風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4477人登録
  • 3.89評価
    • (834)
    • (474)
    • (1057)
    • (17)
    • (0)
  • 207レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1993年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551205

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
小野 不由美
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • 何度目かの通読して、やっぱりホッとする。

  • 間違ってなくて良かった
    何も知らないところに連れてこられて何も教えて貰えず
    分かるはずって云われるのって普通に考えたらとても恐いこと
    よくやったねタイキ

  • 黒麒麟、泰麒の物語の後編。

    麒麟、いいなぁ。
    景麒、延麒の同族愛素敵だなぁ~(*´▽`*)

    たかがファンタジーにここまで嵌ったのは初めてだ。
    会社の少ない休み時間を使っても読んでいたくなる。
    良いシーンは何度でも再読したくなる。

    言葉も良い。世界観も良い。
    雰囲気も良い。
    キャラクターも良い。

    良い書籍だなぁ。。。

  • 泰麒に選ばれ口調が変わった驍宗を見て足元浮ついちゃう人になっちゃうのかな?と思ったけど、泰麒を慮れる気持ちが表れていてますます素晴らしいひとだった……。
    アニメも時折見てたんですが全編通してないので、アニメで見たシーンだ!と描写を見て嬉しくなったり。
    DVDとか出てないのかしら……。

    ラストのわいわいした雰囲気、十二国記では珍しく和やかに感じました。
    延王尚隆がすごく楽しそうでしたし。

    あとがきも楽しかったです。感想を書くたびに登場人物の名前が変換できなくて最近のパソコンであっても辞書機能が先生のお使いのモノより劣っていることを痛感します。
    ワープロ持ってたなぁ懐かしい……

  • タイキが麒麟として一人前になって王を選ぶ話

    戦うシーン等はほぼ無く、綺麗な描写が続きます

    ですが、若干10歳にして一国の主を選ばなければならない苦悩が読んでいて可哀そうになります

    ケイキとのやりとりもなんだか変に人間ぽくて良かったです

  • 本当の王でよかった…
    偽りの王だと思ってドキドキして読みました。

  • 結婚、就職など現実の世界でも、自分の身を捧げる先の決定は難しい。

    それを今回は見事に「物語」ってくれた巻だった。

    タイキの10歳という設定。ケイキという口下手だが、先輩の存在。

    誰かに肯定してもらって、やっと自分の選択が正しかったかどうか分かるようになる。それが困難な選択であればあるほど。

    また、この人生、自らに困難な方向を選び取ることに生きる本領があるのではないか。

  • いよいよ王の選定が始まる下巻。饕餮を折伏する場面はハラハラドキドキさせられる。
    天啓のない王を選んでしまったのだと苦悩する泰麒には胸が痛むけれども、小芝居の後の三麒麟の絡みは微笑ましい。ちょっぴり悪ふざけが過ぎる延王にも笑ってしまう。
    泰麒が苦しむのは辛い。笑ってくれるとホッとする。泰麒は可愛くてとっても良い子♪

  • 幼い子どもをここまで追い込むか、と思うと同時に、このころはどんなことでも死ぬほど悩んでいた、という確かな記憶もあって。
    こんな思いをした彼がいつか報われるところを読みたいものだが。

  • 前作と同様、基本は少年少女の成長物語。「魔性の子」の高里の空白の一年の秘密がここにあったのか、と、早速大きな答え合わせが出来てにんまり。

  • (394P ※上下巻)

  • ハラハラした。

  • ジリジリした上巻に引き続いて、爽やかに終われる下巻。
    前作の登場人物が出てきて面白い。
    これがオムニバス形式の面白いところだと思う。
    さて、続きを読もう。

  • 上巻の続き、この続編はないのかな?

  • 饕餮を折伏するとき驍宗が下山するときの戴麒の心情がよく分かった。アニメを見ていたから知っていたつもりだったけど小説だとよく分かる。読んでよかった。

  • 再々読。
    泰麒、よかった!
    延王vs麒麟3人の図が可笑しかった。

  • 麒麟は、王を選ぶ神獣である。人の姿をした、この高里少年も、やがて姿を変え、使令を下すはずだが、少しも徴候がない。重責を前に苦悩する少年の逡巡と葛藤。

    少年(?)の成長記と、国が始まる時。
    上巻では砂糖菓子のようなふわふわ心地よい話だっただけに、泰麒が役目を果たし、あの宮を出ていかねばならないときは悲しくなりました。
    けれども、真の主に出会い、求める姿を見ると、やはり麒麟とはこういうものなんだなぁとしみじみ。
    あれだけ慕った真の主と一緒にいられてよかったね。

  • 再読。読み始めたら止まらない。弟に月の影影の海を貸したはいいが、肝心のこっちを本棚から持ち出してしまって悪いことをした。

  • 中国の世界観をこういう風に物語にできるのだとショックを受けました。
    易経の倫理観、陰陽織りなす世界観たまりません。

  • 全巻で悩んでいたことや、謎だったことが少しずつ明らかになってきて、面白かったです。

  • 一気に読破。

    幼い「盲導犬候補の子犬」を家族で愛情を注いで
    慈しみ育てるように、幼い麒麟の「泰麒」も蓬山で女仙や
    女怪に愛され大事にされ育っていきます。

    蓬莱生まれのせいか、自分に自信がなく「天啓」も「転変」も知らず
    自分の存在意義に悩む泰麒。
    性格といい境遇といい・・・ちょっと陽子に似ています。

    下巻もこの調子でどうなるの?って心配でしたが大丈夫でした(o^∀^)

    「饕餮(とうてつ)」を折伏してしまう、あの対決の時は超ドキドキしてしまいました。
    下巻一番の見せ場でしたね。

    驍宗を選んでしまい罪の意識を感じて沈んでいるあたりは
    また心配になりましたが、景麒や延麒にフォローされて
    ホッとしました。(麒麟&王勢ぞろい(*´ー`)♪~)
    特に景麒はいい麒麟だなぁ~と思いました。
    (陽子との今後の展開が楽しみです♪)

    「高里要」というのが蓬莱名の泰麒。
    ここで一旦、十二国記を外れて
    外伝の『魔性の子』を読むことにします。
    迷ったけど早めに読んでしまいます!

    それにしてもこのシリーズ、全巻揃えて一気読みしたいなぁ~。
    図書館で借りると読み返したい時に、前の巻がないので
    自分の記憶だけが頼りで・・・、今はまだいいけど
    これから登場人物がどんどん増えてくると…自信がなくなってしまいます。

  • とてつもない妖と対峙した泰麒は、身動もせず、その双眸を睨み続けた。長い時間が過ぎ、やがて発した言葉は「使令に下れ」。異界へ連れてこられても、転変もできず、使令も持たなかった泰麒は、このとき、まさに己れが「麒麟」であることを悟った。しかし、この方こそ私がお仕えする「ただひとり」の王と信じる驍宗を前に、泰麒には未だ、天啓はないまま。ついに、幼い神獣が王を選ぶ―。故郷を動かす決断の瞬間が来た。
    「BOOK」データベース より

    選んだものが正しいかどうか、選んだときに分かることは少ない.
    自分に自信がないときは、周りの意見を聞いてみるのもよいかもしれない.
    心の赴くままにやらずにはいられないことを選択し、選択したことについて責任をもつことしかできないのだ.

  • 上巻とは違って、一人前の麒麟としてのさまざまなものを背負った泰麒の話でした。
    転変も出来ず、使令もいない麒麟の様は可哀想ではありましたが、それとは関係なく戴国の麒麟として、国の人々に大事にされている様は、本人の気後れとは別にやはり嬉しいものでした。
    李斎は元々好きだったので、再会出来て嬉しゅうございました(私が)
    にしても驍宗さま!
    蒿里に甘い驍宗さまのイメージが出来上がっていたので、あれー、こんなにも覇気の強い御方でしたっけ…?と戸惑いました。
    ま、物語の進行上必要なことではあったのですが、結末を知っていても悩む泰麒を見るのはちょっと辛かったです。

    物語はハッピーエンドで良かったですが、今のことを思うと少しばかり胸が痛い。
    驍宗さまに早くお戻りになって欲しい…。
    ってかその前に読み進めなくては(笑)

全207件中 1 - 25件を表示

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

とてつもない妖と対峙した泰麒は、身動もせず、その双眸を睨み続けた。長い時間が過ぎ、やがて発した言葉は「使令に下れ」。異界へ連れてこられても、転変もできず、使令も持たなかった泰麒は、このとき、まさに己れが「麒麟」であることを悟った。しかし、この方こそ私がお仕えする「ただひとり」の王と信じる驍宗を前に、泰麒には未だ、天啓はないまま。ついに、幼い神獣が王を選ぶ-。故郷を動かす決断の瞬間が来た。

ツイートする