離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)

  • 166人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (10)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 野崎昭弘
  • 講談社 (2008年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062576192

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 上手なソフトウェアテスト設計をするたえに、数え上げる技術を養っておくことはとても大切と思っています。

    それは、テスト空間の大きさを知るためだったり、条件の見落としを防ぐためです。

    本書では、第1部で、具体的な例をあげながら、並べ方、選び方、道順、分割、増えてゆくものの数え方の考え方を説明しています。ここでは、どういう絵にして整理すると問題の構造が見えてくるかが参考になりました。

    そして、第2部では、数え上げ理論として包助原理、差分方程式、母関数の理論について学ぶことができます。

    ブルーバックスですし、難しいことは何もなく、、、と書きたいところなんですが、母関数の所はちょっとね難しかったです(^_^;)。

  • 受験数学と高等数学のギャップを越えられず、大学での数学に挫折。
    仕事は企業の情報システム部で、IT系といっても数学なんてほぼいらない。
    しかしキャリアアップを考えるほど、あの時ちゃんとやっていたら…と後悔も多い。
    離散数学は、コンピュータの考え方のベースになっていて、
    しかも本書は、高校生でも分かる「順列・組み合わせ」からスタートしている。
    「数え上げ理論」というと難しそうだが、要は「順列・組み合わせ」を一歩進めて、
    いろいろな数え方について定式化して、一般的な原理を発見する試み。

    おみやげの配り方のような日常で起こるパターンの数を、最初は力技で数えさせ、
    その大変さを体験した後で、一つの公式を導き出してくれるのは非常に気持ち良い。

    徐々に高度になるのかと期待していたが、最後まで高校の延長で、少し物足りないが、
    頭のリフレッシュには非常に良かった。

    大学で数学に挫折した人はもちろん、大学で数学をやっていた人でも
    頭の体操に楽しめると思う。

  • おみやげを配る配り方は何通りあるか。という具体的な例からはじめて,群論を使った解の分類という抽象的な話まで。

    問題を解く際の解説が非常に説明的。大抵,数学の問題を取り扱う本を読む場合,自分で問題を考えつつ読まなければ著者に置いてけぼりにされてしまうことが多いが,本書では思考過程そのものを詳しく解説してくれているので基本的に置いてけぼりにされてしまうことはないと思う。

    読んでいて,なるほど,そう考えるのかというaha体験を何回も味わえて非常に面白かった。特に漸化式の威力。

    分割数,フィボナッチ数,カタラン数などの数の概念を具体的な問題を抽象化したものとして理解することができた。分割数とカタラン数はこの本で初見だが。

    後半の自然数の和の公式を母関数で導出したり,群論でNクイーン問題の解の分類を試みるところは少し端折ってしまっていた感は否めない。

  • 実におもしろい。久しぶりに数学の本を読んだ。それもたいがい早朝に。というのも、この本を読んでいる1月後半は中学入試真っ盛りで、その応援に向かう、あるいはその帰りの電車の中で読んでいたからだ。ふつうならこんな数式だらけの本、睡眠不足の目で読んでいたらすぐ眠ってしまいそうなのだけれど、おもしろ過ぎてぐいぐい引き込まれ、ついつい一気に読み通した。もともとある程度数学の力がないと読み切るのは苦しいかもしれないが、「博士の愛した数式」とか「たけしのコマネチ大学」なんかを楽しんでいる方なら、ぜひ挑戦してみてほしい。特に私は、フィボナッチ数やカタラン数の具体例が抜群におもしろかった。畳の敷き詰め方とか、多角形の分割の仕方とか、そして特に電車の引き込みの問題。算数・数学の授業で使える話題が満載でもあります。ところで野崎先生がこの分野に引き込まれたのはベルジュの「組合せ論の基礎」(サイエンス社)を訳してからということなのだけれど、私自身、20年前にはその出版社に勤めていたことがある。なぜ知らなかったのだろう。悔しい。

  • 組み合わせの問題が苦手な自分にも楽に読み進めることができました。確率や漸化式が苦手だという人が読むと、理解が深まると思います。

  • 身近な例を基に分かりやすく説明したい!という著者の思いは分かりますが…。

    数学者の方が書く初学者向けの本って、分かりやすく書こうとする気持ちが空回りしてるものが本当に多いと思うんですよね…。

  • 電車の中で楽しく読める内容だった。

  • 「コンピュータの普及で、重要性が見直されている離散数学。」
    と裏表紙にあるのですが、本文ではコンピュータとのつながりはほぼ出てきません。ちょっとがっかり。(ろくに中身を確認しない私が悪いのですが)

    中身は
    問題⇒解説
    という感じの演習書のような感じです。
    数学の本として読むよりも、数学的な雑学の本、として読むのが良いかもしれません。

  • 冒頭にたくさん問題が与えられる。いくつかは高校数学で習うような順列や組合せで解けるが、そうでないちょっと難しい問題も有る。順に解き方を解説していくことで「数え上げ理論」というのを理解させる。カタラン数までで第1部。第2部はもう少し数学的になって包除定理、差分方程式、母関数を使うとラクに解ける例題が示される。面白く読めたが、やはり高校生向けだった。

全10件中 1 - 10件を表示

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)の作品紹介

すべての情報を「0と1」の組合せで表すコンピュータの普及で、重要性が見直されている離散数学。離散数学の中核にあるのが「数え上げ理論」である。予備知識のいらないやさしい問題で分割数、フィボナッチ数、カタラン数に触れたあとには、数え上げ理論の三種の神器である包除原理、差分方程式、母関数の理論を紹介。その奥深い魅力が、充分に味わえる。

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)はこんな本です

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする