死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)

  • 69人登録
  • 3.39評価
    • (4)
    • (6)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 東嶋和子
  • 講談社 (2000年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062573092

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • フォトリーディング。死因の列挙。事典と言うだけあって、資料的な漢字。速読だから読むが、本来なら読まなくても良い本。むしろ読みたくない。
    高速リーディングで読了。

  • 死にゆく人がかならず通る道すじ。生きている奇跡に感謝。

    死因というと、変死・監察医、といった連想をしてしまいますが、まっとうな普通死(?)が当たり前なんですね。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4062573091
    ── 東嶋 和子《死因事典 20001120 講談社新書》ブルーバックス 20011019
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20121015 謎の事件簿
    20131225 23:04 241res 148res/h 1.8% ▽【尼崎連続変死】男性虐待死、
    角田美代子元被告と親族ら8人全員不起訴「死因不明で詳細解明できず」
     
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131224/k10014053891000.html
    20131224 21:12 45res 1.6res/h ▽【医学】阪大が「死因究明学」新設へ
     
    (20131226)
     

  • [ 内容 ]
    昨日まで元気で、今日眠るように死ぬ。
    ピンピンコロリと逝きたいが、人生そううまくはできていない。
    病死、事故死、中毒死から、人には言えぬ腹上死まで、あなたを待ち受けている運命は?
    死の心構え、できていますか。

    [ 目次 ]
    第1章 子供が老人になる!
    第2章 勤勉な執事 心臓
    第3章 未知なる自己 脳
    第4章 不死の細胞 がん
    第5章 悲鳴をあげる心
    第6章 死にとりつかれた人びと 自殺と安楽死
    第7章 ふりかかる災い
    第8章 新たなる脅威 感染症
    第9章 時代と死
    第10章 不老不死は夢か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ブルーバックスらしく、死亡率の推移や死因別の死亡率など、きちんとデータを示し、心臓・脳・ガンなどの疾患や、自殺・事故・災害など、個々の死因の解説をしている良書だと思います。しかし、如何せん2000年初版発行なので内容が少々古かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)に関連するまとめ

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)の作品紹介

昨日まで元気で、今日眠るように死ぬ。ピンピンコロリと逝きたいが、人生そううまくはできていない。病死、事故死、中毒死から、人には言えぬ腹上死まで、あなたを待ち受けている運命は?死の心構え、できていますか。

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)はこんな本です

死因事典―人はどのように死んでいくのか (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする