緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)

  • 816人登録
  • 3.47評価
    • (60)
    • (105)
    • (240)
    • (19)
    • (3)
  • 76レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山内 直実 
  • 講談社 (1997年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062552943

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館より。

    パラ見してしまっため、読まずに返却。

  • 2015年8月9日読了。
    嫌な感じ、を描くのがお上手である、やはり。
    長年のファンであるのに読んでいなかった、反省。

  • ラノベのホラー。
    和泉の正体が途中で想像ついてしまった。
    殺人鬼との格闘シーンは立ち位置がイマイチわかりづらい。

  • 「どっかさ、明るいところに遊びに行こうぜ」
    和泉はキョトンとぼくを見た。
    「――ぼくと?」
    2015/03/17-03/23

  • 昔住んでた地域に戻り、一人暮らしを始めた主人公だが、その借りた部屋はなんとなく嫌な予感がして、昔いじめられて死んでしまった同級生がかかわっているという話。ティーンズ向けだからかもしれないが、ライトな感じで早い段階で和泉の正体がわかってしまった。でもホラーな描写とかはさすがなのでドキドキしながら読めました。

  • ホラーノベルゲームみたいな。
    こちらはほとんど手直しをしていない、と後書きにあって、十七の春と比べてなんとなく納得しました。
    小野主上の幽霊には哀しさがある…。

  • たまたま本屋で、ライトノベルの棚の近くに行ったので。
    十二国記シリーズを見かけて、そういえば小野さんはもともとX文庫で書いてたんだったなーなどと思いつつ、「小野不由美」の一角を眺めて、なんとなく買ってみた本。

    よくある、都市伝説的な怪談モチーフをこれでもかこれでもかと散りばめたホラー小説。若年齢の女子を対象にした文庫であることを考えると、これ読んだ子は夜眠れなくなるんじゃないかと心配してみたり。

    まぁ、私はオトナだからそんなことないけどね……なんて思っていたら、誰も居ないのに台所で「だしパック」の袋が棚から急に落ちて(ガサッ)、猫と2人(?)で思わずびくんとなりました(本当)。

    それはともかく。小さな(怖い)モチーフをつなぎ合わせて伏線にして、いろいろな怖さが同時進行でどんどんと積み上がっていく感覚と、怖さそのものもどんどんグレードアップしていく感、単純に怖がらせようという目的のためにもっとも効果的な手段を選んでいくテクニックは、すごいなと思いました。

  • 読みのがしていた小野作品を救出してきた。
    大多数の人にとっては安息の地であるはずの<我が家>。そこが人ならざるものに侵されてしまったら……? 系ホラーは大好きなので楽しんで読めた。ホラーに限らず自分の家はほんとうに安息の地か、という純文学系統の葛藤もやっぱり好きなモチーフだなと再確認。
    延々と不気味な落書きを続ける子どもがいちばん怖かったかな。超自然的な怖さも生きている人間の怖さも味わえる。
    最後は切ない。まだ自覚のない子ども時代の過失が鮮やかな傷となって顕現化する分、過ぎる十七の春よりも切なく感じた。

  • 読み逃していた小野作品。
    ミステリ的に言うと「忘れられた事件」モノです。
    うむ怖いw
    子供の頃に何年か住んでいた、通り過ぎたような土地に、大人になってから再び住んでみると、懐かしさと共に、じわじわと嫌な記憶が蘇ってきたりする。
    転勤族だから、人ごとじゃないんだよぅwwww

  • 園児が少しづつ迫ってくるシーンが一番の恐怖でした。
    でもそれだけで終わらないのが小野不由美作品。

    その人には何気ない、無意識的なことであったとしても
    当人には忘れられない思い出になる、そんな切なさがある。
    その切なさはラストの「緑の我が家」で尚、引き立つ作品。

全76件中 1 - 10件を表示

緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)の作品紹介

浩志は、父親の再婚をきっかけに家を出た。壁に囲まれた路地を入り、「緑の扉」を開いた浩志を迎えたのは、高校生の一人暮らしには充分な広さの部屋と、不可解な出来事。無言電話、奇妙な落書き、謎の手紙etc.そして、「出ていったほうがいいよ」と呟く和泉少年の言葉が意味するものは…。嫌がらせ?それとも、死への誘い!?-怖い-。しかし浩志の家は、もはやここしかない!息をもつかせぬ本格ホラー。

ツイートする