風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4698人登録
  • 3.86評価
    • (845)
    • (530)
    • (1144)
    • (20)
    • (2)
  • 275レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1993年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551144

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作の主役の陽子は出てきません。
    陽子よりも前の時代で、主役は戴国の麒麟の「泰麒」

    大きな蝕で麒麟の泰果が「蓬莱」に流されてしまい
    胎果となり、10年後にやっと発見された泰麒。(黒麒麟)

    この世界観が練りこまれていて面白いです。
    女仙並みに麒麟が好きな私にはたまらない巻です。

    まだ幼い麒麟の泰麒がこれからどうやって王を選ぶのか
    そしてどうして失われてしまうのか気になります。

    幼い泰麒の孤独をなんとかして救ってあげたいと思うし
    景麒とのやり取りもなかなか素敵です。
    続きがますます楽しみです♪

    「魔性の子」も見たほうがいいようなので
    今から「魔性の子」を予約しつつ、並行して読みます。

    放送されていたことは知ってはいたけど
    アニメを見なかったことが悔やまれる!

  • 前作に引き続き、蓬莱(日本)出身の主人公。
    前作は国王だったが、今作は戴国の麒麟、泰麒。
    往々にして金色の鬣を持つ麒麟にしては珍しく、彼は鋼色の鬣を持つ黒麒麟だった。
    本来、麒麟は蓬山に育つ。
    必要な素養はその時期に自然と身に着くものだけれど、泰麒は蓬莱で人として育てられたため、自覚が一切ない。
    幼いながら聡い泰麒は、蓬山に住む女仙たちが惜しみない愛情を注いでくれていることに後ろめたさすら感じてしまう。
    そんな健気な泰麒がいじらしくて、女仙たちが可愛がる気持ちがすごく解る。
    これも何度目の再読かわからないぐらい読み込んでいて、先行きもわかっているけれど、読み終わるとすぐに下巻に手を伸ばしてしまう不思議。

  • 忘れられていれば悲しい。忘れずにいて、いなくなったことを喜ばれていれば、なお悲しい。いなくなったことを悲しんでいてくれれば、いっそう悲しかった。

  • 時間軸としては前作よりも少し前のお話。
    陽子同様、胎果として生まれ育った泰麒が奇跡的に蓬山に帰還したものの、幼さも加えて十二国の世界を何も知らず、理解もできない状態。
    というのが話の主軸なのだけれど、この、何もわからない幼子に女仙が色々と説明をする、というのが、この世界をより詳しく読者に説明することに繋がっている。
    前作では、追ってから逃げ、必死に諦めないでいようとする陽子の強さを描いていたけれど、ところどころ楽俊などが口をはさむものの、あまりこの独特の世界観を深く詳しく説明する感じではなかった。それが今回は、泰麒が疑問に思ったことを女仙が説明していくことで、世界の成り立ちから国の在り方など、基本的な世界観を知ることができるのだと思う。
    十二国の世界をより深く楽しむ為に、とてもいいストーリーの進め方だと思う。

    泰麒がとても可愛らしく、無事に王を選定できるのかと下巻が気になる。

  • 泰麒けなげ。ひたすらかわいい。この厚みなら腕が痛くならなくてすみます。下巻に向けて少しずつ麒麟ぽく。景麒の不器用ながら優しい面が見られるのも良し。大掃除放り出してひたすら読んでる。

  • 正論で諭しても通じない言葉と態度は常にある、どんなにその人のことを思っていたとしても、誤解を生む事は常だ。
    そんなことを思わせてくれる、景麒と泰麒・景麒と景王との人間関係を描いている。

    十二国記の世界観や人間観が初めて出てくる作品。

  • 十二国の世界観がよくわかる1冊。
    麒麟とは、使令とは・・・?
    突然異界に引っ張り込まれて「麒麟」と
    呼ばれる泰麒の困惑ぶりに同調してしまう。

  • 小さい頃に読んでたはずなのにほとんど内容忘れてるのに、この冒頭だけすごく覚えてたなあ・・・。前巻に引き続き、唐突に十二国に連れて行かれたことで孤独に涙をこぼす泰麒が・・・かわいそかわいい・・・。
    スケコマす前の景麒もおるよ!陽子はよ!

  • 泰麒が可愛い、他の話と違って争いも少ない

  • この作品と「魔性の子」と、どちらを先に読むかで、妖魔に対する印象がだいぶ違うような気がする。

全275件中 1 - 10件を表示

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
荻原 規子
小野 不由美
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

麒麟は王を選び、王にお仕えする神獣。金の果実として蓬山の木に実り、親はいない。かわりに、女怪はその実が孵る日までの十月を、かたときも離れず、守りつづけるはずだった。しかし、大地が鳴り、大気が歪む蝕が起きたとき、金の実は流されてしまった。それから十年。探しあてた実は、蓬莱で"人"として生まれ育っていた。戴国の王を選ぶため連れ戻されたが、麒麟に姿を変える術さえ持たぬ泰麒-。幼ない少年の葛藤が始まる。

ツイートする