迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 49人登録
  • 3.68評価
    • (4)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 井上直久
  • 講談社 (2002年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (105ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062565950

迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に登録しているひと

迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)の作品紹介

「どの駅からでもいいのよ、ここからも行けるわ」少女の声には不思議な響きがあり、まるで歌のようで、聞きなれぬ音がいっぱいあるのに、懐かしい気がするのです。僕はなにか大事なものを見ているのに、そのものの意味がわからない人のように、胸が騒いで、足ががくがくしてくるような気がしました。-カエルやモグラのような男や人魚だった女性が私たちの街にいる。読み終えればそんな心持ちになる、物語と絵の邂逅。

迷路の街で聞いた話 (講談社プラスアルファ文庫)はこんな本です

ツイートする