なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)

  • 35人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 武蔵工業大学 
  • 講談社 (2004年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062574518

なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • はかってわかる意外な事実
    「はかる」ことから物事のしくみがよくわかる
    光の速さ、石油の埋蔵量、地球の平均気温、会社の価値、人間の知恵、運動神経、星の年齢はどのようにはかるのか。人間、もの、地球、情報、環境、社会の視点から世の中のさまざまな現象をはかってみると、いままで知らなかった自然の原理が見えてくる。

    ●飛んでいる飛行機の高度はどのようにはかるの?
    ●地球の重さはいま何キログラム?
    ●カーナビでどうして自分の位置がわかるの?
    ●二酸化炭素の発生量はどのくらい?
    ●あなたはあと何年生きられるの?
    ●人が一生の間に移動する距離は地球何周分?

    第1章 はかる歴史/第2章 人間をはかる/第3章 ものをはかる/第4章 地球をはかる/
    第5章 情報をはかる/第6章 環境をはかる/第7章 社会をはかる

     雑学事典だ、という批評もあるが、「はかる」ということで人間を,社会を,自然を見直すことにもなっている。非常に面白い切り口で、人間と自然を語っているのは秀逸。

  • 1話3-4p程度にまとめて、各種測定法を概括した本。人口の定義や、騒音について誤解していた点を理解できてよかった。あくまでも概括なので、掘り下げるには他書が必要だが、ガイドにはなっている。

  • [ 内容 ]
    光の速さ、石油の埋蔵量、地球の平均気温、会社の価値、人間の知恵、運動神経、星の年齢はどのようにはかるのか。
    人間、もの、地球、情報、環境、社会の視点から世の中のさまざまな現象をはかってみると、いままで知らなかった自然の原理が見えてくる。

    [ 目次 ]
    第1章 はかる歴史
    第2章 人間をはかる
    第3章 ものをはかる
    第4章 地球をはかる
    第5章 情報をはかる
    第6章 環境をはかる
    第7章 社会をはかる

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)の作品紹介

光の速さ、石油の埋蔵量、地球の平均気温、会社の価値、人間の知恵、運動神経、星の年齢はどのようにはかるのか。人間、もの、地球、情報、環境、社会の視点から世の中のさまざまな現象をはかってみると、いままで知らなかった自然の原理が見えてくる。

なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする