高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)

  • 232人登録
  • 3.62評価
    • (15)
    • (23)
    • (38)
    • (2)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 竹内淳
  • 講談社 (2002年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062573832

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 高校電磁気学の体系がいまいち掴めないでいたので、読んでみました。
    高校電磁気学で学ぶ、クーロンの法則や、電磁誘導、右ねじの法則などが、マクスウェル方程式の式に対応している様を見せてもらうことができます。
    マクスウェル方程式の4つの式と、ローレンツ力を学べば、高校の電磁気学の回路以外の部分はだいたい理解できることが分かり、非常に見通しが良くなりました。
    本としては、なんとなく読み進めていくと、消化不良に終わってしまうちょっと難しい本だと思います。
    腰を入れて読む本ですね。

  • 電磁気学の本質的部分がわかりやすく説明されている

  • 非常にわかりやすい。同じ著者のシュレディンガー方程式に比べると数学的にも話を追いやすい。高校で物理選択の理系だった方なら通読に苦はないと思う。

  • 素晴らしい! 苦手な電磁気学がわかった!

  • 【配置場所】工大新書B【請求記号】427||T【資料ID】91020885

  • 一通り電磁気学んだ後に読むとものすごく分かり易い。

  • 電磁気がどんなものか、すごく簡単な理解ができる。ある程度数学を勉強した人ならば読み解いていくことが可能だろうし、理論体系化にまつわる歴史も知ることができるので読んでいて楽しい。導入として最適だと思う。ただやっぱり著者は文章を書くのが専門ではないので少し読みづらい箇所もあると思うが、些細なことなので星5つ。

  • 順番が逆だけれど、量子本でシュレーディンガー方程式をみてからこちらを。これは高校の時にならった物理の内容に近いので、比較的わかりやすかった。マックスウェルの方程式って偏微分の形で書かれるとわけわからないけれど、こういう意味だったのね、と思えました。

  • 電磁気学の歴史を追いながらマクスウェル方程式を理解できる。
    複雑な計算などはなく、簡単に理解していくことができる。
    イメージで現象を捉え、それを数式で簡単に表すのでわかりやすい。
    逆にわかりやすく書きすぎていて、ある程度の理解があると少し読みにくい部分もある。
    マクスウェル方程式の積分系のみ記述されており、微分系には全く触れていない。
    電磁気が苦手な人にとっての取っ掛かりに調度良いが、より深く学ぶことはできない。

    難易度は5段階評価で1。

  • 電磁気を表す4つのマクスウェルの方程式を高校数学程度の知識を持っている人間にわかり易く説明した本である。ただ、周回積分などの知識を使わなければならず、それであればベクトル解析を説明してから教えたほうが近道のような気がした。しかしながら、電界は放射状に伸び、電荷を中心とした球の表面の電荷は半径にかかわらず一定であることや、磁束線は閉じているということを、磁石のそばに置いた球の表面の磁束戦の合計は0であるということについて、棒磁石のN極側だけを囲えば0ではなくなるのではという疑問に対して、棒磁石の周りの空間の磁束線はN極からS極に伸びているが、磁石の中ではS極からN極に伸びており結局は0になるのだといった、少し踏み込んだ疑問にも答えておりわかり易かった。

  • 適切な図、数式の解釈、論の展開、小話のおもしろさ。「高校数学でわかる」シリーズは文字通り、高校数学をマスターしている人であれば、間違いなく理解できる書物だ。

    ・今日の電気のプラスとマイナスはフランクリンが決めた。
    ・ファラデーはクーロン力も万有引力も近接作用で理解できると考えた。
    ・空間そのものが電気や磁気を伝える媒体である
    ・これ以上分解して理解することが不可能な基本的な関係=法則
    ・磁束が時間変化すると、そのまわりに電界が生じる
    ・P158 マクスウェルの方程式(4つ)
    ・マクスウェルの予言:電磁波の予言
    ・光にとって相互作用の少ない媒質:ガラスなど
    ・3色を組み合わせて作った「黄色」と、ほんとうの「黄色」の光の波長は違っている。人間の目にそう見えるだけ。
    ・単位だけの計算:次元解析
    ・P212 内積を使ったマクスウェルの方程式

  • 高校生の時、読んでみて本当に分かりました。

  • 電磁気の振舞を記述したのがマクスウェルの方程式です。
    高校生が理解しておくと、その後世の中に出ても、
    無線、ノイズなどよい面も課題も明確になります。

    本書では、高校数学で分かる範囲内で解説しようとしている。

    基本的に、マクスウェルの方程式は微分方程式になる。
    個々の現象を、それぞれ定性的に説明してもよい。

  • 4本のマクスウェル方程式の内容を、高校物理の知識のみで解説する。親切なのはマクスウェルの各方程式を、高校で習う電磁気学の法則と並べて表記するところ。これにより概念把握が容易になり、あとは順を追って式変形するだけでマクスウェル方程式までたどり着ける。一度覚えてしまえば、いつでも方程式を再現できる。
    本書で基礎を学び、ベクトル解析の知識を加味すれば、マクスウェル方程式に関しては、ほぼ完璧となる。良書です。

  • 第1部 エレキの謎を探る旅
    平賀源内の挑戦
    クーロンの秘密兵器
    ファラデーの登場
    もう1人の天才、アンペール
    最後の壁、電磁誘導
    第2部 電磁気学の統合
    マクスウェルの方程式
    電子のベール
    無限のバトンリレー
    エレクトロニクスへ
    第3部 旅の終わりに

  • 高校生から大学生初学者むけ。

    電磁気を学ぶうえでネックとなる場の数理をほとんど用いずに説明しているため、電磁気を現象として理解できる。

    最終章で述べられていた日本人の発表態度の悪さと質疑応答の重要性については反省すべき点も多いので心に留めておきたい。

  • [ 内容 ]
    電気発見の歴史をたどりながら、電流、電圧、電界、磁界、磁束密度、静電容量…、そしてマクスウェルの方程式が見通しよく理解できる。
    電磁気学を学びたい人、学びはじめた人、しっかり原理を知りたい人の絶好の入門書。
    高校生から。

    [ 目次 ]
    第1部 エレキの謎を探る旅(平賀源内の挑戦 クーロンの秘密兵器 ファラデーの登場 もう一人の天才、アンペール 最後の壁、電磁誘導)
    第2部 電磁気学の統合(マクスウェルの方程式 電子のベール 無限のバトンリレー エレクトロニクスへ)
    第3部 旅の終わりに

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • この本を読んだあと、1アマの試験に出る問題でマクスウエルの方程式のどれに当てはまるかなど考えることができました。
    私のHPの更新履歴のNo155、156にあります。(2006年1月)


  • 平賀源内のエレキテルからマクスウェルによる電磁波の発見まで、電磁気学の基礎を非常に分かりやすく説明している。良い復習になったと思う。

  •  簡易な数学(とはいっても、積分は必要ですが)を使って、マクスウェル方程式を紐解こうという本です。
     基本のおさらいとしてもちょうどいい本です。

  • たしかに高校数学程度があれば十分に理解できるよう書かれた本ではあったけど、実際高校生がこの内容を理解できるかと言うと必ずしもそうでは無いような…。どっちかと言うと、大学生でマクスウェル方程式の意味がわからない人向けかもしれません。

全22件中 1 - 22件を表示

竹内淳の作品一覧

竹内淳の作品ランキング・新刊情報

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)の作品紹介

電気発見の歴史をたどりながら、電流、電圧、電界、磁界、磁束密度、静電容量…、そしてマクスウェルの方程式が見通しよく理解できる。電磁気学を学びたい人、学びはじめた人、しっかり原理を知りたい人の絶好の入門書。高校生から。

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)はこんな本です

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする