今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)

  • 189人登録
  • 3.30評価
    • (5)
    • (13)
    • (41)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
制作 : 朝日新聞科学グループ 
  • 講談社 (2008年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062576031

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発酵と腐敗は紙一重。

    抗生物質の売れ行きは落ちている。耐性菌が出てきてしまう。

    ポリフェノールはお茶や大豆食品でも取れる。

    白身魚は速筋。赤身魚は遅筋。

    遠赤外線の肌着で、0.5度違う。

    GPSは3個の衛星プラス時計の補正のためにもう1個必要。

    マグニチュード12だと地球が2つに割れる。

    栄養ドリンクにはコーヒー一杯程度のカフェインが入っている。飲んでから30分後に血中濃度がピークに。2~3時間で半減。

  • 読了。

  • 今更聞こうにも、聞く相手が身近にいないので、仕方が無いです(涙)。

  • ためになる。雑学として知っておきたいネタが満載。

  • ググれ

  • 東日本大震災のマグニチュードは9。マグニチュード12の地震が起こると地球が2つに割れる。日本は地震活動期に入ったという学者もいる。しばらくはこの状態が続くのか

  • 「身体・生命」「食品・健康」「身のまわり」「地球・気象」「資源・素材」「宇宙」「生物」「IT」の八章に分けて、豆知識を載せた本。
    4年前の本なので、普遍的な知識と、科学の進歩で変わってしまった知識の二つが垣間見られます。
    IT分野では、もう単位すら違いますね。ハードディスクはGBじゃなく、もうTBが主流だったり。
    進歩を見られるという意味でも面白かった。

    あと、ちょっとした文章に書き手の個性が出ていますね。「恋の行方は『君の名は』になってしまいかねない」とか。

  • 情報の羅列で面白い内容ではない。

  • 意外と知らない科学の常識をまとめた本。
    理系の知り合いの話を理解したい人にはお勧めです。

全26件中 1 - 10件を表示

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする