華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)

  • 4565人登録
  • 3.79評価
    • (678)
    • (531)
    • (1127)
    • (20)
    • (4)
  • 264レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (2001年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555739

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
小野 不由美
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

  • 短編集で、それぞれの話は時代も場所もばらばら。それぞれいい話なんだけど、長編で読みたい話ばかり。もっともっと書いて欲しいものです。特に陽子の慶と泰麟の戴の先行きがとても気になる。

  • 短編嫌いがこんなところにも表れてしまった。。。

    もっとある国ならある国に没頭したいなぁ。
    楽俊の話が一番良かった。
    やっぱり自分は陽子さん、楽俊贔屓のようだ。

    泰麒の物語も好きだ。
    真っ直ぐな心がとても心地が良い。

    華胥の夢のタイトルにもなった「華胥」は自分的にはもう一つだった。
    兎に角切ない。国を自分の会社だと思って読み入ってしまった為、光ある結末でなくてちょっとだけ落胆。。。
    いやいや、物語はどれを読んでも本当に素晴らしい内容ばかり。
    小野先生の物語や文章は、最高に面白い(*^-^*)

  • 時代が変わったそれぞれのその後だったり、初めて触れる国の話だったり。
    楽俊と泰麒が可愛いです……癒し……。
    病に倒れた麒麟を見るのは悲しくて寂しかったけど、相変わらず力強いメッセージが込められていました。

  • 短編集の、泰麒がかわいいし幸せなので、逆にいろいろつらい!と思わずにいられない…。楽俊と陽子のお互いに頑張ってる姿勢がすごく好きでした。タイトルにもなっている華胥は本当に痛ましいけれど、だからこそまっすぐすぎるお話なんだな、と感じました。最後の利広のお話の、死なない王朝はない、っていう言葉に薄ら寒さを覚えたのはなんだろう。終わってしまうことが恐ろしいのかな。

  • それぞれの国の個性、理念、誇り。
    どの話も「王様」と「国の在り方」について考える。どうすればよかったのか?って。「冬栄」「乗月」はなんでか切なく読んだ。
    「華胥の夢」…伏線はあったけど、これこそ天とはなんなのかーって思う話でした。最初から王に向いてなかったなんて。器たり得たけど、ってことなのだろうか?
    芳…早く新しい麒麟が生まれるといいな。
    大国奏は大変だなあ、全部の国を気にかけてる感。慶を褒めてて嬉しくなる。
    久々の楽俊がとてもとても可愛かった。陽子ちゃんとマブダチすぎるよ。

  • 「責難は成事にあらず」
    今の政治家に言ってやりたい。

  • 短編集。中でも表題の華胥の幽夢が考えさせられる。批判は事を成さない。現場を忘れて夢に溺れるな。次は乗月。指導的地位への自覚のあり方。最後の帰山も国家の盛衰論として興味深い。

  • それぞれ懐かしい人たちが出てきて、読んでて楽しかった。「華胥の夢」で批判するのは簡単だが答えがわからないのなら批判する権利はない?的なところがあって、すごく感動した。確かに自分もしてしまっているような気がする。最後の章で、利公が慶は楽しみだと言っていて、安心した…。奏の人たちは協力しあってるからこそあの国ができていて、雁は延王や延麒が部下たちを信用してるからこそあの国ができているのだと思う。どの国もそれぞれのやり方を自分たちで見つけて国をつくっている=個性も協調性も大事なのかなぁと思った。

  • 奏の人々の、世界を俯瞰している感じが割と好き。

    「確信犯」という言葉を作中で使っていたけれど、なんだか現代の法律用語のようで、ほんの少し違和感を持った。

  • 短編集
    短編なせいか他の作品ほどのボリュームは感じられない
    それでも十分面白いけど

  • シリーズ7、5つの短編集

  • 順番が逆〜!!
    学生のときに読みかけたままで読み終わってなかった〜!!
    ようやく!!何年ぶりだろう。

    丕緒の鳥のあとだから、余計にわかる話。柳…。
    華胥が一番読んでられない。
    帰山は懐かしい二人でほっとする。
    乗月も懐かしい。慶を支える人たちは、いいなあ。芳の仮朝、王が現れるまで良くなることは決してないのに、それまで支えていかなくてはいけない、せめて緩やかに沈むようにと国を導いていくのはどういう気持ちだろう。
    書簡は、陽子がんばれ!楽俊かわいい!二人ともいいやつだなあ。
    冬栄。戴について、記憶があやふやなのであまり何も言えないけど…泰麒はかわいいなあ。自分の役目をわかるのってほんとうに難しい。はやく、戴の続きを知りたい。

  • 短編集。その中でも華胥の幽夢が一番好きかな。王が道を失う話。自民党を批判することで支持を得た民主党があっさり斃れたように、責難は成事にあらず。それに、一人ひとりの考え方は違う。

  • 短編集。12国それぞれの国情が描かれている。なんだか、複雑な気分になる。「理想」と「現実」が違ってくるのは、仕方のないこと。人によって、「理想の国」が違うことも、またしかり。しかし、それでも国を作り上げ、民を納得させなくてはならないとは、困難な仕事。もっとわかりにくいのが、「天意(?)」という考え方。そもそも、王にふさわしい人が、国に一人しかいないとはかぎらないのでは?つまり、「天意」は、あってなきがごとし。解釈する側しだいということか?それはともかく、陽子とラクシュンの友情には、今回も感動した。

  • 責難は成事にあらず
    =責難するは容易い、けれどもそれは何かを正すことではない

    華胥の話が印象に残った。
    何か大きな間違いを侵した訳ではないのに、上手く国が回らなくなってしまった。
    増税すれば民は困窮するが、減税すれば国庫は減る。それは民の為にはならない。批判するのではなく、適正な税率、税制を考えていくべきだった。

    大切なのは、自分の確信を疑い、正していくこと。

    色んな国の様々な政治、国の在り方、失敗を見れて興味深かった。

  • 短編集。懐かしのキャラ,語られなかった国の話、出てきます。
    どうせライトノベルなんだから、この短編一作で一冊出してしまってもいいのにってくらい一作一作の内容は濃いですね。
    短編一作で十二国記一冊分レベルの後読感が得られるので、大変お得な短編集だと思います。

    本作内でも記述があったのですが、柳について、ちゃんと語られる日はくるのかしらん。

  • 十二国記の短編集。
    主な国以外の内容が書かれていました!懐かしの楽俊も出てきてまた最初から読みたくなりました!

  • 再々読。
    何度読んでも、泰麒は可愛い。
    月渓カッコイイ。陽子ナイス。
    利広いい!風漢もさすが!!

  • 色んな国の短編集。

    他の国の裏側や諸事情が垣間見えて
    中々に面白い一冊でした^^
    相変わらずシビアで凹みそうになるけど
    やっぱり十二国記はそこが面白い!

    一人一人の考え方の違いや価値観も
    丁寧に描かれてて流石小野不由美!と
    思わせる一冊でもありますよ。

    新刊買いに行かなきゃ。

  • 責難は成事にあらず

  • 十二国記の短編集。
    主な国以外の内容が書かれていました!懐かしの楽俊も出てきてまた最初から読みたくなりました!

  • 短編集。でも普通なら「華胥」だけで1冊になりそう。
    他の作品が割とほのぼのしてるだけに、采麟が可哀想でたまらなかった。政治を行うとはどういうことか、っていうちょっとむずかしめのテーマ。結局は砥尚の遺言にすべて帰結するのだろうけど。ここから黄姑当極までの物語も読みたい。
    「冬栄」はひたすら泰麒がかわいく、正頼が素敵で、漣主従がいい人。戴が本編で酷いことになってるだけに、ほっこり。
    「乗月」は月渓の複雑な心境。青辛登場。月渓ならば王不在の芳の荒廃を最小限にとどめてくれるんじゃないかという期待。
    「書簡」陽子も楽俊もお互いに分かったうえでの労わり。それぞれに少し心許せる相手が出来ていて一安心。
    「帰山」は好きな登場人物2人の絡み。利広も尚隆もお互いがやりやすいように分かっててやってる。奏の一家は麒麟まで入れてほのぼのしてるのがたまらん。結果、お父さんがそれでも1番ちゃんと王様してるのがたまらん。

  • 泰麒の素直さに心が痛むよぉ~(T_T)

    月渓は、仲韃を尊敬していたのに
    ゆるせなくなっていったんだな
    人間ってうつろいやすいものだから
    そういうことってあるんだな
    悲しいけど

    空元気もきっとわかってる
    楽俊と陽子の関係っていいな

    サスペンスIN十二国記(^^ゞ
    青喜が事件を解決!なんちゃって

    利広再び
    奏は、ホームドラマ(笑)
    風漢って?!

  • だんだん慶と載が中心のエピソードが増えているところで、うれしい番外編。特に、畑仕事にいそしむ廉王が好ましい。ここにきて登場人物の多さに四苦八苦してくる。このあとが刊行されていないので、覚えていられるか

全264件中 1 - 25件を表示

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)に関連する談話室の質問

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)に関連するまとめ

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)を本棚に登録しているひと

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)の作品紹介

「夢を見せてあげよう」-しかし、荒廃と困窮を止められぬ国。采王砥尚の言葉を信じ、華胥華朶の枝を抱く采麟の願いは叶うのか。「暖かいところへ行ってみたくはないか?」-泰王驍宗の命で漣国へと赴いた泰麟。雪に埋もれる戴国の麒麟が、そこに見たものは。峯王仲韃の大逆を煽動した月渓は、圧政に苦しむ民を平和に導いてくれるのだろうか。陽子が初めて心を通わせた楽俊は、いま。希う幸福への道程を描く短編集。

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)の文庫

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)の文庫

ツイートする