月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 5115人登録
  • 4.02評価
    • (1197)
    • (501)
    • (1109)
    • (10)
    • (3)
  • 348レビュー
  • 講談社 (1992年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062550727

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
小野 不由美
小野 不由美
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • 今まで陽子に関わり、裏切ってきた者たちは、ある意味虐げられてきた者たちかもしれない。
    楽俊もまた、半獣として虐げられてきた者だった。
    しかし楽俊は裏切らない。
    その違いはどこにあるのだろうか。陰と陽、同じ境遇でもまるで違うのは何故だろうか。
    それはやっぱり、楽俊の前向きさ、夢があるからなのかもしれない。

  • 面白かった!
    上巻が鬱屈とした話運びだっただけに、下巻は中盤から話がどんどん進んでいったから面白かったわ。
    麒麟や十二国、王の成り立ちについても分かったし、今回で結構疑問が解消された。
    何より陽子の鬱々とした旅が延王、尚隆に出会って一転したのが良かった。

    青猿は剣の鞘だったのか。
    不思議な剣だな。
    青猿を切ったことで鞘に戻ったけど、それは鞘が死ぬ、つまり鞘から剣を他の者にも抜けることになった。
    でも、それで良かったと思う。
    あのまま青猿の言うこと聞いてたら妙な考えをするようになってたかもしれないし。
    剣の幻想は幻想だけれど、ただの惑わすだけの幻想ではなかったんだな。
    過去や未来をも見せる千里眼の役割を持っていたなんて。

    陽子と景麒が無事に再会出来てほんとに良かった…!
    再会のシーンはあっさり数ページで終わったのが拍子抜けだったけども(笑)
    旅のシーンはやたら長かったのに大事な再会のシーンや助け出すまでの過程は結構端折られてて残念だったな~。
    もっと戦闘シーンで陽子の見せ場を描いてほしかったな。

    楽俊って人型になれたんだ!?
    あたしも陽子と一緒に吃驚したわ。
    そりゃ陽子の普段の行動やあのいきなり抱きついたりした時に咎めた訳だ。
    二十歳前半くらいか?
    それにしても楽俊ほんと癒やしだな。そして、聡明。
    将来陽子の右腕として慶国の政治をしてほしいな。

    延王、尚隆も陽子と同じ海客だったのか。
    で、500年以上も国を治めてるってほんと名君なんだろうなぁ。
    王になった時点で人ではなくなるからそうやって何百年も統治出来るのは良いのかも民にとって。
    王のこのシステムは良いよな。
    良い統治が長く続くならずっと同じ人に統治してもらうのが良いもんな。
    それにしても500年はやっぱ凄い。

    陽子がこれからどう慶国を治めていくのか楽しみ。
    それがちゃんと描かれることを信じてる。
    今まで主に恵まれなかった景麒も陽子となら大丈夫そう。
    景麒もやっと報われて良かったわ。
    紆余曲折を経て慶国の名君たり得る人物と出会えたんだから。

  • 成長。そして新しい国が始まる。

  • 楽俊が愛おしすぎて結婚したi(ry 「殺さなくて良かった」という陽子の涙が本当に感動した。愛しいものって、そうあるべきなんだなあと。”王になる”という、ファンタジーだったら物凄くハッピーな事なのにそういう雰囲気が一切なくて、ただの”物語”でない、現実的な辛さ・厳しさというものを痛感した。とりあえず楽俊で癒される。←

  • ラストの契約シーンがやっぱり秀逸。
    景麒が叩頭する意味が全然違う。

    アニメ版は杉本がいることで、あちらとこちらの人間の差がはっきりした。非情。
    魔性の子でいうところの広瀬かな。

  • 内容と全然関係ないけど「冗祐」(ジョウユウ)って名前よくないですか、音も字も。ぞろりとした感触の人

    ------
    追いつめられて誰も親切にしてくれないから、だから人を拒絶していいのか。善意を示してくれた相手を見捨てることの理由になるのか。絶対の善意でなければ、信じることができないのか。人からこれ以上ないほど優しくされるのでなければ、人に優しくすることができないのか。
    「……そうじゃないだろう」
    陽子自身が人を信じることと、人が陽子を裏切ることはなんの関係もないはずだ。陽子自身が優しいことと他者が陽子に優しいことは、何の関係もないはずなのに。
    (82頁)

    子供が王になる話
    突然異世界に連れて行かれて説明もなく一人で放り出された子供が、何度も殺されそうになりながら追手から逃げて、元の世界に帰ることを夢見ながら苦しい旅をしたあと自分の出自と運命を告げられて、その世界の一国の王になることをせまられ、一旦拒否したそれを選んだところで終わる。

    「おいらは陽子がどんな国を作るのか見てみたい」(241頁)

    ------
    やばい設定がいろいろある(王がいないと物理的に国が荒れるとか、空に海があるとか)けど、一番やばいのは、あらゆる生命(?)の子供が木に生ることで生を受けるというのじゃないかと思われた。
    産む/産まれるの気持ち悪くないから…
    しかし、言われてみたら気持ち悪いことな気もしてくる
    木に生るほうがきれいな感じでいいのかも?

  • 改めて読み返して、改めて大好きを感じます。
    夜遅いしさらっと読み返そうと思ったのにがっつり入り込んでしまいました。

    楽俊が大変いいやつで、ぜひともお知り合いになりたいです。
    陽子は自分の愚かさや情けなさ、そんなものと闘って少しずつ強く、王として目覚めていく。誰しも自分のマイナス部分なんて認めたくないけれど、それを受け入れる強さが陽子にあるのは確か。
    十二国記はただファンタジーなだけじゃなく、理不尽さも描かれているから余計に惹かれるのかなと思います。

  • 上橋菜穂子さんの 「守り人」シリーズを読んでしまって、
    さて 何を読もうかなと 思った時に
    ふと 目に入ってきた
    前から 書棚にあって
    気にはなっていたのですが…

    漢字を読み書きする国に
    育ったからこそ
    楽しめる作品ですね

    おどろおどろしい
    見たこともない 固有名詞に遭遇できるのも
    また 楽しみの一つです

  • 読み物好きな知り合いから教えてもらった
    私にはとうていたどり着かない作品であるが
    大変面白かった。

    普通の女子高校生が、ある日突然
    別の世界へさらわれる。
    彼女はその世界のひとつに国の王だとされる。

    いやぁ、ない、ないよない。
    戦っていく様なんて、いかにも
    RPGの世界観のように思う。
    ゲームしないから知らないのだけど。

    で、裏切りに裏切られる彼女に
    ネズミがやさしくしてくれる。
    やや小さめとはいえ、立てば胸くらいまである
    大きさの二足歩行のネズミ。

    いやぁ、ないない。

    しかし、このネズミ、いや楽俊(ラクシュン)は
    頭がいい、で、やさしい。
    で、紳士。
    半獣の彼は人間の姿になるとイケメン。

    んー、ない、
    ないけど、頭脳明晰でイケメンなんて、
    大好きキャラなわけですな。

    ということで、
    上下巻は面白かった。

    後も延々と続くらしい。
    まだ、続いているらしい。

    今のところはこれで満足。

  • 陽子が楽俊を信じるまでの葛藤に読みながらドキドキしました。何度も煮え湯を飲まされていたので、いつ楽俊が陽子を裏切るのか……と猜疑心にまみれた読み方をしていましたが、
    楽俊の強さや頭の回転の速さ、どこまでもいい人なのに現実をきちんと見ている様子とビジュアルのギャップが強くて可愛すぎて何にも代えがたい癒しだった……

    延王の豪傑さや身軽さ、破天荒さの奥が深すぎます。
    麒麟には名がないはずなのに、「六太」と呼んでいるのは延王が付けたんだろうなぁ。

    景麒の奪還はあっという間過ぎて、最初は落丁かと思いました。
    どうなっていくのか凄く楽しみ!

  • 上巻から続いて一気読みでした。

    上下で分かれてますが、これは一冊だと思った方がいい。
    上巻は暗い。
    人の浅ましさや本質を悟る一番格となる部分です。
    何故ならいきなり拉致られて貴方は実は重要人物です、と言われ、そのままその通りになることは現実あり得ないし、読み手も共感できない。(そこをファンタジーに求める人も多いですが。)
    その求められた人物設定になる前の葛藤や主人公の姿、併せて世界の姿を描いたのが上巻。
    ファンタジーでありながらも現実味を帯びるストーリーのバランスは上巻で生まれているのだと思います。

    下巻に入ってから急激なスピードで物語が進みます。
    エンディングは少し速すぎる気もしますが…。

    はやく続きが読みたくなる一冊です。

    07/27/14〜07/27/14

  • 普通の学生だった陽子がだんだん普通じゃなくなっていく過程が読んでいて辛くなった

    陽子の葛藤も判るし、貧しい国に生きる庶民の浅ましさも理解できる
    王になって神にさせられても弱いところは弱いまま

    100%完璧な存在がいないからこそ登場人物全員に魅力を感じる作品でした

    内容はとても読みやすいです
    聞きなれない固有名詞も意外と困ることは無いです
    国の名前と位置関係も簡易地図があるので見比べながら見たら判りやすい

    ただ、ラストがはっきりせず終わるので☆-1
    多分他のシリーズで補完されるのかな?

    全シリーズ読破予定なのでこれからの展開に期待します

  • 完成された世界観、魅力ある登場人物、どん底から這い上がっていく物語、それぞれの要素が重なりあって、非常に面白かった。12年前の本だけど、読めて良かった。
    個人的には、陽子がジョウユウの名を尋ねる場面が陽子起こった様々な変化を象徴しているようで一番好き。

  • 主人公がだんだんたくましくなってゆき、展開もスピーディーで読んでてとても面白いです。 ラストは納得できるようなできないような。。元の世界に帰れても帰れなくても、 どっちにしろもやもやするのでこれでハッピーエンドなのかな??

  • 「裏切られたっていいんだ!裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしの何が傷つくわけでもない。裏切って卑怯になるよりずっといい。」

  • 十二国記シリーズは私の中学時代のバイブルだった。
    大学生になったいまでも時々思い出して読み返すくらい。
    社会人になったらシリーズ全巻大人買いするのが目標。

  • 1年に2回は読み返しています。
    人は、変われるのです。

  • 上下巻を借りたつもりが、下巻二冊だったので、下巻だけ読んだ。
    それでも違和感なく読めた。

    最後、急に景麒が助かったのがびっくりした。

  • だんだんおもしろくなってきた!やっとこれで設定の説明が終わった、ってかんじ…ファンタジーっておもしろくなるまで長い…

  • 再々読。
    楽俊!!イイヤツだ~

  • 久しぶりの再読です。何度読んでも陽子の覚悟の重さがずっしりときます。今までの旅での苦難が彼女の経験として生かされる。自分という存在と行動に苦難する姿にほれぼれいたします。こういう人が上にいるとすごく安心するし、ありがたいだろう。そして、楽俊が可愛くて大好きだわ♪私もモフモフしたいです!!

  • アニメで最後端折っていたから小説では期待したんだけど、小説も端折っていてがっかりした。だけど陽子の心情の変化は読んでいてとても面白かった。

全348件中 1 - 25件を表示

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

「私を、異界へ喚んだのは、誰?」海に映る美しい月影をぬけ、ここへ連れてこられた陽子に、妖魔は容赦なく襲いかかり、人もまた、陽子を裏切る。試練に身も心も傷つく陽子を救ったのは、信じることを教えてくれた「ただひとり」の友-楽俊。ひとりぼっちの旅は、ふたりになった。しかし、"なぜ、陽子が異界へ喚ばれたのか?なぜ、命を狙われるのか?"その真相が明かされたとき、陽子は、とてつもない決断を迫られる。

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

ツイートする