知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

  • 2613人登録
  • 3.76評価
    • (180)
    • (265)
    • (284)
    • (24)
    • (11)
  • 210レビュー
著者 : 苅谷剛彦
  • 講談社 (2002年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062566100

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーマス・フリー...
A. トフラー
デール カーネギ...
トーマス・フリー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

  • 考えるためのツールを具体的に提供してくれる。
    問いを立てる、で終わらずどのように立てるかの道標があってわかりやすい。
    クリシンに似ている。互いの理解を補完できていい。

    ①知的複眼思考とは?
    ②複眼思考を身につけるには?
    ③問いの立て方とは?


    1、ありきたりの常識や紋切り型の考え方に捉われずに、物事を考えていく方法
    2、「常識」に捉われないためには、何よりも、ステレオタイプから抜け出して、それを相対化する視点を持つことが重要
    3、知識も大切だが、「正解」がどこかにあるという発想からは複眼思考は生まれない


    1、多面性に注目・分解し、その要素間の関係を考える
    実体論→関係論
    2、意図せざる結果を見つける(「にもかかわらず」を探す)
    √副産物、副作用への視線
    √抜け道の誘発ー裏をかく人々への視線
    √小さな出来事大きな意味
    √当たる予言、外れる予言
    3、問題を問うことを問う(問題の捉え方をずらす)
    メタの視点に立つ
    「何が問題か?」ではなく、「なぜ問題になったか?」を探ることで、その問題が問われる文脈に目を向ける
    ex.パソコンを使いこなすにはどうしたらいいだろう?→なぜ今、パソコンを使いこなす必要があるのか?
    √「ある問題を立てることで、誰が得をし誰が損をするのか?」問題を取り巻く利害関係を捉える
    √「問題が解けたらどうなるか?」考える


    ・6つのなぜ
    →よく言われること。だが、最初のなぜに対する答えの方向がずれていると、どんどん変な方向へ深掘ってしまう
    ・なぜという問いからの展開
    1、因果関係を問う
    〈原因と結果の関係を確定する原則〉
    √原因は結果より先行しなくてはならない
    √原因の現象も結果の現象も変化している
    √原因以外の他の要因が影響しない
    2、疑似相関を見破る(=重要だと思っていたことを疑似相関と見抜く)
    同じ原因、違う結果/違う原因、同じ結果の事象を探す
    「なぜ?」という問いを「◯◯はどうなっているか?」に置き換える
    ビッグワードを禁止する

  • 教育学を教え大学教育について考えてきた教授は、論文を執筆するだけでなく講義でもその考えを実践してきた。常識やハウツー的マニュアルに頼るのでなく、自ら考える能力はどうすれば形成できるのか?ありきたりなステレオタイプから抜け出し、知識や情報に振り回されない視点とはどのように身に付けられるのだろうか?そのアプローチを、学生に伝えるために丁寧に、丁寧に解説していく良書。

    いや、正直そんな新しい発見は無かったんですよ。「書く事で考える」「問いの立て方を掘り下げる」「逆説や関係論的な見方をする」そういった思考法ってこれまで無意識にやってたりするんで。でも、その個々の要素をこれだけ体系的に、きちんとその理由も説明していくことでいままで点で理解した事が面で見えてくる感じ。そして身に付け方についても、基礎から発展の流れできちんと教えてくれる。

    最後に。本書では複眼的思考を身に着けるための方法として「批判的読書」を薦めている。それは、手に取った本を初めから非難するような気持ちで接するのではなく、著者と対等な立場になって考える道筋を追体験し、その上で自分だったらどうするかという代案を出す行為だ。そう、この本に対していかに批判的読書を行えるのか?これが、読了者に対する卒業試験だ。

  • 実践できてるかは別として、内容はそこまで目新しい考え方ではなかったなぁ。考え方が順序だてて説明されているがためのこのボリューム。丁寧だけど、丁寧すぎると見る人もいるかも。

  • タイトルに魅かれて買ったけど、相当ひどかった。久しぶりに、文書力のない、読みにくくしかも中身もそう魅力的でもない、正直くだらない本を読んだと感じた。
    私はすでに著者がドヤ顔で主張している、

    本を読むときは著者と同等の立場で読むこと
    批判的な見方をすること、鵜呑みにしないこと
    ステレオタイプにはまらないこと
    物事の二面性、多様性を重視する

    全て実践してるからかもしれない。だけど、私は時々こういう、ーの方法、読書のススメ のような本を斜め読みして、ウンウンと頷きそうだよねと納得しながら再確認して読むけどこの本は読んでてイライラした。
    まずは文書力、説明力がない!!!!最初に、著者の使う単語や用語を簡潔にようやくすべき。内容もなんだか著者の自慢が多いし、この本自体ステレオタイプだった。
    定価で買って損した 早く古本に売りたい。

  • 物事を深く考えていくには「常識」などに捕らわれた一面的な思考から脱却し、様々な問いや視点を駆使して多面的にとらえることが必要不可欠である。
    では、そのような多面的な物事のとらえかた――すなわち「知的複眼思考法」ができるようになるにはどうすればいいかを懇切丁寧に解説する本。

    第一に読書の効用を説き、読書をする姿勢においても「批判的読書」「創造的読書」が大切であることを解説する。
    その後、読書で培った複眼的思考を議論や時事問題へ適用し物事の理解において「問い」を立てることの重要性とどのような「問い」が求められるのかを述べている。
    最後は「問い」に対してもメタ的な思考を養い、多面的にとらえるために立てた「問い」そのものが新たな硬直や偏見を生み出してはいないか、それを考えていく方法について書かれていく。

  • 読書術,思考に関する方法論の記述がためになる。
    「本でなければ得られないものは何か。それは,知識の獲得の過程を通じて,じっくり考える機会を得ることにある―つまり,考える力を養うための情報や知識の格闘の時間を与えてくれるということだ」(p. 70)
    エッセンスが同書に数多く含まれているので,再読に値する書。

  • 思考力、判断力を鍛えるには?ステレオタイプの単眼思考を避け、複眼思考を身につける。複眼思考を身につけるには?情報を正確に読み取り、論理をきちんと組み立てる。1章、批判的読書の効用。2章、文章を書くことで論理的表現を身につける。3章、考える筋道としての問い「なぜ」。4章、物事の二面性、多面性を捉えるための方法。要再読。

  • 答えるのではなく問う

  • ハウツーはともかくとして、思考停止しないこと、マジックワードに惑わされずに自分の言葉で考えること、問いを発すること、などなど。当たり前だけれどそれが難しい。
    質問はありますか?と言われて、誰も何も言わないことが多い。話を聞いてなかったのか、と思われるようなくだらない質問をするのは論外だけれど、それってあまりに何も考えてないみたいじゃないか、と思ってしまう。
    テレビというメディアを、受動的だからと敬遠したこともあったけれど、読書だって読み終わっても何も考えなければ同じだなあと反省した。
    96年とかだいぶ前の本だから、いまのツイッターとか震災後のあれこれを踏まえたらどういう論旨展開になったのかなーと。他人の言葉を簡単に引用して、他人の言葉に影響されてるひとがあまりに多いんじゃないかな。自分も然り、だけれど。
    TLで流れてることを受けて、それに関してツイートするだけって、なんか自分では何も考え出してないみたい。

    まあとにかく、思考停止しない、鵜呑みにしない、なるほどとすぐ納得しない、が理系大学生としての当面の目標だな!

  • パワーフレーズ
    「それは、考える力ーーあるいは、考え方のさまざまなパターンを身につけたということです。」

    実例を踏まえての物の見方を丁寧に解説した一冊。解説というより実戦書とも言える。少し実例の中の論理展開に思わずなんの本を読んでいるか忘れてしまうが、書いてあることはシンプルに本質を突いていると思う。

  • 卒論に向けての課題図書。これで基本的考えと基本的思考ツールを獲得した後に,思考の実践を重ねなければ,いつもの通りの常識的単眼思考に陥るだろう。その意味では批判的思考をしなければならない課題を突きつけていくことが制度としているだろうな。
    この本のいいところは,「問いを立てる,問いを問う」ところを強調している部分。自らが問いを立てて吟味していく立場になった学生には単に論理的に,批判的に思考しましょうよりは訴えるものがあるだろう。

  • クリティカルシンキングとか流行っている今日この頃では、何となくわかっていることが書かれているなという印象なんだけど、その「何となく」の部分を明記してくれているという点でよい本だとおもう。

    以下自分なりに理解したポイント。例えはすべて自分が思い付いた卑近で極端な例。

    複眼的思考というのは問題を「ずらして考えてみる」ことによって、言葉や概念にとらわれず複数の視点から自分なりの考えを展開すること。

    ・概念化された言葉に疑問をもち、ずらして=言い換えてみる。

    たとえば、「女子力の低下が問題」っていったら女子力ってなに?家事ができること?恋人がとぎれないこと?と考えるとか。
    (一方で、あえて概念化することで複数の問題にひそむ本質をとらえられることもある)
    ○○化という言葉に置き換えて、○○化するとはどういうことかを考えて概念をとらえなおしてみることも有効。

    ・時間軸や立場をずらして考えてみる。

    例えば、家事ができることを女子力ととらえるなら、
    「30年前の家事ができない人は女子力弱いってことになるの?」
    「結婚している人で家事ができない人は女子力弱いといわれるの?」
    「シンガポール人は殆ど外食で食事を作らないといわれてるけど女子力弱いの?」とか、ずらして考察してみると面白い論点がうまれるかもしれない。

    ・なぜ、なぜという問いを続けて問題をずらしていってみる。

    「なぜ女子力をつけないといけないの?」→「じゃないと今の世の中結婚できない」→「なぜ結婚しないといけないの?」とか。これは極端か(笑)。

    ・にもかかわらず、という言葉がつなげる事象の関係性に注目してみる

    「女子力の低下が叫ばれるにもかかわらず、ひとりあたりの交際人数は増加している」とか。あ例えが変。

    ・それを問題にすると得する人、損する人を考えることで、埋もれがちな背景をほりおこすこともある。

    「女子力」で料理学校とエステの人がもうかるとか、エッセイが売れるとか。隠れている「概念化」されたものの理由に気づくかもしれない


    まあそんな感じで、なにかの問題を考えるときには何となく意識してることなんだけど
    どれかは忘れてることがあるなあと思い勉強になりました。

    ちなみになぜこんな例えばかりかというと、図書館で同時に「婚活時代」を借りたから。
    司書さんがイケメンだったので、差し出した本の一番上がせめて婚活時代でなくこっちの本だったら良かった。でも婚活時代読んでたら、単眼的なほうがお嫁にいけそうな気もするよ!と、イケメンにロックオンしてしまった私は思うのでした。
    うーん、やっぱりこの本の本質を私は理解できてないですね(笑)。

  • 数年ぶりに再読。今回の方が前回よりも衝撃度が大きいかも。
    「批判的思考」という言葉は使っていないけれど、中身は100%批判的思考について書かれている。難しい言葉は一切なし。どこまでも具体的で、だからこそ恐ろしいほどわかりやすい。そして著者がいかに優れた頭脳かも、やっぱ恐ろしいほどわかる。

    高校生以上の人には必読の書ですよこれは。

  • 「知識があればわかる」・「調べればわかる」という知識の獲得(または、必ず一つの答えがあるという正解信仰の呪縛)によってではなく、どうすれば知識と思考とを関係づける(結び付けて)思考法。留学経験等を通じて著者が得た、知識の運用、思考法について、読書、作文、展開、複眼(多面的・逆説的・問題を問う)思考の4つの側面から実践的説明を加える。

  • 他人の意見に流されたり、世間で言われていることに追従するだけになっていませんか?「自分のアタマで考える」とはどういうことか今一度問い直しましょう。
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50072108&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 抽象的に書けばもっと薄い本になって伝わりやすかったんだと思うが、とことん具体的に書きたかったんだろうな。

    なぜの繰り返しと
    論点の項目の大きさを意識することからはじめる

  • 10年ぶりに再読。平易な説明だけど実践するのは簡単ではない。とりあえず辻褄が合っていれば、それ以上考えずに良しとしてしまっていた。 
    複眼思考が何のために必要なのかはあまり掘り下げて書いてないけど、創造力や独創性のためだと思う。なぜ副題に「誰でも持っている想像力のスイッチ」とこそっと書いてるだけなんだろ。 
    特に参考になったのは、
     ・概念はサーチライト
     ・一般化や抽象化することでステレオタイプを回避
     ・実体論だけでなく関係論で多面的に
     ・「行為の意図せざる結果」から逆説を発見する

  • 「自分で考える」ことはどういうことなのか知りたかったのでこの本を読んだ。

    参考になったのは3章の問いの立て方と展開の仕方である。
    「どうしたらいいか」と漠然と考えるのではなく、「なぜそうなるのか」を考え、要因を複数挙げたあとで「どうなっているのか」で果たしてそれが本当に正しいのか・整合性があるかを検証するという展開の仕方は検討する上で参考になった。

    考えるのが楽しくなる良著。行動派の人は読んだら思考と行動のバランスが良くなると思う。自分も意識して事実・結果の原因を突き止められるように考えていきたい。

  • 題名で煽ってるような未知の素晴らしい何かがあるわけではない。とはいえ今まで感覚的に実行していたことを改めて認識させてくれた。もちろん新しいこともあった。内容のわりに分量が多い気もするが、例文がたくさんあるので理解が進みやすいか。

  • 「論理的思考力ってなんだ?」キャンペーン第一弾(正確には大学時代に読んだ野矢茂樹『新版 論理トレーニング』及び『論理トレーニング101題』も下敷きになってるので第二弾だけど)。

    そもそものきっかけは「論理的思考力」という単語の定義がいまいちよく分からなかったこと。なんとなくこうだよね、というコンセンサスはあるかもしれないけど、その時々で、使う人によって定義の違うビッグワードな気がしてならなかった。ロジカル/クリティカル・シンキングや「批判的に見る」といった用語も本質的には同じ。


    この本の趣旨に従えば、このアプローチはひとつの正解、ということになる。ビッグワードは便利なのでよく使われるし、したがってステレオタイプ、常識や固定観念の温床になりやすい。

    定義もわからずに使っているもんだから、アッという間に「何かを言っているようで何も言ってない」発言ができあがる。「ロジカル・シンキングは社会人の必須スキルです」なんてのも教科書的例文に入るかもね。

    このあたりはまだ無自覚なだけマシだけど、たとえばこれを操作すれば、全く別物のAとZを、ビッグワードの定義をスライドさせて共通項にくくる、なんてこと(無理やり式にすれば、「A=B,B'=ZよりA=Z」にでもなるだろうか。Bが定義のあやふやなビッグワードだ)も可能になる。


    長々と書いてきたけれども、このあたりは恐らく「批判的」と呼ばれている範疇に含まれること、かなー。

    事あるごとに帰ってきたい、と思わせてくれる良書。



    ※※※自分用メモ※※※
    第一章 創造的読書
     ・著者と同じ立場に立つ―あらゆる文章には試行錯誤の過程がある。行間を読みながら読書することによって思考するための「間」を作ること。
     ・批判的に読む―著者のねらいは何か。論理構造はどうなっているか。著者が前提としているのは何か。

    第二章 考えるための作文
     ・論理的な文章を書く―書くという行為は、思考やアイデアに明確な形を与えるという役割を持つ。接続詞の働きを常に意識することで、文章の中の論理を明確にする。
     ・批判的に書く―ある主張に対し、異なる複数の立場から反論を書く(ひとりディベート)。視点が変われば前提が変わる。それはとりもなおさず、著者が前提としている「常識」をあぶり出す作業になる。

    第三章 問いの立て方、展開の仕方
     ・「疑問」から「問い」へ―疑問は、「問い」に形を変えて初めて考えるための材料になる。How?(=調べることで答えを探し出せる問い)とWhy?(=考えるきっかけとなる問い)の2つが必要。

     ・Why?―Why?はそれ単体で次の問いに繋がる。因果関係を見つけ、擬似相関を見破る。
     ・問いの展開―Why?とHow?の組み合わせで、ただWhy?を連発するだけでなく、新しい視点をもたらす。また、問いをブレークダウンする作業も重要。

     ・「概念」を利用する―個別具体的なケースを一般化して考えることができるのが「概念」。概念は常に定義を意識しなければビッグワードになりやすい。ステレオタイプに繋がりそうな単語は「禁止語」にする手法が有効。
     ・概念を利用した問いの展開―複数のケースを比較することで、一般化された「概念」を導くことができる。概念レベルで得られた因果を他のケースに適用する(=検算)。

    第四章 複眼思考を身につける
     ・関係論的なモノの見方―一つのモノが、複数のモノの間の関係によって意味付けされている、とするモノの見方。第一歩になるのは、問題の要因/要素を分解し、それぞれの要素の因果関係を考える作業。そのほか、プロセスとして捉える(「◯◯化」)方法も。
     ・逆説の発見―「にも関わらず」に着目する視点。思いもよらない副産物、抜け... 続きを読む

  • さまざまな視点から本を読み考えなければならない。今までに何度も聞いた。鵜呑みにしてはいけない。これもそうだ。しかしどうすればいいのかはわからなかった。この本には具体的なやり方が書いてある。自分は前半だけでお腹いっぱいなので後半はさらりと流してしまった。読書に対する姿勢、考え方を見直すために一度読んでみることおすすめです。

  • 著者とかかわりながら読書するコツ
    ・「なるほど」
    ・「ここは鋭い」
    ・「納得がいかない」
    ・「どこか無理があるな」
    ・「その意見に賛成だ」
    ・その意見に反対。自分の考えとは違うな」
    ・「著者の意見は不明確(あるいは、あいまい)だ」
    ・同じような例を知っている」
    ・「自分の身の回りの例だとどんなことかな」(実際に思いついた例を書いておく)
    ・「例外はないか」
    ・「見逃されている事実や例がないか」
    ・「これは他の人にも伝えたいエピソードやデータだ」
    ・「もっと、こういう資料が使われていれば議論の説得力が増すのに」
    ・「なぜ、こんなことがいえるのか」
    ・「自分ならこういうことばを使って表現するな」(そういう場合は実際にそのことばも書いておく)
    ・「この表現は難し過ぎる」

  • まずまずの内容。劇的な効果はないが役立つ

  • 考えるのが苦手で感覚的に生きてるな…という反省の意味をこめて読みました。考えたい。

全210件中 1 - 25件を表示

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)に関連する談話室の質問

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)に関連するまとめ

苅谷剛彦の作品一覧

苅谷剛彦の作品ランキング・新刊情報

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)の作品紹介

常識にとらわれた単眼思考を行っていては、いつまでたっても「自分の頭で考える」ことはできない。自分自身の視点からものごとを多角的に捉えて考え抜く-それが知的複眼思考法だ。情報を正確に読みとる力。ものごとの筋道を追う力。受け取った情報をもとに自分の論理をきちんと組み立てられる力。こうした基本的な考える力を基礎にしてこそ、自分の頭で考えていくことができる。全国3万人の大学生が選んだ日本のベストティーチャーによる思考法の真髄。

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)はこんな本です

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)のKindle版

ツイートする