宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)

  • 69人登録
  • 3.37評価
    • (2)
    • (3)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 塩原 通緒 
  • 講談社 (2000年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062572934

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • ちょっとデータは古いですが、ささいな宇宙への疑問や、惑星から太陽系、銀河にブラックホール、相対性理論などの質問にわかりやすく答えてくださってます。

  • [ 内容 ]
    インターネットに寄せられた疑問の中から、だれにも訊けない宇宙の不思議に一問一答。
    地球・太陽・月・小惑星から、ブラックホール、ホワイトホール、ビッグバン、宇宙の膨張、特殊相対論と一般相対論まで、「なぜ」という疑問から宇宙の謎を解き明かす。
    現代宇宙論の決定版。

    [ 目次 ]
    第1章 太陽
    第2章 太陽系
    第3章 惑星
    第4章 地球
    第5章 月
    第6章 流星と彗星
    第7章 恒星
    第8章 太陽系外の惑星系
    第9章 ブラックホール、ホワイトホール、ワームホール
    第10章 銀河系とその他の銀河
    第11章 ビッグバンとそれ以前
    第12章 宇宙の膨張
    第13章 特殊相対論と一般相対論
    第14章 宇宙物理学
    第15章 宇宙旅行
    第16章 奇妙な光景
    第17章 望遠鏡と天体観測

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • うーん…。何かくだらない質問もあるので、質問は200くらいでいいようにも思いますが、まぁ、それを除けばいい本だと思います。個人的には、宇宙が閉じていようと開いていようと結局生物が存在できる環境は時間的に限られている、ということが書かれてあったのが衝撃でした。高校生のころに読んだことが、その衝撃を増幅させたのでしょうが。

全3件中 1 - 3件を表示

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)の作品紹介

インターネットに寄せられた疑問の中から、だれにも訊けない宇宙の不思議に一問一答。地球・太陽・月・小惑星から、ブラックホール、ホワイトホール、ビッグバン、宇宙の膨張、特殊相対論と一般相対論まで、「なぜ」という疑問から宇宙の謎を解き明かす。現代宇宙論の決定版。

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)はこんな本です

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)のハードカバー

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)のペーパーバック

宇宙300の大疑問―何から何まで、だれもが知りたい宇宙の謎 (ブルーバックス)のハードカバー

ツイートする