風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4626人登録
  • 4.07評価
    • (1151)
    • (363)
    • (975)
    • (5)
    • (0)
  • 259レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (1994年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551786

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • アニメ放送見れば良かった・・・と今頃果てしなく後悔しています(TωT)

    今回は陽子、鈴、祥瓊の女子三人組の物語でした。
    男とはまた違った、たくましさがカッコよかったです。

    3人の接点、3人が出会うまでが長くて、出会ってからは
    話が早く流れていくので、バランスが悪いような気もしました。
    そして専門用語が難しくて、ちょっと大変でした(^^ゞ
    (この点をアニメで補足したかった~)

    革命。明郭の乱。

    ファンタジーよりも政治色が強い巻でした。
    「獣の奏者エリン」で言うなら5巻の内容と似ている雰囲気。

    景麒にまたがる陽子がカッコイイ。
    静かに堪忍袋の緒が切れてしまったところも素敵だし
    勇ましく「伏礼を廃止する初勅シーン」では涙が出てしまいそうに
    なりジーン・・・としました。

    やっと動き出した慶国景王陽子&景麒。
    自信を持って、がんばれ陽子!

    次巻も楽しみです。

  • 上巻とは
    うってかわって

    大ファタジーの要素たっぷり

    どうなっていくのだろう
    小野不由美さんの
    ストーリーテラーとしての筆力が
    全開ですね

    気持ち良く
    最後まで
    引っ張っていかれてしまいました

    あとがき に
    物語の中で「死んで」いく幾多のひとたちに
    弔意を添えておられる
    その姿勢がすてきですね

  • 最初はちょっといらいらしながら見てた少女たちが、どんどん成長してかっこよくなるのは読んでて爽快(^^)
    最後の陽子さんは、何回読んでもかっこよすぎです そこだけ何度も読み返してます 笑

  • シリーズ最初に、
    あっけなくスルーされてしまった
    戦いのシーンですが、
    今回は、徐々に始まるところから
    ラストに至るまで、王道的な仕上がりでした

    バルサか?エリンか?
    ……みたいなところもありましたが(^^ゞ

    陽子は、カッコ良かったです
    初勅がいいね
    鈴や祥瓊の啖呵もすごかったよ(^_^;)
    女の子の活躍する話が続いたので
    違う主人公の話を読もうと思う

  • 上巻ではあれほど周囲の見えていなかった鈴や祥瓊の視野が、出会う人々によって拓けていくさまが爽快ですらある。
    化ける、とも言えるだろうか?
    他者に甘え、誰かが助けてくれるのを待っていただけの鈴。
    自身が行っていた「何もしない」という無責任から目を背け、他人を妬むことしかしなかった祥瓊。
    彼女らが、自分たちの至らなさに気づき、その心根を変えていく姿は、本当にあのころの二人とは雲泥の差だ。

    そして陽子。
    根っから真面目っ子だから、自分が王たるに相応しくないと終始思い悩む。自分の不知を知っているということは大事なことだ。
    その自省があるからこそ、陽子の治める慶国はきっと長い治世を迎えるだろうと、読者の私たちは確信にも近い思いを抱けるのだと思う。
    いなぁ…って思う「風の万里黎明の空」編。

    陽子が麒麟に騎乗し、禁軍将軍を問責するクライマックス。
    射抜く瞳の力強さと醸し出す覇気、語気の毅さ。そして景麒のダメ出し。
    此処だけ何度も読み返してしまう。そのたびに鳥肌が立つ。
    陽子がカッコ良すぎる!

    乱を無事に治め後、古来の儀式をすっ飛ばし、街に下りた際に自分自身が出会った信頼に足る人物を召致し、赤子王朝の布陣を敷いた。
    私はその面々を見て何度も頷くのだ。
    そうそう。
    国を動かすのは、老爺などでなく変わることを恐れない若者でなくては、と。

  • ラストシーンの爽快さは他に追随を許さない。

  • 思わぬ人生の流転に放り込まれた三人の娘たち。
    困惑と苦悩の日々・・・ある流れに巻き込まれ、
    それぞれが考え、成長し、そして遂に出会う!
    さあどうなる?どうなる~?と
    ワクワクさせていただきました。
    他の男性陣がまた、胸をすくような好漢揃いで、
    戦闘シーンはそれぞれの個性が表れて、良かった。
    最後の王宮でのシーンが心地よい。

  • 作者が「あとがき」で書いているとおり、たくさんの人が死ぬ話。圧政に耐えかねた民衆が武装蜂起する話だから仕方がないが、蘭玉まで殺すことはなかろう…などと思うのは、物語にすっかり引き込まれてしまった証拠か。景麒に騎乗した陽子が禁軍の将軍に怒りをぶつける場面がとにかくかっこいい。

  •  本って速く読むと入り込む集中力というか、想像が止まなくなって、世界観にどっぷり落ちていく気がします。
     何度も読んでいるから、どんどん読み進められます。
     右も左もわからない朝廷で、何が正しいのかわからない陽子。そんな陽子の味方となる人達と出会う物語です。
     景麒の不器用さ、陽子も真面目だから、2人の関係がもどかしい。でも、景麒は陽子のこと大好きなんだろうなというのが伝わります。(ちなみにここに書いてあることは色恋の話ではありません。)

     <以下引用>
     「知ってなきゃいけなかったんだ。公主の祥瓊より、おいらのほうが芳に詳しい。それって襤褸を着るよりも恥ずかしいことだって、分かってるか?」(上巻p.321)

     楽俊・・・すごい。なんだか私にもグサっときました。知らない、自分さえよければいい、これって自分にもあてはまることだと思ったからです。私は、自分に甘いから、自分を守ることに精一杯でそんなところを反省しました。
     本の登場人物たちのように、自分の弱さ・悪さに向き合えるようになれるかな。

  • 再読。
    シリーズの中でも
    お気に入りな話。
    とまらない。

    三人がそれぞれ
    旅する中で
    見聞を広め、やがて1つの目的に。

    陽子の初勅。
    すごく響く。

  • 信頼のおける人がどのくらい周りにいてくれるか。
    そのために自分はどうあるべきか。

  • 正体バラしたり協力して内乱を乗り越えたりとサクサク上巻での問題点を解決していって、最後は暴れん坊将軍のような〆。
    お互いの足りない部分を補い合える3人。

  • 慶国物語の後半。

    陽子、鈴、祥瓊、それぞれの物語が一本につながっていく。
    本物の慶王になっていく陽子の姿が圧巻。

    この物語は本当に兎に角面白い。引き込まれ方が半端ない。
    フルタイムで働き、母親もこなす私の少ない時間の中でも、
    一日一冊ペースでとりつかれたように読んでしまう。

    話の面白さはもとより、表現力や文章力、ファンタージーなのに凄い筆力。
    この作家さん凄い。

  • 話した事がないもの同士が、察し合っている。
    陽子に対するショウケイがまさにそういう感じで、何も言わなくても理解してくれたんだと嬉しくなった。楽駿は出るだけでほっとする。
    3人共、「自分で動いた」巻だった。

    時代が、反乱軍と切り捨てた中にも、彼らなりの正義や言い分があったんだろうなと思ったりした。

  • 水戸黄門と仰ってる方がいらっしゃって確かに。と頷けました。
    蘭玉の死が悲しく、兵として死んでいった登場人物たちに「不甲斐ない王ですまない」と言った陽子の心情はいかばかりかと思います。
    一度旨みを知った人間がいるかぎり、きっと第二、第三の昇絋が生まれるのは必至でしょう。
    ひとつの地に反旗を翻す為にはあんなにも多くの血が必要で、自分の目で見た陽子の想いは推し量るくらいしかできないけど、想像を掻き立ててくれるから小説が好きです。

    景の民全員が王となって欲しい、の言葉に陽子が景をどんな国にしたいかと思う行く末が見えた気がしました。

  • 再読!
    あ〜やっぱり面白い!読み応えある!最後が本当に清々しい!

  • 陽子の信念と采配に最後は感涙。今までの十二国記の集大成とも言える巻だった。登場人物、場面が多く、途中まで読むのが大変だったが、読後は最高だ。

  • 陽子を含めた三人の少女の視点から慶という国を見る話。

    ファンタジーなのに、現代に生きる人間には耳が痛い話が多い。
    結局人間は自分が一番かわいそうと思う生き物だから。

    (個人的に他の人も苦しんでるんだから、自分一人が不幸と思うなっていう理論は乱暴だとおもう。
    それを言ったら100人の地球村と同レベルだとおもうから)

    ただ、相変わらず出版社を良い意味で間違えている内容です(褒めてます)
    今後の景王に期待!

  • 初め何の関連もなかった3人の少女の物語が、進むに連れ絡み始め1点に収束していく壮大な感じがとても良い。
    各々が周りの助けを得ながら徐々に成長していく、ファンタジーの王道のようなお話だと感じた。
    少し説教臭いというか、人を諭す・導く言葉が直接的に出てくるところがある。終盤の展開も含め、いい意味で水戸黄門的。
    終盤に向けた盛り上がりは素晴らしく、読後の高揚感は忘れられないものがあった。

  • 陽子・鈴・祥瓊の成長が素晴らしい。
    鈴と祥瓊は上巻とは別人のよう。本当の美しさとは華やかな衣装に身を包んだり、地位の高さで決まるものではなく、目の前の現実や自分の弱さと向き合い、闘う心の強さなのだと思う。また人は、心の持ちようで変われるのだということを教えてくれる。
    「月の影」からその成長を追ってきた陽子には気持ちの入り方も特別で、この作品で新たな成長を遂げる姿を見られることがとても嬉しい。迷いながらも自分なりの答えを見つけ、凛々しく言葉を放つ対禁軍~初勅のシーンには鳥肌が立った。

  •  鈴もしょうけいも、自分の考えが間違っていたことに気が付き、陽子も、閣僚たちに踊らされたことに気が付く。
     この巻で3人が大きく成長したなと思いました。

  • 陽子が「王」になった。
    国がどうあるべきか、を自分の中で明確にできた。

    三人とも成長し、感謝と謝罪を自覚し心が外向きに広がってきた。
    立派に成長したなぁw

  • 陽子を中心とした人々が、集まっていくという形がすごくよくわかっていく。
    これから三人の少女がどうなっていくのかすごく楽しみ。そして陽子が掲げた初勅にすごく感動した。
    初勅を言い渡した陽子を見て「衣食足りて礼節を知る」という言葉が浮かんだ。

  • 読み進めてよかった!と、思える内容。
    登場人物が入り乱れていて、混乱したが、とてもおもしろかった。
    これが今のところシリーズの中で一番おもしろい。

全259件中 1 - 25件を表示

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連する談話室の質問

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

景王-陽子は、官吏の圧政で多くの民が重税や苦役に喘いでいることを漸く知り、己の不甲斐なさに苦悶していた。祥瓊は、父峯王が、簒奪者に弑逆されなければならないほど、国が荒んでいることに気づかなかった自分を恥じていた。鈴は、華軒に轢き殺された友・清秀の命を守れなかった自分に憤り、仇討ちを誓った。-それぞれの苦難を抱えた三人の少女たちの邂逅は、はたして希望の出発となるのか。

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

ツイートする