炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)

  • 59人登録
  • 3.27評価
    • (3)
    • (4)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岡野麻里安
制作 : 穂波 ゆきね 
  • 講談社 (2005年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062558051

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)の作品紹介

忍の百日百夜の清めの儀式も、とうとう終盤に差しかかってきた。だが、香司との別れを考えると、それさえも素直に喜べない忍。そんな折、行方を晦ませていた香司の婚約者・蝶子が突然、御剣家に舞い戻り、忍の立場は危うくなる…。高慢な蝶子との諍い、香司との感情の行き違い、鏡野綾人の微妙な接近。さらには、百鬼夜行の騒ぎに乗じて、野望を抱く綾人の叔父・継彦が忍の生玉を狙うが。

炎と鏡の宴 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)のKindle版

ツイートする