競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)

  • 83人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (13)
    • (15)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
制作 : JRA競走馬総合研究所 
  • 講談社 (2006年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062575164

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ウォルター・アイ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 家内の仕事柄というわけでもないのですが、なんとなく店頭でとった一冊。
    文字どおり「科学的」に競馬を分析しています(大分理系よりですが)。

    というか「競走馬総合研究所」なんて部門があるのですね。

    そちらの部署が、元は雑誌などに寄稿した文を集めたとかで、
    私のような理系の素養が無い人間にも、わかりやすく伝えてくれています。

    馬の生態、調教手法の発展やその根拠等々、非常に興味深く読めました。
    あと、種付けの論理的分析など妙に生々しくて、結構エロスも?

    ん、「競馬」の発展に、競走馬を科学することで寄与しているだなぁと。
    さて、今年も春競馬が始まりますよっと。

  • 競走馬の歩法、骨格、蹄から栄養、病気、馬場、種付けまで詳しく説明してある。実に勉強になる本。

  • 馬の体の仕組み、起こりやすい病気やけが、リハビリシステム、馬場の構造に至るまで幅広く色々学べる一冊。競馬から馬に興味がわいた人はぜひ読んでほしい推薦本。

  • 競馬に興味が無いくせに何となく手に取ってみた本ですが、
    競走馬について科学的に説明しており、想像以上にのめり込める本でした。
    競馬に興味がある人にとっては、必読書とも言える本ではないでしょうか。

    あくまで「競走馬」の本であり、「競馬」の本ではないことに注意。

  • 競馬というより、理科(生物)好きとして萌え萌えです。

  • 途中から本当に難しくてよく分からなくなった。もっと統計的な情報があればよいのに運動科学的側面のみだったのは面白くない。

  • 馬券に絡まないかもしれない競馬の知識 JRAの競争馬総合研究所による競争馬の生態やレースを科学的に分析し解説した本。
    純粋に競馬という競技を楽しみたい人向けで、競馬の興行については触れられていない。馬という動物に興味があり、その生態や競馬という競技との科学的な関係について書かれた本なので、純粋に競馬を楽しみたい人には面白い内容だが、競馬をギャンブルとして考える人にはつまらないかもしれない。
    でも競馬を楽しみとするのであれば、一読しておく価値があると思います。

  • 最初に書くと<BR>
    <BR>
    「馬券には一切役に立ちません」( ´∀`)<BR>
    <BR>
    タイトルや著者でも判るように、
    <BR>
    「競走馬はなぜ速く走るのか」とか、<BR>
    「速い馬は他の馬と何が違うのか」とか<BR>
    「競走馬の身体の仕組み」などを<BR>科学的に書いてあります。<BR>
    <BR>
    他にも馬場の仕組みとか、矯正具の効果とかも解説してあるので<BR>
    競馬をスポーツとして見る人には<BR>
    ためになる一冊だと思います。<BR>
    <BR>
    個人的には面白かった。

全8件中 1 - 8件を表示

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)はこんな本です

競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする