華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)

  • 4587人登録
  • 3.79評価
    • (683)
    • (533)
    • (1129)
    • (20)
    • (4)
  • 268レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (2001年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555739

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戴国王驍宗の命で漣国へ赴いた泰麒を待っていたのは。芳国王仲韃への大逆の張本人月渓に慶国王陽子から届けられた親書とは。才国の宝重華胥華朶に託された理想の王国への憧憬の行方は。そして、陽子、楽俊、十二国はいま―。あなたの心をふるわせ胸を熱くする十二国記珠玉の短編集。
    「BOOK」データベース より

    いろんな教訓がつまっている一冊.

  • それぞれ懐かしい人たちが出てきて、読んでて楽しかった。「華胥の夢」で批判するのは簡単だが答えがわからないのなら批判する権利はない?的なところがあって、すごく感動した。確かに自分もしてしまっているような気がする。最後の章で、利公が慶は楽しみだと言っていて、安心した…。奏の人たちは協力しあってるからこそあの国ができていて、雁は延王や延麒が部下たちを信用してるからこそあの国ができているのだと思う。どの国もそれぞれのやり方を自分たちで見つけて国をつくっている=個性も協調性も大事なのかなぁと思った。

  • 寄り道しつつ、半年くらいかけて十二国記既刊読み終えましたので、ひとまず記録。
    今までなんで手をつけなかったのか!というくらいおもしろかったです。
    やっぱり小野不由美さんはすごいな。
    これでもかというほどファンタジーなのに、ふしぎな現実感のある、設定の緻密さがたまらないです。何と言っても人物がみんな魅力的。
    ホワイトハート版の絵も好きです。

    続きはいつになるのでしょうね!

  • (もう何度も読んでいるのだけれど、新潮社から再刊されるので十二国記シリーズを再読しているところ。)
    しかし、これを読んでしまえば、
    十二国の続きが(Yomyomに掲載されている短編しか)ない。
    泰麒の、泰王の、ひいては戴国の行方は?
    己の身の丈を知っている陽子は、慶国をどういうふうな国にしていくだろう?
    気になることは多すぎて、悶々とすること必至。

    そう思うと、なかなか手が伸びないのです……

  • 図南の翼とあわせ、凡百のビジネス書よりずっとすばらしいですね。
    率いるものとしてなにをすべきなのか、発行時よりむしろ現在にこそ読むべき良書だと思います。

    作中にある「責難は成事にあらず」という言葉は、はからずも現実が証明してしまったようにまさに至言でした。
    安易な非難に迎合しがちな僕らにとって、常に胸中に置くべき言葉であると思います。

  • 再読です。十二国記の短編集。
    初めて読んだ時は、長編の十二国記に慣れていたこともあって「十二分におもしろいけど、なんだか物足りない」と思っていたのに、久々に読んだらいまだに余韻が抜けないくらい夢中になりました。
    強く待ち望んでこの短編集を入手したのを覚えていますが、それすらもう、10年前に刊行されたものなんですね。

    改めて読んで惹きこまれた要素は、どの物語にも共通して存在する高いメッセージ性でした。十二国記は世界観も登場人物もとても魅力的ですが、それだけじゃなくこんなにも心に訴えてくるものがあるからこそ、根強い人気があるのかもしれないと思いました。

    「冬栄」
    大役を担っているのに、何もできない自分。
    悩む泰麒の物語。廉王の温かな人柄とお言葉に心が温かくなりました。
    ああそうか、なんだそんなシンプルなことなんだ、と泰麒に感情移入していたせいか涙が出そうなくらいほっとしました。

    「乗月」
    大逆を犯した芳国の月渓が登場します。
    十二国記好きの私からすれば、知れて嬉しいサイドストーリーでした。
    いろいろと救われるお話。人は、変われるものですね。

    「書簡」
    陽子と楽俊の文通。そしてそれぞれの生活を綴ってます。
    どんな環境にいても前向きに生きることの素晴らしさを垣間見た気がします。
    現状を嘆いて愚痴をこぼし合うより、二人みたいな関係が素敵だと心から思いました。

    「華胥」
    理想の国を目指し、正道を歩もうとした才王の物語。
    とても、はっとさせられました。間違っていないことが、正しいことじゃない。
    「―責難は成事にあらず」  泣きそうになりました。

    「帰山」
    延王と利広の友情物語。
    こんな接点があったとは、と嬉しく思いながら読みました。
    王になることの果てしなさを知り、改めてすごい世界だと感じました。
    帰る場所があるのは、本当に大切なことだと思います。


    ああ、やっぱり十二国記大好きだなと、心から思いました。
    新刊が出てくれたら嬉しいなあ。

  • 『責難は成事に非ず』 中学生の頃に読んで以来、ずっと座右の銘になった言葉はこの本からいただきました。

  • 十二国記シリーズの短編集。時系列・登場人物はバラバラではあるけれど、すとんと話に入っていけるのはさすがです!

    「責難は成事にあらず」。

    これはその短編のひとつ、「華胥」からの一節。
    意味は文字の通りです。読んだらよりしっかり分かると思います。

    読み返すたび、この言葉にはっとさせられる。
    私を含め、責難を成事(時には政治)と勘違いしている人の多いことか。

    小野さんは本当に人間というものをじっくり見ているんだなと思う。
    美化するでもなく厭世感に浸るでもなく、ただただ「人間」というものを書き出すからこそ、何度も読んでしまうのかも知れない。

  • 十二国記短編集。
    この時にこの国ではこんなことが起こってたのね、とわかる一冊。
    「責難は成事にあらず」、この言葉がすごい心に残った。

    これで今のところ刊行されている全ての十二国記を読み終わってしまった…。
    これはみんなが続きを!と待ち望む気持ちがわかるわ。

  • 「帰山」の二人の応酬がイイ。
    破格と呼ばれる時間を生きてきたから、大概のことは乗り切っているという言葉がとても頭に残った。
    ならば奏はどんな試練を乗り切ったのだろう?

    「華胥の幽夢」の、
    『そうー正道は自明のことに見えた。なぜなら、扶王が道を失っていたから、扶王の行いは即ち悪だと明らかだったからだ。朱夏らは夜を徹して扶王を責め、国のあるべき姿を語り、華胥の幽夢を育んだ。(中略)
    安直な確信に基づく二十余年、砥尚と共に築いてきた王朝は、扶王の王朝よりも脆かった。』
    大笑いした。
    改めて読み返すと身震いする。いろんなところにこういう言葉を散りばめて、ファンタジーを書くなんて凄いな。
    ファンタジーって何だっけ?と思う内容だ。

全268件中 1 - 10件を表示

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)のその他の作品

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)に関連する談話室の質問

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)に関連するまとめ

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)を本棚に登録しているひと

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)の作品紹介

「夢を見せてあげよう」-しかし、荒廃と困窮を止められぬ国。采王砥尚の言葉を信じ、華胥華朶の枝を抱く采麟の願いは叶うのか。「暖かいところへ行ってみたくはないか?」-泰王驍宗の命で漣国へと赴いた泰麟。雪に埋もれる戴国の麒麟が、そこに見たものは。峯王仲韃の大逆を煽動した月渓は、圧政に苦しむ民を平和に導いてくれるのだろうか。陽子が初めて心を通わせた楽俊は、いま。希う幸福への道程を描く短編集。

ツイートする