監督の問題

  • 51人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (15)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 本城雅人
  • 講談社 (2017年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206648

監督の問題の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元スラッガーの宇恵康彦は、引退してすぐに連続最下位の弱小球団の監督に就任。結果が出ないとすぐにクビを切るオーナー、チーム方針に従わないベテラン、年上の実績のある投手コーチ。様々なトラブルを抱えながらも、シーズンを戦い続ける。
    ユーモラスに描かれており、中にはあの人?と推測できる人も登場する。プロ野球が舞台ではあるが、野球に詳しくない人でも人情モノとしても楽しめる作品。

  • 新潟アイビスというチーム名から
    独立リーグの話だと思ってた。

    1軍半の選手が独立リーグに行き
    そこで見たもので再生していく話。

    本当は2000本安打まで後一本で引退した
    40代前半の新人監督が悪戦苦闘する話。

    奥さんが要所要所を締めてて
    ツンデレとみせかけて………
    支えてもらうには自分から懐に飛び込まないとダメだよなーと。

  • 面白かった。もっと読んでいたかったという感想。筋の上では確かに必要なのかもしらんけど、恋愛話より野球の話を読みたかった。

  • すんなりと読めた。
    スポーツチームの課題がしっかりと描かれながら、読み物として面白かった。
    ただスポーツの醍醐味までは踏み入れていないが、目的は監督の心情なのでそれはそれで良いかと。

  • プロ野球を引退したスラッガーが弱小球団の監督に就任。愛すべき人柄で悩み迷いながらチームとともに成長していく姿を描いたストーリーには素直に共感。初読みの作家さんで、偶然図書館の書棚で見かけ題名に惹かれて手に取った本だが、肩の力を抜いて楽しめる良作。

  • 読みやすかった。監督は色々と苦労するなー。あまり野球のドキドキ感がわからなかったけど。

  • まあ面白かった。

  • <内容紹介より>
    豚もおだてりゃなんとやら、始めてみました監督稼業!
    プロ野球を引退したばかりの元スラッガー、宇恵康彦、彼が監督に就任したのは三年連続最下位の「新潟アイビス」だった。上を見れば、すぐに監督をクビにする若きオーナー。下を見れば、キャンプ中に若手を引き連れ朝帰りするベテラン投手。仲間であるはずのコーチたちにも諍いが………。問題だらけの球団にルーキー監督が挑む!

    ーーーー
    著者が、元スポーツ紙記者だからか、球団フロントと監督やコーチ陣、選手の間の関係性は上手く描かれているように感じました。
    野球の試合の場面やその後の首脳陣の喜怒哀楽なども読んでいて「リアリティ」を感じられました。中でも、ルーキー監督が、自分より年上で経験豊富なベテランコーチとの接し方に迷ったり、若手の選手とのコミュニケーションに尻込みしたりと、「指導者」としての葛藤には共感できるところがありました。

    ストーリー展開は王道モノです。
    弱小チームが少しずつ一丸となってゆきます。
    果たして、Aクラスに届くのか!?
    CSに出なければ1年で監督クビ!?
    どうなる、アイビス!

  • リアリティがあるところは半端じゃない。ただ、90%以上は現場のリアリティなんて無視している。そういう意味では「元スポーツ紙記者だから書ける」という帯のキャッチには笑うしかないけど、エンターテイメントなんだし、これくらいやってもいいと思わせるものがある。
    男社会の野球界(特に現場)をモチーフにした小説に女性を登場させるのは難しい。その役職は記者かGM補佐(GMではなくGM補佐)か広報とだいたい相場が決まっていて、本城小説でいえば『球界消滅』と同様、本作でも女性広報が重大なキーパーソンの一人として登場する。感情移入は難しくても、ある部分では羨望の思いさえ持ったりもした。
    主役(本作でいえば監督)を活かす脇役こそが主役である。そんなところに共感を呼び起こさせるのが、本城野球小説の真髄なのではないかと。

  • 中途半端にリアルな感じが面白いですね。
    小説ならもっと奇想天外でもいい気がします。
    漫画のグラゼニを思い出しました。
    お金の話は出てないですけどね。

全16件中 1 - 10件を表示

監督の問題のその他の作品

監督の問題 Kindle版 監督の問題 本城雅人

本城雅人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
楡 周平
本城 雅人
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
本城 雅人
東野 圭吾
相場英雄
堂場 瞬一
本城 雅人
奥田 英朗
長岡 弘樹
三浦 しをん
本城 雅人
堂場 瞬一
池井戸 潤
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
池井戸 潤
本城 雅人
有効な右矢印 無効な右矢印

監督の問題を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

監督の問題を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

監督の問題を本棚に「積読」で登録しているひと

監督の問題の作品紹介

吉川英治新人文学賞受賞後第一作。プロ野球を引退したばかりの元スラッガー、宇恵康彦。彼が就任したのは連続最下位の新興チーム「新潟アイビス」の監督だった。上を見れば、短気ですぐに監督をクビにする若きオーナー。下を見れば、キャンプ中に若手を引き連れ朝帰りするベテラン投手。仲間であるはずのコーチたちにも諍いが……問題だらけの球団にルーキー監督が挑む!

ツイートする