、僕にとって
    はこの作品がいちばん・・・。

    僕の読書スタイルが変わったのか、それとも有川浩が変わったの
    か?今後もこの状態が続くとは思わないし、思いたくも無い。
    ただ、今は正直コレを最高傑作だとコメントする有川浩の精神状
    態が、本当に心配だ。

  • 沖縄が舞台の家族愛の話。泣いた。読んでよかった。
    読了後に心があったかくなる小説を久しぶりに読んだ。

  • 北海道で暮らしていたリョウは、「お母さん」を小学校の際に亡くし、父親が沖縄在住の女性と結婚したため沖縄に移住する。新しい「おかあさん」と共に暮らすが、父親も事故で亡くなってしまう。大人になったリョウは、「おかあさん」に会いに、3日間の里帰りをするが・・・
    よき人に恵まれた、大人になりきれない父親に羨ましさを感じてしまう。観光の話を読んでいると、景色が勝手に浮かび、一度行ってみてくなる。ところどころにほんわかするシーンや泣けてくるところも。友人の金ちゃんはよかった。余談だが、日本三大がっかりは初めて聞いた。行ったことあるのは札幌のみだが、なるほどと。

  • 気がつけば、『実家』のある沖縄の空港にいた。
    目の前には、迎えにきてくれた『母親』が。

    冒頭の文と、始まる本文。
    違和感に首を傾げたわけですが、理由はすぐに判明。
    彼と義母の3日間は、今と昔が混合する不思議な時間。
    過去は今の自分であったり、過去が今であったり。

    神様のあり方、が違う沖縄。
    だからこそなのか、だからなのか。
    そうして不思議割合になれた頃、さらに見えてくる不思議。
    そして…の最後。
    何故主人公の『今』が思い出せなかったのか、の
    種明かしが始まります。

    義母から聞かされる父。
    自分の憶えている父。
    思い出の中の自分は、やり直しはきかない、という。
    塗り替える事はできるけれど、過去は過去。
    悔むな、と言われてる気がします。

  • かりゆし58の「アンマー」に着想を得て書かれた有川浩最新刊。
    「おかあさんに三日間付き合う」ために沖縄に帰ってきたリョウ。地元ガイドの仕事をしていた母と久しぶりの再会、恋人同士のデートのような名所巡り。

    実の母親は小学四年の時に亡くなった。カメラマンの父親は見舞いもほとんど来ず、「お父さんは子供なだけだから許してあげて」と母親が言い残した瞬間も不在だった。
    時を置かず沖縄で出会った女性と再婚、北海道から引っ越すことになりリョウの心は曇ったまま。
    新しい母親・晴子を「おかあさん」と呼ぶまで…「死んだ母親のことは早く忘れろ」と言い続ける父親…過去と現在を繫げてくれる沖縄でリョウが過ごす三日間の物語。

    とにかく装丁が綺麗。カバーはずしても綺麗。
    読み終えた後、沖縄を巡って澄んだ空気をたくさん浴びた気になれる。

    過去は変えられない。
    今「何かをやれる」君がいるじゃないか。
    今の君が言えばいいじゃないか。

    と、そっと押し上げてもらえたような気がしました。

  • 沖縄を舞台とした家族がテーマの少し不思議で心が暖かくなる物語。後半はしっかり号泣しました。有川さんはいつも旅したくなるくらい舞台となった土地を描くのが本当に上手い。

  • 過去を振り返る3日
    その3日間が夢か現実なのか?
    とっても興味深い設定と
    リョウとおかあさんの関係にほっこりしつつ
    読みました
    父を通しての2人の愛情に感動しました

  • 予約してから結構時間が経って手元に来た。
    有川氏の本は必ず読んでるな。

    ほんで、また、泣いたわ・・・。

    アカン後半ボロボロ泣いた。三日目ね・・・。
    「旅猫リポート」も後半大概泣いたけどさ・・・。「旅猫」で泣いた人はこの本でも泣くやろうね・・・。

    (たぶん)

    正直、途中までは
    「沖縄ガイド誌か!」
    ちゅうくらい、沖縄のことを事細かに書いてあって、結構ダラダラと読んだ。

    ちゅうか、沖縄へ行ったことがない私としては
    「ふーん・・・」
    を、通り越して、ちょっとこの本は好み外やったかなとまで思い始めてきた矢先の、過去との交錯・・・。

    「ん!?」
    と、一瞬で前かがみに。

    これは、あれか。去年散々読んだタイムトリップものか。
    住野よる氏の「同じ夢を見ていた」に近しいものがあるのか。

    と、思い始めてからは、カラクリが気になってきて、ますます
    「沖縄ガイドはちょっともうエエから!」
    と、なった(笑)。

    いやいや、沖縄には行ってみたいけれども!


    ほんでここからズバンとネタバレやけれども、





    リョウちゃんが亡くなったのかと思ったよね!?

    まさか、おかあさんやったとはなあ。

    けれどおかあさんの死は病気や事故ではなく、老衰に近いのかな。
    そこがまだ救いがあった。
    だけど救いがあっただけに、ズシンときたんだよね。

    リョウにとってはもう取り返しがつかないことであることには、変わりないんやし。


    著者はほんまに、家族を大切に書かはると思う。
    どうしてここまで、「いい人」ばかりが登場するのか、って思うけど、それがいい。
    それが、いいわ。

    「いい人」であって、決して「間違えない人」ではない。
    間違えたこともひっくるめて、包めるような存在ばっかり書かはるねん。


    ああ、こういうことが起こったときにそう言うんや。そういう対応しはるんやって、目から鱗。
    私もこんなふうになってみたいなあ、って思う・・・。

    こんなふうに誰かを包むことができたら、私もこんな広さで誰かに包まれているのだと思う。
    おかあさんがまさにそう。
    カツさんやリョウちゃんを包んでいるようで、おかあさん自身も二人に包まれていたんやもんね・・・。

    与えることによって得られる愛情というのかな。
    なかなか、そんな余裕はないし、つい
    「自分が、自分が」
    と、自分ばっかりになってしまうけれど、またそれをよしとせんとこうと思うあまりに過剰に相手に合わせようとして失敗してしまったりするんやけど、著者が書く世界観のように、間違ってもいいから自分の形で誰かを包んで、愛していけたらなあ。

    人を好きになるという気持ちを、こんなふうに伝えることができたら、自分も、周りも幸せになるんじゃないかなって思います。


    くどすぎるけれど、「大人の公式喧嘩」真っ最中の現在、「子ども対子どもの喧嘩は揚げ足を取ったもの勝ち」ちゅうのに、
    「なるほど!」
    と、思った。

    「大人の公式喧嘩」ちゅうか、ほんまに「子ども対子どもの喧嘩」を、この年齢になってやって、しんどい目を見てるわけやから、そうか~、理屈をいうた方が負けやったのか、揚げ足か・・・確かにな・・・、と、思った(笑)。


    前の夫を否定しないことで、(その夫と結婚した)晴子を否定しなかった、と、いうのも、ああそうなのか、と、思った。

    否定されることに異常なほどナーバスなときってある。
    あるねん、これが。

    私自身、似たような話をしたときに、私を否定するでもなく、もちろん当時の夫を否定するでもなく、淡々と会話をしてくれた人がいた。
    その人に救われたなあって、今でも思ってる。

    ほんで、や... 続きを読む

  • さすがの有川さん。
    どうーしてこんなに引き込まれるかなあ。読者の心をわしづかみするコツでもあるのか…。その時なにもかもが失念して、本の中に入るみたいな読み方に、有川さんの本にはさせられる。
    し、しかも沖縄ガイドブックとしても優秀という。
    有川浩…恐ろしい子!

  • 有川シリーズ

    里帰りの3日間、過去の自分と出会い、過去を知り、過去を変え、今を生きる、時間軸が交差した作品。
    家族関係が複雑で、思春期の男の子の感情を描き、とても人間らしく、有川さんらしい、と思った。
    垣間見える作者の独り言のようなフレーズや、驚くような表現を使うあたり、流石です。

  • 沖縄の良さを余すところなくこれでもかと言わんばかりにぶっ込んでくるのがとても心地良かった。訪れたことがないけれど風景が情景が行間から自然と浮かんできた。

    様々な伏線で深読みしてしまったけれど結局は良い意味で裏切られた。そうきたかと。

    暖かな人と人との温もりがじんわりと響いてきて
    優しい気持ちになった。
    甘々の恋愛要素はなくても
    こんなにほっこりとできるストーリーを紡ぎ出す有川浩さん。また好きな本が増えました。

  • 私の心のスイッチをONにされて、電車の中で読みながら号泣するというちょっと恥ずかしい状況に陥ってしまいました。
    家族にはそれぞれの形があるんだけど、その表現方法が違ったりして、それを分かる時が来るといいですね。

  • 図書館の予約が結構いっぱいでやっと順番がきた。
    安定の有川浩である。
    3行読めば取りこまれてしまうのは相変わらずだ。
    非常に読みやすいし面白いしいい話だなあと思う。
    が、今回はちょっとスッキリしないかなあ。
    ホント非常に面白かったし泣けるところは泣けるしホントいい作品だと思うんだけどね。
    なんとなくスッキリしない。
    ものすごく盛り上がるところもない。
    なんというか平坦な感じである。
    まあそれも悪くないんだけどね。
    なんかちょっと期待とは違ったかなあ。
    でも面白かったのですぐ読み終わっちゃったのは事実です

  • 大好きなお母さんが病気で亡くなって辛い日々を送っていた少年リョウ。お母さんが亡くなってわずか一年で、カメラマンの父は住んでいた札幌を離れて沖縄に住む女性と結婚したいと言い出した。小学生に拒否できる訳もなく、父について沖縄に引っ越した。

    最初は新しいおかあさんに反発ばかりしていたが、心優しいおかあさんに段々心を開いていく。中学生の時、事故で父も亡くしてしまうが、良い友達にも恵まれ真っ直ぐに育つ。でも、まだ若くて綺麗なおかあさんを縛るのが嫌で一人東京に出て行ってしまう。

    そんなリョウがひさしぶりに里帰りして、おかあさんと一緒に子供っぽかった父との思い出をたどる三日間の旅に出た。

    現在と過去、夢と現実が交互に出てきて「この話は本当のことなのか?真実は何か?」と考えながら読みすすめていくうちに真相が明らかになる。

    わがままで子供のような父親にどれだけ愛されていたのかに気付くリョウ。沖縄の神様が見せてくれてた美しい景色に涙。

  • 最後のほうポロポロ泣きながら読みました。

  • やっと読めた~~~!!!!
    有川さんが今書ける最高傑作って言ってた作品。
    いつもの恋愛とかは全くないけど、心が温かく感動する話だった。

  • 過去と現在、現実と夢、北海道と沖縄もかな
    何だか織り混ざって、どこからがそうなのかがはっきりしない。
    これも一つのテクニックなのかな。

  • 母親を亡くして1年しかたっていないのに、自分勝手に再婚した父親に連れられて、10歳のリョウは北海道から沖縄に引っ越した。
    そんなに早く、新しい母親を受け入れられるはずもなく、リョウは父親に反発したが、彼女はとてもいい人だった。

    物語は、リョウが大人になって、おかあさんと3日間の休日を沖縄ですごすところから始まる。
    幼い頃の思い出と並行して巡る沖縄で、リョウは父親の思いを知る。

  • こんな父親は嫌だなあ。
    で、こんな男を好きになる女ってどれだけ母性本能のカタマリなのか。
    冒頭からラストのドンデンはむしろ予感されてしまっている感もあるけれど、物語としては読み心地はよい。沖縄観光情報的な楽しさもある。

  • 夢か現か、彼岸か此岸か。どうあれ結末はゆるぎなく、問題は死者と生者、どちらが「ぼく」でどちらが「おかあさん」なのか。そればかりが気になりながら読み進める。異界に迷い込んだワキ方が御霊となったシテ方と出会う、現代の能だ。子どもというより出鱈目が過ぎる「お父さん」によって、回想するぼくらの人生はかなり乱暴に引きずられる。あの人はどうおぎなっても、最後までただの甘ったれのでき損ないおやじにしか思えなかった。「お母さん」も「おかあさん」も、そこまで心を寄せる相手ではないでしょと言いたいけど、大きなお世話なんだわね。う〜ん、素敵な伴侶たちに免じて無理やりほっこり感を抱いたかな。

  • 有川ワールド全開。
    ちょっとクサイ感じのセリフも満載だけど、ありがとうや好きの気持ちを相手に伝えられる彼らが羨ましくもあり。
    てっきり「リョウちゃん」が死んじゃったのかと思ったら、おかあさんだったのね。
    沖縄の風景も目に浮かぶようでした。

  • 久しぶりの有川浩作品。

    北海道に住む天真爛漫なカメラマンの父親とその小学生の息子は、最愛の妻(母親)を亡くした。
    父親はその後、撮影先の沖縄でガイドをする美人と再婚して息子と沖縄に移り住むが、息子が中学生のとき父が亡くなる。

    その後、息子は東京に出て30代になり、久しぶりに沖縄に戻り、その継母と沖縄のあちこちを昔を思いながら訪ね巡った、、、という話だったのだが、最後にそんなことだったとは。沖縄という土地が見させた3日間のファンタジーだった。

    子供みたいな性格の父親と、どちらも出来過ぎな二人の母親は、ちょっとあり得ない設定だと思うし、最後の展開はかなりぶっ飛ぶが(伏線はあった)、有川ラノベらしくて良い。

  • とにかく泣ける
    沖縄に行った事ないけど、沖縄に癒された気がした
    「育て」とか「産み」とか関係なく、家族って「なっていく」ものなんだと感じた。

  • 自分にとっての沖縄は、その歴史も、信仰も、遠い世界。そこに生きるひとも、接点がありません。だから、そのあたりはのめりこめませんでした。このお父さんが「子どものよう」だから、何もかも許されるのか。そこは男と女の関係だから、息子にはわからない、ということでしょうか。読者としても、息子の一人称で書かれているので、「子ども」の一言でで片付けられてしまうのはいまひとつ納得いかない部分が多かったですが。
    誰でも、あのときこうしておけば、という人生の悔いはあると思います。でも、どうすることもできない。それを、小説でドラマティックに実現してくれるのが有川さん。
    ドラえもんのポケットから出てきたような小説。

    なんだかんだ文句はあるけど、それでも「猫旅」についで、また有川浩に泣かされてしまいましたよ・・・。

全272件中 1 - 25件を表示

アンマーとぼくらを本棚に登録しているひと

アンマーとぼくらを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アンマーとぼくらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンマーとぼくらを本棚に「積読」で登録しているひと

アンマーとぼくらの作品紹介

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。

ツイートする