野良猫を尊敬した日

  • 254人登録
  • 3.63評価
    • (14)
    • (23)
    • (29)
    • (1)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 穂村弘
  • 講談社 (2017年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062203951

野良猫を尊敬した日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつも共感する話が凄く多い穂村さんのエッセイ!今回も「わかるわ~(^.^)」の連続♪年代も住んでいる所も全然違うのに、なんでだろう~?(^^;)

  • 北海道新聞に掲載されたエッセイを中心にまとめた1冊。

    家にインターネットを引くのがめんどうで、原稿を送るために毎日のように近所のネットカフェに通っていた、というエピソードに苦笑。
    その後の便利さはわかってる。
    わかってるけど、目先の手続きのめんどくささに勝てない。ああ、私とおんなじだ…。

    日常生活の中でたびたび感じる「あちゃー、こんなはずじゃなかったのに…」と思う瞬間を言葉にしてくれるのが親近感を感じる理由なのだと思います。
    新聞というメディアを意識してか、ほむらさんにしては落ち着いた内容かも。
    けらけら笑うよりも、我が身を振り返らせてくれる文章が多かった気がします。

  • いつもの作品よりもなんとなく元気がなくて卑屈さが増したような…?気のせいかな。

  • 北海道新聞などのエッセイをまとめたもの。
    安定の品質。
    同じようでありながらバリエーションのある話を、
    毎回おもしろいなと読ませるのだからすごい。
    子供のころから今の今までこのままで、
    それに丁寧で客観的に自分をみつめる文章力があってこそ。
    タイトルは、選ぶとしたらこれになってしまうのかなあ。

  • いつも通り。

  •  風邪をひいた。3年ぶりくらいの風邪だ。熱が38度を超えた。やらなくちゃいけない仕事もできない、小難しい本も読めない、でも時間を無駄にしたくない、そんなときに辛うじて読めたのがこの本。タイトルの意味を知れば、この本を手に取ったタイミングが必然のようにも思えてくる。わたしにとっても、今日は野良猫を尊敬した日。

  • 相変わらず生きるのが下手くそな、穂村弘さんのエッセイ。
    独自の思考と視線で物事を捉えており、それがときには面白く、ときには何かにハッと気づかされる。ずば抜けて心を掴むものはなかったけれど、安定の穂村さんらしさ。

  • 熱の時に読んで、野良猫を尊敬しました

  • +++
    現代を代表する人気歌人であり、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍する著者による最新エッセイ集。無邪気になれなかった子供時代、何もなかった青春、そして大人になっても未だ世界とうまく折り合えない日常をユーモアを込めて描く、魅力のエッセイ62篇
    +++

    相変わらず自意識過剰で、世間とほんの少しずれていて、変わる気があるんだかないんだか、変えたいんだかそのままでいたいんだかさっぱりわからない穂村さんぶりにおかしみがにじみ出ている。今作は、いままで以上に共感する部分が多くて、うれしいのか情けないのか、思わず苦笑が浮かんでしまう。読者としては、意気込むことなく穂村路線をゆるゆる歩んでいただきたいと願う一冊でもある。

  • つるんとした感覚。
    先延ばしにする感覚。
    「ふるふる」のようなもの
    「いつもの世界」の向こう側
    プレッシャーによる論理の暴走
    それぞれの世界の限界

    おそろしく、うつくしく、いたい世界の話

全41件中 1 - 10件を表示

野良猫を尊敬した日のその他の作品

野良猫を尊敬した日 Kindle版 野良猫を尊敬した日 穂村弘

穂村弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

野良猫を尊敬した日を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野良猫を尊敬した日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野良猫を尊敬した日を本棚に「積読」で登録しているひと

野良猫を尊敬した日の作品紹介

現代を代表する人気歌人であり、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍する著者による最新エッセイ集。無邪気になれなかった子供時代、何もなかった青春、そして大人になっても未だ世界とうまく折り合えない日常をユーモアを込めて描く、魅力のエッセイ62篇

ツイートする