繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)

  • 50人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (8)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 本宮ことは
制作 : 池上 紗京 
  • 講談社 (2006年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559126

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

本宮ことはの作品一覧

本宮ことはの作品ランキング・新刊情報

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)の作品紹介

聖獣を使役する古の技を探るために、古文書を解読しようと考えたアリアは、オレリーを自分の師と仰ぎ必死で学問三昧の日々を送る。一方、ディクスは、奇妙な発明ばかりしているパジャンの説く、「精霊の力を借りない世界」という考えに心惹かれつつあった。そして、王立騎士団に戻ったライルを待っていたものは、突如現れた聖獣の巫女姫であるアリアの情報を引き出そうとする、王家の執拗な問いであった-。

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)はこんな本です

繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)のKindle版

ツイートする