風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4806人登録
  • 3.99評価
    • (1067)
    • (470)
    • (1080)
    • (7)
    • (0)
  • 304レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1994年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551755

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • 本当に辛いなら、苦しい状況から逃げ出そうとする。逃げ出そうとしてないのは、不幸に浸っているだけ。

  • この話をすっ飛ばして「図南の翼」を読んでたのでやっと時系列が判明しました。「東の海神〜」の400年強後に「図南の翼」その約80年後に「風の海〜」その10年弱後に「月の影〜」か。

    3人の少女が自分の放り込まれた環境に戸惑い憤りながら前に進む話だけど上巻では色々と知って立ち上がるところまで。

  • 再び中嶋陽子さん(*^-^*)
    最初が陽子さんでしたからね、これが一番楽しみだ。
    陽子さんのその後、気になって仕方ない。

    大木鈴、祥瓊という二人の女性と邂逅し、
    物語はクライマックスへ。。。

    この二人の女性が、どう物語に絡んでくるのか
    ヒヤヒヤしながら読み進めて行った。
    何となく二人とも、どことなく棘があり剣呑な雰囲気を醸している。。。

    下巻へ続く。

  • 読み返し。
    最後の軍を制圧する時の陽子が本当に格好良くて好きです。剣術ももちろんなのだけど、それ以上に気持ちの上で強くなった陽子が素敵です。
    それは祥瓊や鈴も。
    楽俊や虎嘯はまた違った強さなのだけれど、それもまたいい強さ。

    毎回この強さが欲しいなって思うのですが、なかなかどうして難しい。

  • たんなる ファンタジーを越えた物語だと思う

    自分(人間)の中にある
    ねたみ そねみ 人をうらやましがってしまう心
    なげやりな気持ちに
    気付かされてしまう

    いや
    それでも
    やっぱり 生きていくのだ

    読みながら
    自問自答してしまう
    そんな一冊ですね

  • 相変わらず人間の痛い所をグイグイ突いてくる物語。
    初めから出来上がっている王様の手腕には惚れ惚れするけど、今から作り上げようとする陽子の苦悩や鈴に祥瓊の想いが分かるし、泥をすするような生き方の辛さが染みてくる。
    清秀の聡明な考えは、どん底を見たからこそ出てくる訳ですごく大人で教えられることが多かった。
    楽俊は生粋のいい人なんだなぁ。めぐりあわせと笑うしかない気持ちが分かったし、捨てて置けないからこそ彼なのだろう。
    暇を見つけては読んでしまう。下巻が楽しみです。

  • 鈴に対する清秀の言葉、祥瓊に対する供王や楽俊の言葉が、

    自分に言われているような感覚だった。

    自分のことしか考えていない幼稚な思考。

    二人は成長して、自分が間違ってたことに気が付いた。
    人のことも考えられるようになった。

    私も成長したい。

  • 世界は一緒なのに、毎回、違うテーマを描ききる十二国記シリーズ。今回は、自己中心性、傲慢の克服か。(上)は読んでいてムカムカ。後半はどうなるか。

  • 感想はまとめて下巻で

  • 下巻にまとめて。

  • シリーズ4。陽子が景王になってからの話。

  • 「本当に苦しかったらさ、人間ってのはそこから抜け出すために必死になるんだよ。逃げ出さなかったならさぁ、姉ちゃん、本当は苦しくなかったんじゃねぇの?」

  • 燃えた!出会わなきゃわからないことってある。引きこもってたらつまらないね。

  • 自戒に丁度いい。
    どうして、こんなに甘っちくて腹立たしいのに、自分と重ね合わせてしまうような人を描ききれるんだろう。

    読んでよかった。

  • 陽子が王となる前に飛ばされた海客。陽子とは違い、王の傍にありながら様々なことを見なかった、王の娘。そして王となった陽子の苦難。
    三人の少女の話がすごくよく分かるように書かれていて、そして三人が向かう先が段々つながっていく。
    陽子が顔を挙げない官吏たちに悩んでいるのが、すごくよく分かるように書かれている。やはり、面白い。どんどん引き込まれる。

  • 序章というか、伏線というか…なかなか進まなくて、読むのに苦労した下巻。

  • あー、しんどい(苦笑)。どうして陽子の出る巻はこんなにしんどいんだ。
    自身の甘えに気づき認めるのは、とても勇気がいることだ。さらにそこから一歩踏み出すのは、もっとつらい。現状に不満をもつだけなら誰でもできるわけで、それを他人のせいにすればどんなに楽だろうかと思う。だが、そんなふうにして守る矜持にどれだけの価値があるのか……決して性格がよいとは言えない鈴と祥けい(一発で出ない漢字なんだよなあ・汗)だが、陽子も含めて、何にも代えがたい経験を得ようとしている――と呑気に言えるのは、自分がその場で同じ思いをしていないからであり、「あなたもやってみなよ」と追い込まれたらきっと挫折するだろう。その挫折すら、主人公であるがために彼女たちには選べないのだが……大変だわ、これは。
    それまでの自分から抜け出せずにもがく三人の少女が下巻でどう変化していくのか、最後まで見届けたいと思う。

  • 十二国記シリーズ4作目。
    女の子3人が主人公のライトノベルですが、相変わらず萌えもへったくれも無い作風で、人間の本質に切り込んできます。
    王として無事登極したが、女性であることと蓬莱の生まれであることで宮廷内で何となく疎んじまれ、忸怩たる思いの中市井で世間勉強を行う景王・陽子。芳国で、王である父と皇后である母を目の前で殺され、狂おしいまでに悔しい思いの中一般の家で虐められながら暮らすことになった祥瓊。蓬莱で親に捨てられ、蝕に遭い才国で拾われ、仙の元で厳しい生活を強いられる鈴。
    祥瓊は同世代にもかかわらず王という華々しい地位にいる陽子に報復をするため、鈴は同じ卵果でありながら王になっている陽子に助けを求めるため、慶に向かいます。

    萌えもへったくれも無いと書きましたが、嘘でした。楽俊が出てきますね。本作は過去作に比べるとカタルシスが大きいですね。色々な絡み合いが一気に解けて、大岡裁きで一件落着という感じがしました。

  • 異界に流れついて、王となった陽子と仙籍に入った鈴。そして、王である父亡きあと、孤児の村に身を寄せる祥瓊――三人が辿る旅路の行方とは。

    相変わらず容赦ないなという印象。どの娘ももう存分にかわいそうです!
    ただ、世界観の話を聞いているだけでも楽しいというのはこの本ならではだなと思います。

  • 感想は下巻で。

  • 下巻の展開のためにはどうしようもないんだけど、上巻はずっと鈴と祥瓊にイライラさせられっぱなしで辛い。
    特に鈴は身につまされる分辛い。なかなか進まなくて。
    それだけに楽俊や珠晶が出てくる場面は気持ちよく読める。

    良くも悪くも下巻の為の上巻。

  • ちゃんと読み終わる前に2回くらいななめ読みで最後まで読むということをしてしまった。とても読み応えのある物語です。
    主人公の3人は自分の問題に気付いて、進む道を修正できたけれど、自分はどうだろうと考えながら読みました。気付いても直視して自分を変える努力を続けるだけの強さ、私には無いなあ。
    でも、開き直ってしまいたくはないな。

  • 陽子と二人の女の子がキーパーソンとなります。
    陽子はまだ王になって間もなく、何も知らないことを憂いて街へ勉強しに行きます。そこから物語は始まるのですが、なんだか陽子の周りの人やら女の子の周りの人が女の子の気持ちをわかりすぎるような気がします。途中エスパーのごとく気持ちを読み取っていてびっくりしました(笑。

  • 十二国記で今までなく、なぜかページが進まなかった。
    自分でも信じられないけど、途中で挫折しそうになりました(-_-;)

    あとがきで小野さんがかなり苦しみを語っていて
    世界観を表す「言葉」に苦労して、その通り今までと違って
    「十二国記専門用語」が難しくて、ついに昔の読書ノートを
    取り出し人間関係や王や麒麟名、役職名とか相関図を書きながら
    読まないと、頭が混乱してちょっと大変でした(^^ゞ

    例えば・・・和州止水郷都拓峰(←地名)
    峯王仲韃孫健で健仲韃(←王の名前)

    上巻の後半からは一気にスピードが上がり
    いいところで下巻に続くので、楽しみが急上昇。

    登場人物は芳の祥瓊(玉葉)、海客の鈴(才鈴)、景王陽子で
    女子三人のそれぞれの苦悩の物語。
    (まるで作者の苦悩が反映されているみたい)

    後半はあの楽俊が登場し、とってもいいスパイスになります。
    いい味出し過ぎだよ~、楽俊♪
    そして物事の本質ををたくさん読者に投げかけてくるのです。
    一つ一つ心に刺さり、響き、染み渡ります。

    小野さんが悩みながら書きあげているこのシリーズ
    物語を作り上げる苦しみ。

    その分、十二国記の真骨頂であると思いました。
    分からないから、とか難しいからと投げ出さずに
    下巻も一ページずつ噛みしめて、ゆっくり読みたいと思います。

全304件中 1 - 25件を表示

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

慶国に、玉座に就きながらも、王たる己に逡巡し、忸怩たる思いに苦悩する陽子がいた。芳国に、王と王后である父母を目前で殺され、公主の位を剥奪されて哭く祥瓊がいた。そして、才国に、蓬莱で親に捨てられ、虚海に落ちたところを拾われて後、仙のもとで苦業を強いられ、蔑まれて涙する鈴がいた。負うにはあまりある苦難の末に、安らぎと幸せを求めて、それぞれに旅立つ少女たち。その果てしない人生の門が、いま開かれる。

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

ツイートする