月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 5131人登録
  • 4.02評価
    • (1202)
    • (502)
    • (1110)
    • (10)
    • (2)
  • 352レビュー
  • 講談社 (1992年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062550727

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
小野 不由美
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • はぁ~。超・面白かった!
    上質なファンタジーです。
    分からなかったパズルのピースがカチ、カチっと
    ハマって、十二国記の世界が広がっていきました。

    上巻はつらい境遇と、あまりにも理不尽な戦いが続いて
    重々しかったけど、下巻に突入し上巻の謎が一つ一つ判明する
    たびに、十二国記の世界に引き込まれていきました。

    一番びっくりしたのが「胎果」と「麒麟」と「失道」でした。
    すんごい世界観と深い設定に感動してしまいました。

    謎だった陽子の出生の秘密が分かり
    陽子の半身「景麒」がやっと出会えた時の爽快感と感動は
    忘れることができないです!

    本当にいいとこで終わるので、続きが気になって眠れない!
    速攻で続きを借りに行かねばなりませね。

    山田さんの挿絵が素晴らしく、挿絵のページが楽しみで
    たまりませんでした。
    あとアニメがもうれつに見たいです!
    「麒麟萌え」になりそうです♪

  • 「私を、異界へ喚んだのは、誰?」海に映る美しい月影をぬけ、ここへ連れてこられた陽子に、妖魔は容赦なく襲いかかり、人もまた、陽子を裏切る。試練に身も心も傷つく陽子を救ったのは、信じることを教えてくれた「ただひとり」の友―楽俊。ひとりぼっちの旅は、ふたりになった。しかし、“なぜ、陽子が異界へ喚ばれたのか?なぜ、命を狙われるのか?”その真相が明かされたとき、陽子は、とてつもない決断を迫られる。
    「BOOK」データベース

    設定はファンタジーだが、人の心の問題を扱うカウンセリング小説にも読める.
    自分の行動・心をコントロールするのは、自分.一つの物事をどう見るのかは自分の考え次第なのだ、ということを主人公の陽子が直面する出来事とそれに対する陽子の心の声を通して教えてくれる.
    親に、友だちに合わせるのは、本心からそれがいいと思っているということではなくて、その方が楽だから、結局は怠惰なのだ、という陽子が悟った心境に共感.

  • 上巻に続いて【勝手に再読祭り】
    苦悩の上巻とは一変して救われる下巻です。

    上巻にて人を信じられなくなった陽子だが、楽俊に出会って"陽子自身が人を信じることと、人が陽子を裏切ることは何の関係もない"ということに気づかされます。
    とことん追いつめられると人はこうも醜くなるのかと思いましたが、陽子にとってはそれが必要なことだったのでしょうね。苦悩を知っているのと知らないのとでは全然違います。上巻あってこその陽子なのでしょう。

    成長ってなんだろう、と考えさせられるとても良いお話でした。
    最後はすこし飛ばしすぎな気もしますが、アニメではもうすこし掘り下げられているようなので本書と合わせて観るとより深くわかるのではないでしょうか。
    結論から言いますと、楽俊素敵、ですね。異論は認めます。

  • 上巻を旅先で再読したので、下巻読みたい病が大変でした(笑)

    のけから楽俊登場。
    その彼を形容する言葉のひとつひとつや、動作の表現などにもう癒されまくりました!
    自分の頭の中で勝手に可愛くしているだけだろうなと思っていたのに、公式がそうでした…さすが主上は萌えを何だか分かってらっしゃる…とかいう不埒な感想を抱きました(笑)
    もう楽俊を見ているだけで、溶けそうなほど癒されます…。

    楽俊と陽子の関係がすごく好き。
    この二人はずっとこうしてこのまま、生涯の友であって欲しいなぁ(赤毛のアンか!?)

    にしても、下巻の陽子の自分との対峙で導き出した答えとか、決意とか、心の変遷とかが、すごく納得できる流れで、うまさにうーんと唸りました。
    最後の景麒奪還は、ちょっと急ぎ足っぽい印象を受けたのがちと残念。

  • (上巻のレビューからの続き)

    超良かったー面白かったー。
    〈上〉でイライラさせられ続けた分だけ、〈下〉でより深く納得できた感じ。

    異界に来たのに何でかわかんないけど言葉が解っちゃうっていう違和感を表すためのカタカナ表記だったってことに脱帽。
    特に「ジョウユウ」に字を訊く件。音だけでなく表記文字をも知ることで、やっと相手をちゃんと知ることが出来たと思えるっていう。漢字の国の人ならでは感覚だろうけど、言われて初めてそうだな~と思いました。

    主人公の弱さも然り。

    自分専用の宝剣もらって、勝手に上手に戦ってくれるシモベまで憑依させてもらって、そこまでお膳立てされてどうして「戦いたくない」になんの?
    他人の顔色ばかり窺っていた向こうでの暮らしは間違いで、あなた本当はこっちの国の女王様なんですよって願ったり適ったりの状況で、なんでスパッと「やります!」って言えないの?

    そもそも私がそんな風に思ってしまうのは、他の多くの物語がそのように展開してゆくものだから。
    平凡な女子高生の元に突然現れる金髪美青年。彼に誘われて異界へ。
    平凡なんてとんでもない。あなたはオンリーワンでプライスレスな女王陛下。
    まさに王道ファンタジーなのに、陽子は遠回りばかりをする。

    でも実際、人間が成長する過程っていうのは迂遠なものなのかもしらんね。
    ある時突然「チャラララッチャッチャッチャー」とファンファーレが鳴り響いてレベルが上がった!かしこさが2上がった!すばやさが1上がった!……とはいかないですもんね。
    悩みまくって迷いまくって泣き叫びながら3歩進んで2歩下がるのが成長。
    陽子も随分、悩みまくって迷いまくって泣き叫んでたなあ……。

    期せずしてそんなことまで考えさせられた『月の影 影の海』。
    世界観は大体わかった。この勢いで次も読みます。

  • 改めて読み返して、改めて大好きを感じます。
    夜遅いしさらっと読み返そうと思ったのにがっつり入り込んでしまいました。

    楽俊が大変いいやつで、ぜひともお知り合いになりたいです。
    陽子は自分の愚かさや情けなさ、そんなものと闘って少しずつ強く、王として目覚めていく。誰しも自分のマイナス部分なんて認めたくないけれど、それを受け入れる強さが陽子にあるのは確か。
    十二国記はただファンタジーなだけじゃなく、理不尽さも描かれているから余計に惹かれるのかなと思います。

  • 驚きの展開でした。
    まさに、シリーズ序章らしく
    一気に十二国記の世界観が広がります。

    個人的に好きな場面は
    陽子が蒼猿と向き合って、弱い自分に打ち勝つところ。
    陽子、かっこいい。

    ※十二国記はアニメもとても魅力的です。
    心理描写も丁寧で、上記のシーンはアニメを見て好きになりました。

  • ああ、今回は上巻で投げ出さなくてよかった……あの「これでもか」と積み上げられた重苦しさがあってこそ、下巻の陽子があるのだと、時々涙ぐみながら読み終えた。しかし後半の楽俊の挿絵……なんであのネズミがああなる(笑)。でもネズミの姿のほうが好みだ(笑)。
    クライマックスになると思われた救出がさくっと書かれて終わったことに不満たらたらなので、評価は星4つとしたが、これからまた1冊ずつじっくり読んでいきたい。

  • 上巻でこれでもかというくらいにひどい目にあっていたのが、一人の半獣と出会ったことで、陽子に変化が起こり始める。
    気を持ち直し、前向きになっていく様が、少々急な気もするけれど、上巻の鬱々とした部分と照らし合わせて、陽子が成長していくのに必要な経験だったのだと思う。
    それがなかったら陽子は景麒を奪還すらしなかっただろうし、当然王にもならない。仕方なく王位についたところで、きっと先の予王のようなどうしようもない数年にしかならなかったのではないかと思う。
    今後陽子がどんな王になるのかはわからないけれど、この経験はずっと彼女の根本として必要なものだったと思えるのだろう。

    延王に会ってからの陽子は男前になっていくのだけれど、景麒との再会のシーンが少しあっさりしすぎていると思う。アニメになったときは、そこをうまくカバーしてかっこいい陽子が見られた。

  • もうね、楽俊がいいヤツ過ぎてね、それだけで感動ですよ。

    あー、もう自分でもどうまとめていいのか分からないけど、とにかく前作悲惨すぎた陽子がすっかり人間不信になっちゃって、行き倒れていたところを助けてくれた楽俊も疑われちゃって、見捨てられちゃって、それでも陽子に手を差し伸べる楽俊。

    これはもう愛(爆)ですね。

    その愛で陽子の人間不信という心の鎧をへっぱがしちゃうは、なにげに博学でその知識があったからこそ、陽子は自分が何者かを悟るわ、と彼と出会っていなかったら確実にゲームオーバーでしたよね〜

    ちなみに陽子の正体判明の瞬間はちょっと鳥肌がたちました。こういう展開、大好きなんです…

    もう興奮気味でうまく感想まとめられないほど「十二国記」シリーズにドハマりするきっかけとなった作品。文句なく★5つ…といいたいのですが、陽子が景麒を救出し、偽王を討伐するエピソードがたった1ページでまとめられちゃっているのが唯一惜しいところですかねぇ〜 まぁそのエピソードだけで1冊は書けそうでしょうから、減点はしませんがね!

    ホント、読んでて面白い作品でした。

  • 再読。

    やっぱ楽俊はいいキャラしています。
    信じたいから信じる、それは自分の勝手で、相手が自分を信じるか信じないかは相手の勝手。なんだか当たり前のことのようだけれど、そう割り切れる人はなかなか居ないと思う。相手に良くしてもらいたいから、相手に良くする、という気持ちは人間必ずあると思う。そしてそのことに気がつかないから、相手が自分の期待したとおりにしてくれないと憤ってしまう、わかってくれないと嘆く。けれど、結局それは、その人の身勝手になのだろう。

    そのことに気づかせてくれた楽俊のことを陽子はすごいと思うし、楽俊はそんなことは当たり前だと思う。けれど、それを身をもって知り、身勝手になってしまう人間の、自分の弱さを知った陽子だからこそ、王の資格があるのだろう。

  • 高校生向けの文庫(講談社X文庫ホワイトハートのこと)から出ているが、大人が読んでも十分楽しめる作品だから、カバーの絵にめげずに手に取って読め。そんな内容の書評を新聞で読んだのが1995年頃のこと。山田章博はその10年くらい前から知っていたので、カバーの絵にめげたりはしなかったが、あの白いカバーの文庫本を買うのはちょっと恥ずかしかった。

  •  もう何回読んだかわかりません。また読みたいなと思って再読です。新しい小説をどんどん読みたいですが、でもやっぱりまた読みたくなります。
     小野不由美さんの代表作、十二国シリーズの第1作目。私が今の会社に就職するきっかけになった本です。本当に、あのときこの作品を読んでいなかったら、今の会社で働くことはなかったと思います。
     そう思うと縁って不思議で面白いなと思います。
     陽子、楽俊、2人の出会いは本当に縁としか言いようがないです。人を信じることができなくなった陽子、最初の陽子と楽俊と出会った陽子は全くの別人になっています。

     <以下引用>
     陽子自身が人を信じることと、人が陽子を裏切ることは何の関係もないはずだ。陽子自身が優しいことと他者が陽子にやさしいことは、なんの関係もないはずなのに。(p.82)

     大好きな一文です。
     それにしても、何度読んでも上巻は過酷です。ひたすら落とされ、落とされまくって、救いがない・・・。女子高生が異世界に迷い込む、このフレーズだけ聞くとイケメンが登場して助けてくれそうなのに。
     がんばれ、陽子。

  • 上巻の暗い絶望が続く展開だからこそ救いの楽俊の言葉で涙が止まりません。

  • もふもふ!!!

  • 今まで陽子に関わり、裏切ってきた者たちは、ある意味虐げられてきた者たちかもしれない。
    楽俊もまた、半獣として虐げられてきた者だった。
    しかし楽俊は裏切らない。
    その違いはどこにあるのだろうか。陰と陽、同じ境遇でもまるで違うのは何故だろうか。
    それはやっぱり、楽俊の前向きさ、夢があるからなのかもしれない。

  • 面白かった!
    上巻が鬱屈とした話運びだっただけに、下巻は中盤から話がどんどん進んでいったから面白かったわ。
    麒麟や十二国、王の成り立ちについても分かったし、今回で結構疑問が解消された。
    何より陽子の鬱々とした旅が延王、尚隆に出会って一転したのが良かった。

    青猿は剣の鞘だったのか。
    不思議な剣だな。
    青猿を切ったことで鞘に戻ったけど、それは鞘が死ぬ、つまり鞘から剣を他の者にも抜けることになった。
    でも、それで良かったと思う。
    あのまま青猿の言うこと聞いてたら妙な考えをするようになってたかもしれないし。
    剣の幻想は幻想だけれど、ただの惑わすだけの幻想ではなかったんだな。
    過去や未来をも見せる千里眼の役割を持っていたなんて。

    陽子と景麒が無事に再会出来てほんとに良かった…!
    再会のシーンはあっさり数ページで終わったのが拍子抜けだったけども(笑)
    旅のシーンはやたら長かったのに大事な再会のシーンや助け出すまでの過程は結構端折られてて残念だったな~。
    もっと戦闘シーンで陽子の見せ場を描いてほしかったな。

    楽俊って人型になれたんだ!?
    あたしも陽子と一緒に吃驚したわ。
    そりゃ陽子の普段の行動やあのいきなり抱きついたりした時に咎めた訳だ。
    二十歳前半くらいか?
    それにしても楽俊ほんと癒やしだな。そして、聡明。
    将来陽子の右腕として慶国の政治をしてほしいな。

    延王、尚隆も陽子と同じ海客だったのか。
    で、500年以上も国を治めてるってほんと名君なんだろうなぁ。
    王になった時点で人ではなくなるからそうやって何百年も統治出来るのは良いのかも民にとって。
    王のこのシステムは良いよな。
    良い統治が長く続くならずっと同じ人に統治してもらうのが良いもんな。
    それにしても500年はやっぱ凄い。

    陽子がこれからどう慶国を治めていくのか楽しみ。
    それがちゃんと描かれることを信じてる。
    今まで主に恵まれなかった景麒も陽子となら大丈夫そう。
    景麒もやっと報われて良かったわ。
    紆余曲折を経て慶国の名君たり得る人物と出会えたんだから。

  • 成長。そして新しい国が始まる。

  • 楽俊が愛おしすぎて結婚したi(ry 「殺さなくて良かった」という陽子の涙が本当に感動した。愛しいものって、そうあるべきなんだなあと。”王になる”という、ファンタジーだったら物凄くハッピーな事なのにそういう雰囲気が一切なくて、ただの”物語”でない、現実的な辛さ・厳しさというものを痛感した。とりあえず楽俊で癒される。←

  • ラストの契約シーンがやっぱり秀逸。
    景麒が叩頭する意味が全然違う。

    アニメ版は杉本がいることで、あちらとこちらの人間の差がはっきりした。非情。
    魔性の子でいうところの広瀬かな。

  • 内容と全然関係ないけど「冗祐」(ジョウユウ)って名前よくないですか、音も字も。ぞろりとした感触の人

    ------
    追いつめられて誰も親切にしてくれないから、だから人を拒絶していいのか。善意を示してくれた相手を見捨てることの理由になるのか。絶対の善意でなければ、信じることができないのか。人からこれ以上ないほど優しくされるのでなければ、人に優しくすることができないのか。
    「……そうじゃないだろう」
    陽子自身が人を信じることと、人が陽子を裏切ることはなんの関係もないはずだ。陽子自身が優しいことと他者が陽子に優しいことは、何の関係もないはずなのに。
    (82頁)

    子供が王になる話
    突然異世界に連れて行かれて説明もなく一人で放り出された子供が、何度も殺されそうになりながら追手から逃げて、元の世界に帰ることを夢見ながら苦しい旅をしたあと自分の出自と運命を告げられて、その世界の一国の王になることをせまられ、一旦拒否したそれを選んだところで終わる。

    「おいらは陽子がどんな国を作るのか見てみたい」(241頁)

    ------
    やばい設定がいろいろある(王がいないと物理的に国が荒れるとか、空に海があるとか)けど、一番やばいのは、あらゆる生命(?)の子供が木に生ることで生を受けるというのじゃないかと思われた。
    産む/産まれるの気持ち悪くないから…
    しかし、言われてみたら気持ち悪いことな気もしてくる
    木に生るほうがきれいな感じでいいのかも?

  • 上橋菜穂子さんの 「守り人」シリーズを読んでしまって、
    さて 何を読もうかなと 思った時に
    ふと 目に入ってきた
    前から 書棚にあって
    気にはなっていたのですが…

    漢字を読み書きする国に
    育ったからこそ
    楽しめる作品ですね

    おどろおどろしい
    見たこともない 固有名詞に遭遇できるのも
    また 楽しみの一つです

  • 読み物好きな知り合いから教えてもらった
    私にはとうていたどり着かない作品であるが
    大変面白かった。

    普通の女子高校生が、ある日突然
    別の世界へさらわれる。
    彼女はその世界のひとつに国の王だとされる。

    いやぁ、ない、ないよない。
    戦っていく様なんて、いかにも
    RPGの世界観のように思う。
    ゲームしないから知らないのだけど。

    で、裏切りに裏切られる彼女に
    ネズミがやさしくしてくれる。
    やや小さめとはいえ、立てば胸くらいまである
    大きさの二足歩行のネズミ。

    いやぁ、ないない。

    しかし、このネズミ、いや楽俊(ラクシュン)は
    頭がいい、で、やさしい。
    で、紳士。
    半獣の彼は人間の姿になるとイケメン。

    んー、ない、
    ないけど、頭脳明晰でイケメンなんて、
    大好きキャラなわけですな。

    ということで、
    上下巻は面白かった。

    後も延々と続くらしい。
    まだ、続いているらしい。

    今のところはこれで満足。

全352件中 1 - 25件を表示

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

「私を、異界へ喚んだのは、誰?」海に映る美しい月影をぬけ、ここへ連れてこられた陽子に、妖魔は容赦なく襲いかかり、人もまた、陽子を裏切る。試練に身も心も傷つく陽子を救ったのは、信じることを教えてくれた「ただひとり」の友-楽俊。ひとりぼっちの旅は、ふたりになった。しかし、"なぜ、陽子が異界へ喚ばれたのか?なぜ、命を狙われるのか?"その真相が明かされたとき、陽子は、とてつもない決断を迫られる。

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

ツイートする