巫祝の系譜 鹿鳴館のアリス (講談社X文庫ホワイトハート)

  • 18人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (0)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮乃崎桜子
制作 : 宝井 理人 
  • 講談社 (2007年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559683

巫祝の系譜 鹿鳴館のアリス (講談社X文庫ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

宮乃崎桜子の作品一覧

宮乃崎桜子の作品ランキング・新刊情報

巫祝の系譜 鹿鳴館のアリス (講談社X文庫ホワイトハート)の作品紹介

藤原不比等の末裔に、稀に不可思議な能力を持って生まれる「呪われた自然力を持つ子羊」、通称アリス。小宮山悠季も『八将神の扉』として、特殊な能力を持つアリスだった。自分の運命を信じられない悠季。だが、その力を利用しようとする何者かに襲われる。悠季を護るための異能を持つ大徳寺明煕との関係、行方不明の悠季の母、悠季を狙う組織、もつれた糸は解けるのか?いよいよクライマックス。

巫祝の系譜 鹿鳴館のアリス (講談社X文庫ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする