温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 桜井 邦朋 
  • 講談社 (2004年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062574426

温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 著者はアメリカの物理学者。素粒子の理論物理学の専門家として知られており、ノーベル物理学賞受賞者であるエミリオ・セグレ氏の甥にあたる。本書は、人間生活の基本的な単位である温度をとりあげ、温度にまつわるいろいろなエピソード、科学的な歴史から現代抱えている環境問題まで、幅広い分野の話を紹介している。長さや時間が過去何千年にわたって理解されてきたのに、温度を測れるようになったのはここ200から300年ほど前のことであり、著者はこの温度に魅了されている。日本語訳も読みやすく、この種の本の中では出色の作品だった。

  • [ 内容 ]
    数千年も前から使われてきた「長さ」や「時間」に対して「温度」はつい300年ほど前にようやく測定できるようになった。
    膨張宇宙論が証明されたのも、量子力学が確立したのも、温度の測定によるところが大きい。
    この現代科学に欠かすことができない尺度である「温度」を道案内役にして、物理学のみならず、気象学、生物学にいたるまで様々なふしぎな現象に迫る。

    [ 目次 ]
    第1章 三七・〇度C
    第2章 尺には尺を
    第3章 地球を読み解く
    第4章 極限状況下の生命
    第5章 太陽からのメッセージ
    第6章 量子飛躍

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする