黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 4641人登録
  • 3.88評価
    • (835)
    • (477)
    • (1082)
    • (19)
    • (2)
  • 205レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (2001年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

全205件中 1 - 25件を表示

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

登極から半年、疾風の勢いで戴国を整える泰王驍宗は、反乱鎮圧に赴き、未だ戻らず。そして、弑逆の知らせに衝撃を受けた台輔泰麒は、忽然と姿を消した!虚海のなかに孤立し、冬には極寒の地となる戴はいま、王と麒麟を失くし、災厄と妖魔が蹂躙する処。人は身も心も凍てついていく。もはや、自らを救うことも叶わぬ国と民-。将軍李斎は景王陽子に会うため、天を翔る!待望のシリーズ、満を持して登場。

ツイートする