風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4827人登録
  • 3.99評価
    • (1074)
    • (472)
    • (1080)
    • (7)
    • (0)
  • 309レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1994年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551755

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
荻原 規子
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • 十二国記で今までなく、なぜかページが進まなかった。
    自分でも信じられないけど、途中で挫折しそうになりました(-_-;)

    あとがきで小野さんがかなり苦しみを語っていて
    世界観を表す「言葉」に苦労して、その通り今までと違って
    「十二国記専門用語」が難しくて、ついに昔の読書ノートを
    取り出し人間関係や王や麒麟名、役職名とか相関図を書きながら
    読まないと、頭が混乱してちょっと大変でした(^^ゞ

    例えば・・・和州止水郷都拓峰(←地名)
    峯王仲韃孫健で健仲韃(←王の名前)

    上巻の後半からは一気にスピードが上がり
    いいところで下巻に続くので、楽しみが急上昇。

    登場人物は芳の祥瓊(玉葉)、海客の鈴(才鈴)、景王陽子で
    女子三人のそれぞれの苦悩の物語。
    (まるで作者の苦悩が反映されているみたい)

    後半はあの楽俊が登場し、とってもいいスパイスになります。
    いい味出し過ぎだよ~、楽俊♪
    そして物事の本質ををたくさん読者に投げかけてくるのです。
    一つ一つ心に刺さり、響き、染み渡ります。

    小野さんが悩みながら書きあげているこのシリーズ
    物語を作り上げる苦しみ。

    その分、十二国記の真骨頂であると思いました。
    分からないから、とか難しいからと投げ出さずに
    下巻も一ページずつ噛みしめて、ゆっくり読みたいと思います。

  • 天命により慶の国、景王となった陽子は民の実情を知るために街へ出た。目前で両親を殺され芳国公主の座を奪われた祥瓊は、父王の非道を知り自らを恥じていた。蓬莱から才国に流されてきた鈴は華軒に轢き殺された友・清秀の仇討を誓った。それぞれの苦難を抱いて三少女はやがて運命の邂逅の時を迎える―。
    「BOOK」データベース より

    学ぶところのたくさんある内容.自分の不幸は自分がつくりだしていることが往々にしてある.

  • 本当に辛いなら、苦しい状況から逃げ出そうとする。逃げ出そうとしてないのは、不幸に浸っているだけ。

  • たんなる ファンタジーを越えた物語だと思う

    自分(人間)の中にある
    ねたみ そねみ 人をうらやましがってしまう心
    なげやりな気持ちに
    気付かされてしまう

    いや
    それでも
    やっぱり 生きていくのだ

    読みながら
    自問自答してしまう
    そんな一冊ですね

  • 再読。景王となったものの王としての自信が持てない陽子。海客として才国で現状に不満ばかりを抱いている鈴。元芳国公女としてのプライドを捨てきれない祥瓊。異なる立場と環境にいたはずの3人の少女たちが、図らずも同じように現状を変えるための旅路のなかで、いつしか絡み合うように運命の輪が交錯していく。上巻はそれぞれの我儘や優柔不断、無責任、責任転嫁の応酬に苛々させられるが、ひたすら耐え忍ぶのみ。すべては下巻のため。十二国記はこの物語のためにあるといっても過言ではない。人は変われるのだと教えてくれるはず。

  • 再読。三人の立場の違う娘たち、陽子と鈴と祥瓊の話。誰もが三人のうちの誰かの中に自分を見るんじゃないかな。
    初読の時は自分は鈴に似ているのかなと思っていたけど、今回は祥瓊の部分も結構あるかもと思ってみたり。

    読んでいて結構つらい部分もある。
    そしてこのシリーズの前後篇は、割と場面展開は後編なので、前編は辛いまま終わることが多い。
    けど、後半に転機があると思えるから読み進められる。
    でもやっぱり陽子は好きだ。

    この本のあとがきで、前作の延の主従の話が番外編扱いってあってちょっと驚き。
    本編と番外編の違いを考えると、やっぱり陽子が来てからの十二国の物語ってことなのかな。

  • 自分を憐れんで不幸自慢をしてしまうこと。自分のしてきた事を顧みずに他者を妬んでしまうこと。誰でも大なり小なりそういう気持ちに覚えがあると思う。特に少女という年頃であれば尚の事。そんな2人の気持ちと、色んな人に出会って変化していく彼女たちの成長がすごいと思う。自分だったら、同じ立場だった時にどう考える事が出来るだろうか。
    そして王としてまったく何もできない事に苦悩する陽子。彼女のもどかしい気持ちに感化されてしまって、上巻を読み終えただけでは少しモヤモヤしてしまって、すぐに下巻が読みたくなる作品。

  • 大好きな十二国記だけれど。
    陽子が国王を務める慶国が主な舞台だから本編なんだけれど。
    それでも、この「風の万里黎明の空」編はずっと苦手だった。
    分厚さで言えば「図南の翼」だって同じぐらいなのにも関わらず、再読の頻度は間違いなく後者のが高い。
    それがどうしてなのか、今回の再読でハッキリした。

    鈴や祥瓊の考え方にとにかく辟易するのだ。
    何でも人の所為にし、「私だけが不幸だ」と、人のことを嫉む。
    人の話には耳を傾けないのに、誰かに甘え縋ることしか考えておらず、自分でどうにかしようなどと思いつくこともない。
    私、こういう自分の不遇を呪うばかりの人ってニガテなんだ。

    逆に、采王黄姑や、供王珠晶の言葉には何度も頷く。
    どちらも、100年前後の治世を敷いている善き王なだけに、人として正しい姿だと好感を覚える。
    「幸せかどうかはその人の心が決める」
    「辛いから物を盗んでいい道理はない。同じ労働をしている全うな人たちにこそ慈悲を持ちなさい」
    特に供王の言葉や態度は一見傲慢にも見えるけれども、物事の分別はちゃんと弁えていて筋が通っている。だから見ていて腹が立たない。むしろ胸がすくのだ。

    正しい心の持ちようをこのシリーズは教えてくれる。
    ライトノベルのレーベルからの出版にしては重い物語だけれど、十代の多感な時期にこの物語と出会えたならば、本当に財産になるだろうなと思う。
    私が出会ったのは残念ながら10代ではなかったけれど、それでもこのシリーズは間違いなく私の人生のバイブルだ。

  • 人は辛いことがあると、全てを周りのせいにして自分の行為や不満を正当化する。
    その方が楽に生きられるから。

    そう言われたような内容だった。


    ふと、自分の状況を振り返っている時にこの言葉を思いだして身震いした。


    清秀と鈴の会話で
    『「本当に苦しかったらさ、人間ってのはそこから抜け出すために必死になるんだよ。それをする気になれないってことはさ、ねえちゃん、実は抜け出したいと思うほど苦しくなかったんだよ」(中略)「だったら、話は簡単だろう。ねえちゃん、死ぬ気になるほど辛くなかったんだよ。気持ちよく不幸に浸っているやつに、同情するやつなんかいないよ。だってみんな自分が生きるのに一生懸命なんだから。自分だって辛いのに、横から同情してくれ、なんて言ってくるやつがいたら、嫌になるよ。-当たり前だろう?」』

    まったくその通り。
    この文章を何回も読み込んでいたのに、実際にその場になって経験して振り返ってみないと、共感出来ないなんて!
    何故だか、笑いがこみ上げてきた。

  • 突然放り込まれた人生の流転。
    現在の自分の境遇を受け入れられない3人の娘たち。
    自分はダメな存在だ・・・。
    どうしてこんな目に合うの?
    だが、それぞれがそれぞれの出会いによって
    少しずつ変容していく。
    そして、彼女たちはある地点へ向かって歩んでいく。
    彼女たちが下巻でどうなるのかが楽しみです。

  • 物語の前半、登場人物に苦難が降りかかるのは、「月の影 影の月」と同じ。自己憐憫の情は、誰にでもある。

  •  本って速く読むと入り込む集中力というか、想像が止まなくなって、世界観にどっぷり落ちていく気がします。
     何度も読んでいるから、どんどん読み進められます。
     右も左もわからない朝廷で、何が正しいのかわからない陽子。そんな陽子の味方となる人達と出会う物語です。
     景麒の不器用さ、陽子も真面目だから、2人の関係がもどかしい。でも、景麒は陽子のこと大好きなんだろうなというのが伝わります。(ちなみにここに書いてあることは色恋の話ではありません。)

     <以下引用>
     「知ってなきゃいけなかったんだ。公主の祥瓊より、おいらのほうが芳に詳しい。それって襤褸を着るよりも恥ずかしいことだって、分かってるか?」(上巻p.321)

     楽俊・・・すごい。なんだか私にもグサっときました。知らない、自分さえよければいい、これって自分にもあてはまることだと思ったからです。私は、自分に甘いから、自分を守ることに精一杯でそんなところを反省しました。
     本の登場人物たちのように、自分の弱さ・悪さに向き合えるようになれるかな。

  • 再読ですが、

    ここで終わるのぉおお!?orz
    というタイミングで‥

    引き込まれすぎて
    呆然としたまま
    下巻が‥自宅!
    出先でやきもきでしたorz

  • この話をすっ飛ばして「図南の翼」を読んでたのでやっと時系列が判明しました。「東の海神〜」の400年強後に「図南の翼」その約80年後に「風の海〜」その10年弱後に「月の影〜」か。

    3人の少女が自分の放り込まれた環境に戸惑い憤りながら前に進む話だけど上巻では色々と知って立ち上がるところまで。

  • 再び中嶋陽子さん(*^-^*)
    最初が陽子さんでしたからね、これが一番楽しみだ。
    陽子さんのその後、気になって仕方ない。

    大木鈴、祥瓊という二人の女性と邂逅し、
    物語はクライマックスへ。。。

    この二人の女性が、どう物語に絡んでくるのか
    ヒヤヒヤしながら読み進めて行った。
    何となく二人とも、どことなく棘があり剣呑な雰囲気を醸している。。。

    下巻へ続く。

  • 読み返し。
    最後の軍を制圧する時の陽子が本当に格好良くて好きです。剣術ももちろんなのだけど、それ以上に気持ちの上で強くなった陽子が素敵です。
    それは祥瓊や鈴も。
    楽俊や虎嘯はまた違った強さなのだけれど、それもまたいい強さ。

    毎回この強さが欲しいなって思うのですが、なかなかどうして難しい。

  • 相変わらず人間の痛い所をグイグイ突いてくる物語。
    初めから出来上がっている王様の手腕には惚れ惚れするけど、今から作り上げようとする陽子の苦悩や鈴に祥瓊の想いが分かるし、泥をすするような生き方の辛さが染みてくる。
    清秀の聡明な考えは、どん底を見たからこそ出てくる訳ですごく大人で教えられることが多かった。
    楽俊は生粋のいい人なんだなぁ。めぐりあわせと笑うしかない気持ちが分かったし、捨てて置けないからこそ彼なのだろう。
    暇を見つけては読んでしまう。下巻が楽しみです。

  • 鈴に対する清秀の言葉、祥瓊に対する供王や楽俊の言葉が、

    自分に言われているような感覚だった。

    自分のことしか考えていない幼稚な思考。

    二人は成長して、自分が間違ってたことに気が付いた。
    人のことも考えられるようになった。

    私も成長したい。

  • 世界は一緒なのに、毎回、違うテーマを描ききる十二国記シリーズ。今回は、自己中心性、傲慢の克服か。(上)は読んでいてムカムカ。後半はどうなるか。

  • 感想はまとめて下巻で

  • 下巻にまとめて。

  • 世界の理が分からず、気が付けば官たちの顔色を窺ってばかり・・・このままではダメだと王宮を離れる陽子。海客として流れ着き、二度と故郷に戻れない、誰にも優しくされないことを嘆く鈴。王宮での華やかな生活を忘れられず、自分に向けられる憎しみが理解できずに妬みを膨らませていく祥瓊。「私はこんなにも不幸なのよ」「自分は悪くない。悪いのは他人だ」という鈴と祥瓊の姿にイライラさせられる一方、自分の中の甘えた気持ちを見せられているようで胸が痛む上巻。

  • シリーズ4。陽子が景王になってからの話。

全309件中 1 - 25件を表示

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

慶国に、玉座に就きながらも、王たる己に逡巡し、忸怩たる思いに苦悩する陽子がいた。芳国に、王と王后である父母を目前で殺され、公主の位を剥奪されて哭く祥瓊がいた。そして、才国に、蓬莱で親に捨てられ、虚海に落ちたところを拾われて後、仙のもとで苦業を強いられ、蔑まれて涙する鈴がいた。負うにはあまりある苦難の末に、安らぎと幸せを求めて、それぞれに旅立つ少女たち。その果てしない人生の門が、いま開かれる。

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

ツイートする