高校数学でわかる半導体の原理―電子の動きを知って理解しよう (ブルーバックス)

  • 157人登録
  • 3.66評価
    • (9)
    • (14)
    • (18)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 竹内淳
  • 講談社 (2007年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062575454

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

高校数学でわかる半導体の原理―電子の動きを知って理解しよう (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • テレビのリモコンがこんな原理だったなんて!

  • トランジスタの意味(整流、増幅、スイッチ)から始まって半導体の原理が数式と図式を通して、理解できた。「高校数学でわかる」シリーズの相変わらずの好著。

    P59の状態数と状態密度の出し方が、通常の説明とは順序が逆になっているようで、理解が私には難しかった。具体的には、「あるエネルギー状態での電子状態の数を表す関数をN(E)とおくと、エネルギーの幅ΔEの間にある状態の数はN(E)・ΔEなので」の「N(E)・ΔEなので」が自明では無かった。

  •  半導体についての全体像を知ることができた。今後、他の半導体についての本を読んだとき理解が深まりそうだと思った。
     半導体の仕組みは、目に見えない構造を自由に操っているみたいで凄かった。

  • 高校数学で分かる、なので専門外の技術者向けの半導体物理入門書にいいと思います。
    私は機械系出身で量子力学の経験がなかったのですが、半導体物理の専門書を読んで分からなかった部分がとても分かりやすく書いてありました。
    また、機械系には馴染みのないドリフト電流と拡散電流、電子やホールの移動度などの言葉もしっかり記述してあって、良かったと思います。
    非電子系にはオススメです。

  • 半導体は難しいものだと決めつけて、知ろうともしなかったのだが、高校数学でわかるシリーズになっていたので、それなら読んでみようかと思っててにとった本である。シリーズの他の本は理学的なテーマなのだが、この本に関しては工学的なテーマということもあり、すっと頭に入らなかったが、それでも根気よく読んでみると、バンドギャップやP型、N型といった電子的なところから、光の世界の発光ダイオードの仕組みや半導体レーザが何者かなどがわかった。

  • シリーズの「シュレディンガー方程式」や「マックスウェル方程式」と比べると数段難しいですが、p 型半導体と n 型半導体を接合するとなぜ増幅作用やスイッチ作用が起るのかが、数式とグラフで示されて非常に楽しく読め、
    また、CMOS と FET の違いも子供の頃にアマチュア無線の勉強した時よりも良く理解出来ました。

  • 半導体の入門書としては最高。説明がしっかりしていて、半導体を専門としている自分にも新しい発見があった。

  • 悪い意味でブルーバックスらしい。読者にわかってもらうのではなく、自分が知っていることを羅列した本。理論部分は大学の教科書とほとんど変わらないので高校生に数式は追えても理解は難しい。歴史部分は類書を読む方が読み物として面白い。

  • 2010年ブックハンティング選定図書。

  • 工学にありがちな細かい計算にこだわらず半導体の原理を解説。
    デバイス開発の背景なども合間に述べられているので、飽きずに読み進めることができます。

    より詳細な理論を求める人は、参考文献を参照すれば完全に半導体工学を理解できるでしょう。

  • [ 内容 ]
    半導体を理解するということは、半導体の中の電子の動きを理解することです。
    量子力学、電磁気学などのいっけん難解な半導体の動作原理を、高校レベルの基礎知識で、納得しながら理解できます。

    [ 目次 ]
    第1章 半導体の秘密
    第2章 キャリアの数は?
    第3章 半導体の中の電流
    第4章 pn接合とショットキー接合
    第5章 世紀の発明トランジスタ
    第6章 光の世界へ
    付録

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • タイトルを信じて読み始めたけど実家帰って物理の教科書を引っ張り出すことになった。

全13件中 1 - 13件を表示

竹内淳の作品一覧

竹内淳の作品ランキング・新刊情報

高校数学でわかる半導体の原理―電子の動きを知って理解しよう (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高校数学でわかる半導体の原理―電子の動きを知って理解しよう (ブルーバックス)の作品紹介

半導体を理解するということは、半導体の中の電子の動きを理解することです。量子力学、電磁気学などのいっけん難解な半導体の動作原理を、高校レベルの基礎知識で、納得しながら理解できます。

高校数学でわかる半導体の原理―電子の動きを知って理解しよう (ブルーバックス)はこんな本です

高校数学でわかる半導体の原理―電子の動きを知って理解しよう (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする