優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪

  • 63人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (5)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 輪渡颯介
  • 講談社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062205689

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつのまにか出てました新シリーズ。
    3冊目、なのですかね。最初に手に取ってしまいましたが、特に問題はありません。
    ただ、ちょっと登場人物に思い入れが薄いせいか、淡白な印象があります。あとはなんか悪童どもがおんなじ感じに見えるとか…
    この辺りは、ちゃんと1巻から読んでいたら違ったのもしれません。

    幽霊話。
    一番怖いのは生きている人という。幽霊も色々考えてるんだなぁという、妙な感慨を抱きました。
    死んでまで色々思い煩いたくはないものです。

  • キャラも個性的で読みやすいです。

    作者の浪人左門シリーズが好きな人なら、最後の蓮十郎のシーンが一番好きだと思います。終ってしまった皆塵堂のいいところも引き継いでます。江戸時代は、店から下手人が出たら、とり潰しなのですね。勉強になります。

    お紺ちゃんが苦手なのですが、なんとなくお多恵ちゃんが生きてたら、こういう感じになってたんじゃないかなと思います。

  • 溝猫長屋シリーズの第二弾。
    いつもながらの軽快な読み口が魅力の作者さんではありますが、今回は基本的に子供が話のメインなんですよね。前の「皆塵堂」シリーズみたいな「いい大人がみんなでバカやってる」ようなとぼけた味わいがあんまりなくてちょっと寂しいです。こっちの大人は概ね(見かけ上は)ちゃんとしてる人がほとんどですし。子供はバカやっててもそもそもそういう生き物だから。
    そういう意味では溝猫長屋シリーズ第一作とそんなに変わったことはない・・というか怪異がはじまるシステムがすでにわかってる分、第二作めにしてすでに軽いマンネリ感が。

  • 溝猫長屋シリーズ第二弾。

    今回も少年達4人が、幽霊を“見たり”“聞いたり”“嗅いだり”もしくは、“まとめて引き受け”たりしつつ、事件に巻き込まれていきます。
    前作同様、気楽に楽しんで読めるのが良いですね。
    何気に、一番怖いのが古宮蓮十郎先生だったりするのが・・(笑)

  • 面白いです。
    どれだけ続くかな…

  • シリーズ2作目。今作も、忠次たち4人の子どもたちが、幽霊を「見る、聞く、嗅ぐ」し、事件に関わることに・・・。面白くないわけじゃないんだけど、皆塵堂に比べると・・・って感じだなぁ。蓮十郎のS度半端ないお仕置き場面が一番の楽しみだわ。

  • またまた少年たちの大活躍
    でも終わりがなんだかスッキリしないのはしょうがない?
    感じのいい?幽霊でした

  • 「古道具屋 皆塵堂(かいじんどう)」シリーズの著者最新作!

    十二歳の忠次(ちゅうじ)たち四人は、
    長屋の祠(ほこら)をお参りしてから「幽霊が分かる」ように。
    空き家となったお店で、彼らがかくれんぼをしていると
    幽霊が「おとじろう」と告げる。
    するとその店の娘と縁談のあった乙次郎が行方不明に。
    幽霊の正体は? 告げた名にどんな意味が?

    子供たちの好奇心旺盛な行動にハラハラしつつ、
    大人たちが陰で助ける姿にホッとさせられた(40代・男性)

    怖い話が好きな人も嫌いな人も、
    そして猫好きも楽しめる物語。(40代・女性

  • 皆塵堂大好きっこな私ですので、
    やっぱりこれを読んでも皆塵堂の方が面白いな!と
    おもってしまいますが、それでも比べても
    比べなくても面白い!

  • 十二歳の忠次たち四人は、長屋の祠をお参りしてから「幽霊が分かる」ように。空き家となったお店で、彼らがかくれんぼをしていると幽霊が「おとじろう」と告げる。するとその店の娘と縁談のあった乙次郎が行方不明に。幽霊の正体は?告げた名にどんな意味が?

全16件中 1 - 10件を表示

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪を本棚に「積読」で登録しているひと

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪の作品紹介

幽霊が囁く名前にどんな謎が?

少年四人の幽霊事件簿。
ちょっと怖いけど、ほのぼの読める不思議で楽しい一冊!(30代・女性)

「古道具屋 皆塵堂(かいじんどう)」シリーズの著者最新作!

十二歳の忠次(ちゅうじ)たち四人は、
長屋の祠(ほこら)をお参りしてから「幽霊が分かる」ように。
空き家となったお店で、彼らがかくれんぼをしていると
幽霊が「おとじろう」と告げる。
するとその店の娘と縁談のあった乙次郎が行方不明に。
幽霊の正体は? 告げた名にどんな意味が?

子供たちの好奇心旺盛な行動にハラハラしつつ、
大人たちが陰で助ける姿にホッとさせられた(40代・男性)

怖い話が好きな人も嫌いな人も、
そして猫好きも楽しめる物語。(40代・女性)

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪のKindle版

ツイートする