風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4676人登録
  • 3.86評価
    • (842)
    • (523)
    • (1142)
    • (20)
    • (2)
  • 269レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1993年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
小野 不由美
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • 前作の主役の陽子は出てきません。
    陽子よりも前の時代で、主役は戴国の麒麟の「泰麒」

    大きな蝕で麒麟の泰果が「蓬莱」に流されてしまい
    胎果となり、10年後にやっと発見された泰麒。(黒麒麟)

    この世界観が練りこまれていて面白いです。
    女仙並みに麒麟が好きな私にはたまらない巻です。

    まだ幼い麒麟の泰麒がこれからどうやって王を選ぶのか
    そしてどうして失われてしまうのか気になります。

    幼い泰麒の孤独をなんとかして救ってあげたいと思うし
    景麒とのやり取りもなかなか素敵です。
    続きがますます楽しみです♪

    「魔性の子」も見たほうがいいようなので
    今から「魔性の子」を予約しつつ、並行して読みます。

    放送されていたことは知ってはいたけど
    アニメを見なかったことが悔やまれる!

  • 前作に引き続き、蓬莱(日本)出身の主人公。
    前作は国王だったが、今作は戴国の麒麟、泰麒。
    往々にして金色の鬣を持つ麒麟にしては珍しく、彼は鋼色の鬣を持つ黒麒麟だった。
    本来、麒麟は蓬山に育つ。
    必要な素養はその時期に自然と身に着くものだけれど、泰麒は蓬莱で人として育てられたため、自覚が一切ない。
    幼いながら聡い泰麒は、蓬山に住む女仙たちが惜しみない愛情を注いでくれていることに後ろめたさすら感じてしまう。
    そんな健気な泰麒がいじらしくて、女仙たちが可愛がる気持ちがすごく解る。
    これも何度目の再読かわからないぐらい読み込んでいて、先行きもわかっているけれど、読み終わるとすぐに下巻に手を伸ばしてしまう不思議。

  • 忘れられていれば悲しい。忘れずにいて、いなくなったことを喜ばれていれば、なお悲しい。いなくなったことを悲しんでいてくれれば、いっそう悲しかった。

  • 時間軸としては前作よりも少し前のお話。
    陽子同様、胎果として生まれ育った泰麒が奇跡的に蓬山に帰還したものの、幼さも加えて十二国の世界を何も知らず、理解もできない状態。
    というのが話の主軸なのだけれど、この、何もわからない幼子に女仙が色々と説明をする、というのが、この世界をより詳しく読者に説明することに繋がっている。
    前作では、追ってから逃げ、必死に諦めないでいようとする陽子の強さを描いていたけれど、ところどころ楽俊などが口をはさむものの、あまりこの独特の世界観を深く詳しく説明する感じではなかった。それが今回は、泰麒が疑問に思ったことを女仙が説明していくことで、世界の成り立ちから国の在り方など、基本的な世界観を知ることができるのだと思う。
    十二国の世界をより深く楽しむ為に、とてもいいストーリーの進め方だと思う。

    泰麒がとても可愛らしく、無事に王を選定できるのかと下巻が気になる。

  • この作品と「魔性の子」と、どちらを先に読むかで、妖魔に対する印象がだいぶ違うような気がする。

  •  十二国記熱が止まりません。もう何度も何度も読んでいるのに、最近この本を読むこの時間が楽しくて仕方ありません。電車の中で読んでいても、意識が完全に本の世界に持っていかれているのがわかります。京極さんの本に比べると断然薄いのに、満足感は同じです。あっという間に読み終えてしまいますが、余韻がすごく残りますし、満足します。もの足りないなんて思いません。
     なぜ、十二国記に登場するキャラクターはこんなにも魅力的なのでしょうか。
     戴。本当に良い国になって欲しい。早く、平和な、それに泰王と泰麒の2人そろっている姿が見たい。泰王の無事を祈るばかりです。

     <以下引用>
     「・・・火って、暖かくて明るいものですけど、あんまり強いと怖いでしょう?」(p.68)

     泰麒のまだ幼い、戸惑う思い、そんなものがすごく伝わってきました。早く、戴国の物語の続きが読みたいです。
     あと、小野さん、漢文みたいなものを書いていてすごいなと思いました。中国語とはまた違いますよね。どうしたらこんな書けるのだろうな。小野さん素敵です。

  • 再読。

    泰麒が可愛い(。-_-。)
    可愛すぎる(。-_-。)

  • どう成長するのか続きが読みたくなる。

  • 一作目のような次か気になる!という展開はないものの
    二作目なのであーケイキだ、とか麒麟とはみたいなものが見えてきて面白い
    下巻は王を決めるのかな楽しみ

  • 泰麒の物語。前半。

  • 陽子が出てくるのかと思っていたのですが泰麒のお話で心のエンジンがかかるまで少々時間が掛りました。
    気を使う子供の本人の葛藤は覚えのあるもので、愛情深く包まれる場所に戻ってこれて良かったね。と思っていたら幼いなりに泰麒の寂しさと葛藤に心が苦しくなりました。
    景麒が訪れてからの毎日が本当に楽しそうで癒されました。
    景麒の言葉遣いの成長には私も笑みがこぼれるほどに……。
    次巻がすごく楽しみです!

  • 感想はまとめて下巻にて

  • 前作の裏切りの熾烈さとは違う、居場所無き、期待に応えられない心情をファンタジーだからこそ描ききっている。下に期待。

  • 蝕により流され、蓬莱で生まれた戴国の麒麟の物語。
    悩みながらも女仙たちの期待に応えようと頑張る泰麒が愛らしい。純粋で繊細な泰麒を前に戸惑う景麒の不器用さも可愛くて、少しずつ優しさを覚えていく姿には微笑ましさを感じる。麒麟好きにはたまらないお話。

  • 再読。
    圧倒的な世界観。
    12国記の世界を魅力的にするもう一つの主要素は誰もがもつ「帰りたい」という得体の知れない望郷感ではないかと思う。

  • 感想やらなんやらは下巻にて。
    20140304読了。

  • 初小野不由美。
    初十二国記。

    まだ、アイドリング状態。
    これからハマっていけるのかな。

  • 十二国記、二作目。
    なかなか進まない内容と、自信の持てない泰麒にジリジリした上巻。
    前作より世界観に見通しがきくので、スッキリした。

  • 死鬼で有名な小野さんですが、それ以外の著書を読んだことが有りませんでした。

    この書籍は表紙にしろタイトルにしろ死鬼とは全く正反対の印象を受けましたので、
    そのギャップに惹かれて読んでみることにしました。


    麒麟(キリン)と呼ばれる少年が主人公です。彼の使命は王を見つけ王に仕えること。

    上巻では王を見つけるお祭りが開始されるまで、下巻ではその王が即位するまでのお話になります。
    上下巻通じて少年の心の迷いが詳しく書かれています。

    妖魔を手なずけたり、自分自身が麒麟に変形したりと、なかなか面白い設定です。
    好きな人はかなりはまるんじゃないでしょうか。

    小説の中での呼び方は日常生活になじみのないものになっています。
    これはわざと聞きなれない言葉を使うことで別世界をイメージしやすくする小野氏の演出だと思います。
    最初は少し戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れます。

    そんなことより主人公のボク・・。お前しっかりしろよ!と何度も言いたくなりました。

    表紙がちょっとやらしいので、電車で読むのは気を付けてくださいね。

  • 十二国記シリーズ2作目。
    卵果の頃、蝕で蓬莱に流されてしまい、日本で育った泰麒が蓬山に帰る。麒麟でありながら転変もできない、使令も持てない自分は、麒麟のできそこないなのではないか、そんなできそこないの自分が泰の王を選ぶなんて重要な役目を立派に果たせる自身も無い。そして悩んで悩んで悩んだ挙句、特に天啓も感じられないまま、ただ一緒にいたいという理由の中、驍宗という男を王に選んでしまう。

    とにかく泰麒ががんばる話です。
    泰麒はとても優しく、また責任感が強い割りに臆病で、失敗がとても怖い、いい子なんですね。そんな泰麒が、取り返しのつかないことをしてとても小さくなるのですが、最後には凄く「ああ良かった」となる終り方をしてくれました。

  • いっき読みでした。
    泰麒の今後が気になります

  • 再々読。
    がんばれ、泰麒!
    景麒にも可愛げがあった(笑

全269件中 1 - 25件を表示

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

麒麟は王を選び、王にお仕えする神獣。金の果実として蓬山の木に実り、親はいない。かわりに、女怪はその実が孵る日までの十月を、かたときも離れず、守りつづけるはずだった。しかし、大地が鳴り、大気が歪む蝕が起きたとき、金の実は流されてしまった。それから十年。探しあてた実は、蓬莱で"人"として生まれ育っていた。戴国の王を選ぶため連れ戻されたが、麒麟に姿を変える術さえ持たぬ泰麒-。幼ない少年の葛藤が始まる。

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする