風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4665人登録
  • 3.86評価
    • (838)
    • (522)
    • (1142)
    • (20)
    • (2)
  • 267レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1993年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

全267件中 1 - 25件を表示

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

麒麟は王を選び、王にお仕えする神獣。金の果実として蓬山の木に実り、親はいない。かわりに、女怪はその実が孵る日までの十月を、かたときも離れず、守りつづけるはずだった。しかし、大地が鳴り、大気が歪む蝕が起きたとき、金の実は流されてしまった。それから十年。探しあてた実は、蓬莱で"人"として生まれ育っていた。戴国の王を選ぶため連れ戻されたが、麒麟に姿を変える術さえ持たぬ泰麒-。幼ない少年の葛藤が始まる。

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする