悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 1415人登録
  • 3.87評価
    • (251)
    • (167)
    • (328)
    • (7)
    • (3)
  • 141レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 小林 瑞代 
  • 講談社 (1994年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551564

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • ティーン向けとは思えないゾッとする感じが、さすが小野不由美さん。続き読みたいなぁ。

  • 「ゴーストハント」シリーズは7冊で完結しましたが、実はその物語の続編があったことを知り、図書館で借りてきました。
    読んでみると、まさに7巻からそのままつながっている続編で、嬉しかったです。
    上巻は、まだ登場人物も出そろっておらず、怪異現象がいろいろ起きるのみでその実態も全くわからない状況。引き続き下巻が楽しみです。

  • 視点が麻衣ではないと聞いて、すこし構えていたが読んでみれば全く気にならない。やはり、ゴーストハントシリーズは面白い。

  • 時系列的にリライト版の後のお話
    ヒロインの成長などみれてなかなか良い
    当時は一人称から三人称になり人気がなかったらしい。
    リライトを気につづけてほしい

  • ホワイトハート刊、読みやすい♪(´ε` ) セリフがほぼマンガと一緒でとっつきやすい。ぼーさんと少年のやりとりなんか、やっぱりこっちのがいいなあ。でもイラストが嫌かも(;´Д`A いなだ絵がいいなー。

  • ホワイトハートから出版された悪霊シリーズのスピンオフ。レーベルが変わり、挿絵も文体もいわゆるステレオタイプな少女小説から大人向けに変わっているのが特徴的。こちらはシリーズ化されることなく、上下巻の2巻が発売されるにとどまった。

  • マンガでゴーストハントを知り、続きがあると知って手にいれました。この話も漫画化されて嬉しい。

  • 続きがあるとは露知らず。とても影の薄いゴーストハント8巻。やっぱ面白いですね。霊能専門の零課、男女2人と狸のみって完全にSPEC。下巻へ。

  • 図書館より。

    念願の続編!!
    感想は下巻で。

  • やっぱり面白い。続編でないかなぁ。。

  • 本当に怖い。眠れない。
    話の構成、伏線の回収が相変わらず秀逸。
    サスペンス・ホラーとして素晴らしい。

  • 前シリーズを読んでから間が空いているので、3人称にも違和感なく。それよりも漫画版とリライトしか読んでないのでイラストに時代を感じました。ホットパンツ…
    上巻で余計なものをこそぎ落として、下巻はいよいよ真相へ、というワクワク感!

  • ゴーストハントシリーズ続編の上巻。
    絶版になっているので、中古でもいいお値段しますが、それでも読みたくなるのは流石小野先生だと思います。
    (個人的意見ですが、ぜひこちらもリライト版を出版してほしいものです。)

    前作までは一人称、今作から三人称になっています。
    今までは麻衣視点だったものが、三人称になったことで各状況を色々把握できて、物語が広がった感じ。
    これならば女性向けと固定せず、男女問わず薦められるので、とてもいいと思うのですが。

    下巻を読むのが今から楽しみです!

  • 「ゴーストハント」シリーズの続き。
    先のシリーズを読む前に、読んじゃったことがあるんだよなー。
    個人的には麻衣ちゃんの一人称より、三人称のほうが読みやすくていいのだけど。

  • 再読。感想は下巻で。

  • ゴーストハント続編。絶版しているので、隣町の図書館で。感想は下巻で。

    「出て行って、悪いことが起こらないうちに」
    これが、念願のマイホームを手に入れてはしゃいでいた母のつぶやきとは思えない……。このときから、翠の身辺で怪奇現象が始まる。
    なんのためにか、鏡を嵌め込み、塞いだ窓からは、いつも誰かがのぞいている。家の中には姿なき住人の気配。立ち込める腐臭……。
    調査にのりだした渋谷サイキックリサーチだが、そこで麻衣が姿見の向こうに見たコソリの招待とは!?

  • 復刻してほしい

  • ゴーストハントの続編上巻。
    今までのとちょっと感じが違うなと思ったのは麻衣の一人称ではなく三人称で書かれているからだとあとがきを読んで気づきました。最初はなかなか慣れなかった麻衣の語り口調だけど、いざなくなるとちょっと寂しかったり。
    麻衣が立派なSPRの調査員になっててその成長っぷりにちょっと感動。
    今までナルを「おまえ」呼ばわりしてたっけ。こき使われて強くなったのか、それとも読んだのがリライト版なので改定前はこんな感じだったのかな。
    窓が全部鏡になっているなんて想像するだけで不気味すぎる。
    いつものメンバーが揃うのが楽しみ。
    下巻に続く。

  • 表紙と登場人物紹介ページの挿絵から幽白臭がプンプンする。だから、後回しにしてたのよ。小野さん大好きだから中身は面白いはず!
    途中まで一気に読みました。面白い!読みやすい!小野さん、こんな軽いかんじのキャラクター書けたんですね∑(゚Д゚)もう、止まらない。眠るのが惜しい。手にとってよかった!

  • 懐かしい!
    昔、引越しをする時に魔が差して売ってしまって、
    また読みたくなったら買い直せばいいや~なんて思っていたら
    いつのまにやら絶版。
    本編シリーズはリライト・再販されたれど、これは含まれていない
    ようだったので、オークションで探して買い直しました。アホだ。

    キャラクターは個性的で楽しいのに、ストーリーはじっとりと
    染み込むような怖さのホラー。

    家というのは誰にとっても、一番リラックス・安心できる場所で
    あるはずなのに、それが満たされないというのは、本当に怖いと
    思う。

    しかも、ローン組んで買った家がそれじゃあ・・・怖すぎ(笑)

    このシリーズは、もう続きは出ないんだろうなあ。
    読みたいけど・・・

    まあ、それよりも、昔は憧れのオニイサンだったぼーさんが、
    今では年下になってしまった事が、なにより悲しいです。

  • ゴーストハントに続編があったとは…!!

    隣人は時には恐ろしい者に、、

  • ついに広田、正体を明かしやがったな…!と思ったところで上巻は終わり。
    今回もナルの唯我独尊っぷりが炸裂してた。
    徹底的に言い負かさないと気が済まないようで、麻衣はいつも仲裁係でお気の毒さま。
    その合間に安原さんとぼーさんの二人がゆるい感じの会話してて和む。
    ジョンと綾子姉さんがまだ出てこないから、会話の中の元々少ないコメディ分やほのぼの分が足てりない気がしてる。
    とりあえずまだ笹倉夫妻が気持ち悪ってことしか分からず下巻へ。

全141件中 1 - 25件を表示

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする