風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4507人登録
  • 3.89評価
    • (840)
    • (481)
    • (1058)
    • (17)
    • (0)
  • 214レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1993年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551205

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一気に読破。

    幼い「盲導犬候補の子犬」を家族で愛情を注いで
    慈しみ育てるように、幼い麒麟の「泰麒」も蓬山で女仙や
    女怪に愛され大事にされ育っていきます。

    蓬莱生まれのせいか、自分に自信がなく「天啓」も「転変」も知らず
    自分の存在意義に悩む泰麒。
    性格といい境遇といい・・・ちょっと陽子に似ています。

    下巻もこの調子でどうなるの?って心配でしたが大丈夫でした(o^∀^)

    「饕餮(とうてつ)」を折伏してしまう、あの対決の時は超ドキドキしてしまいました。
    下巻一番の見せ場でしたね。

    驍宗を選んでしまい罪の意識を感じて沈んでいるあたりは
    また心配になりましたが、景麒や延麒にフォローされて
    ホッとしました。(麒麟&王勢ぞろい(*´ー`)♪~)
    特に景麒はいい麒麟だなぁ~と思いました。
    (陽子との今後の展開が楽しみです♪)

    「高里要」というのが蓬莱名の泰麒。
    ここで一旦、十二国記を外れて
    外伝の『魔性の子』を読むことにします。
    迷ったけど早めに読んでしまいます!

    それにしてもこのシリーズ、全巻揃えて一気読みしたいなぁ~。
    図書館で借りると読み返したい時に、前の巻がないので
    自分の記憶だけが頼りで・・・、今はまだいいけど
    これから登場人物がどんどん増えてくると…自信がなくなってしまいます。

  • とてつもない妖と対峙した泰麒は、身動もせず、その双眸を睨み続けた。長い時間が過ぎ、やがて発した言葉は「使令に下れ」。異界へ連れてこられても、転変もできず、使令も持たなかった泰麒は、このとき、まさに己れが「麒麟」であることを悟った。しかし、この方こそ私がお仕えする「ただひとり」の王と信じる驍宗を前に、泰麒には未だ、天啓はないまま。ついに、幼い神獣が王を選ぶ―。故郷を動かす決断の瞬間が来た。
    「BOOK」データベース より

    選んだものが正しいかどうか、選んだときに分かることは少ない.
    自分に自信がないときは、周りの意見を聞いてみるのもよいかもしれない.
    心の赴くままにやらずにはいられないことを選択し、選択したことについて責任をもつことしかできないのだ.

  • いよいよ王の選定が始まった。
    いまだ世界の事がよくわからず、自分が麒麟であるという自覚すらもない泰麒が一国の王を選ばねばならない重責。

    上巻同様、泰麒の疑問や悩みは読者の気持でもある。独特の世界観をより深く説明するためにこのストーリーはあるのだと思う。
    十二国の世界に生まれ育ったのであれば当然に理解していること、そして麒麟がどういう生き物であるかということを泰麒の目線で読者に説明していくのがわかりやすい。

    泰麒は通常の十歳とは思えないほど気を使う、優しい子で、彼と接したおかげでここに登場する景麒はとても穏やかで優しく思える。それが予王を破滅に導いてしまい、それを悔やんで陽子にはまた憮然とした態度になってしまうのだろうと思うと、それも切ない。

    色々と悩み苦しみもしたけれど、泰麒は無事に間違うことなく己の役目を果たし、泰王とも良好…というより微笑ましいほどの関係であるように見えるのに、前作の中では「王も麒麟も行方不明」となっていて、何が起こったのかが気になる。

  • 上巻から勢いの止まらないまま、下巻に突入。

    天啓がどんなものなのか泰麒は判然としないまま、戴国の玉座を目指して人々が昇山してくる夏至を迎える。
    泰麒と同じく、私たちにも天啓と呼ばれるものの正体ははっきりと判らない。

    けれど、泰麒がとある人物から受ける印象を自分も追いながら、ふとこれは「恋」にも似た感情ではないか、と思えた。
    頭では判っているのに心が追いつかない、あるいは、心が先走って理性では抑えられない。
    そんな状態。

    麒麟は王を選ぶ。
    天が麒麟を王に据えることを良しとせず、麒麟に王を選ばせる理由。
    麒麟と王は一対なのだから、どちらが欠けても立ち行かないし、だからこそ、ないものを補いあうために互いが存在する。
    麒麟は往々にして、慈愛の動物。
    けれどそれにだって個性はあるから、それに選ばれる王も「こういうものだ」と十把一絡げにできなくて、自分にだって「なぜこの人なのだろう?」ってふと考えてしまうことってあると思うのだ。

    うーん、やっぱり恋だよね。この抑えきれない衝動。

  • 「延王にはできなかったことが、これほどたやすい。なんの呵責もなく己の責務を果たすことは、なにやら幸福めいた気分をもたらした。」

    無事に下巻!!
    泰麒の成長っぷりが嬉しく、ちょっと離れていくようで寂しい気分もありつつ、使令に下す、その様子は、誇らしくもあり、いつのまにやら、どっぷりと感情移入してしまったのでした。

    王に関しては、おそらくそうではないかと思いながらも、
    このような展開ににんまり。
    しかし、本編とは全く違うところで、不安がぐるぐる。

    先へ先へとどんどん読み進めたい、
    でも勿体無い、十二国記ワールド!
    次は、どこの国につれてってくれるかなぁ。。。

    【4/15読了・初読・市立図書館】

  • 卑屈な程の受け身である泰麒。
    何か理由をつけなければ、動けない。動かない、常に他者に意味を求めている、そんな幼い麒麟の葛藤が自分と重なる。


    何かを選択しなければならない時に、他者のせいにしていないか?と問われるような内容でした。

  • 麒麟と王の関係が明らかになる一冊。
    雁の御二方の登場で話が明るくなったような(^^♪
    それにしても泰麒、
    その性格がのちの物語のキーになっていくんだなぁと、
    しみじみ。

  • それで『魔性の子』に繋がるんかー!!なるほど!!
    天啓とは一目惚れである、と・・・。
    驍宗といい李斎といい、ほんとキャラクターがよくできてやがるよな・・・、延国主従はいわずもがな。ほんと延国編読むの楽しみ・・・。
    いやどの主従もすきだが。

  • 幼い泰麒が大任を果たしてめでたしめでたし。最初に読んだときにそう思ったのは、「魔性の子」を読んでいなかったから。もう一波乱ありそうなことは、「月の影 影の海」でも暗示されていたけれど。

  •  十二国記熱が止まりません。もう何度も何度も読んでいるのに、最近この本を読むこの時間が楽しくて仕方ありません。電車の中で読んでいても、意識が完全に本の世界に持っていかれているのがわかります。京極さんの本に比べると断然薄いのに、満足感は同じです。あっという間に読み終えてしまいますが、余韻がすごく残りますし、満足します。もの足りないなんて思いません。
     なぜ、十二国記に登場するキャラクターはこんなにも魅力的なのでしょうか。
     戴。本当に良い国になって欲しい。早く、平和な、それに泰王と泰麒の2人そろっている姿が見たい。泰王の無事を祈るばかりです。

     <以下引用>
     「・・・火って、暖かくて明るいものですけど、あんまり強いと怖いでしょう?」(p.68)

     泰麒のまだ幼い、戸惑う思い、そんなものがすごく伝わってきました。早く、戴国の物語の続きが読みたいです。
     あと、小野さん、漢文みたいなものを書いていてすごいなと思いました。中国語とはまた違いますよね。どうしたらこんな書けるのだろうな。小野さん素敵です。

全214件中 1 - 10件を表示

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
小野 不由美
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

とてつもない妖と対峙した泰麒は、身動もせず、その双眸を睨み続けた。長い時間が過ぎ、やがて発した言葉は「使令に下れ」。異界へ連れてこられても、転変もできず、使令も持たなかった泰麒は、このとき、まさに己れが「麒麟」であることを悟った。しかし、この方こそ私がお仕えする「ただひとり」の王と信じる驍宗を前に、泰麒には未だ、天啓はないまま。ついに、幼い神獣が王を選ぶ-。故郷を動かす決断の瞬間が来た。

ツイートする