使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)

  • 113人登録
  • 2.81評価
    • (0)
    • (3)
    • (21)
    • (5)
    • (2)
  • 23レビュー
  • 講談社 (2011年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062577366

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 使ったことが無い人は分かりづらい、ノートパソコン・ネットブック・iPad・iPhoneの違いについて書かれてあります。
    使わない、選ばないことも使い分けの一つだと説いています。

  • タブレットやスマートフォンなど、次々に出現するデジタルツール。複雑化するデジタル世界を楽に生き抜くための「使い分け」を提言。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:007.6||T
    資料ID:95110431

  • スマホやネットサービスについての解説。

  • 【配置場所】工大新書B【請求記号】007.6||T【資料ID】91112158

  • スマートフォンやPC、ネットブックなどの使い分けの方法を紹介している本。知ってる、または既にやってる、ということも多かった。mixiが日本人に合っていて廃れないというのは自分の周りでは違和感があった。ネットブックやPCを軽く使う方法やHDDの活用法、POPメールとWEBメールの使い分けなどは、わかってはいるがなかなか徹底できていない。ドメインの話は参考になった。

  • 【読みやすい新書】
    今ケータイ電話を持つ人の中には、スマートフォン(高機能携帯電話)を選ぶ人が多くなった。では、買っていい人、悪い人はどう判断するのだろうか?本書にはそのヒントが書かれている。

  • パソコン・スマートフォン・タブレットなどのデジタルガジェット、およびブログ・Twitter・FacebookなどのSNSについての使い分けについて焦点が当てられている。
    結論としては、用途に応じて使い分けましょうよ、というところに落ち着き、目を見張る目新しさはなかったかな。
    ただ、具体例が挙げられているので、これらの使い分けについて指針を知りたい人には役立つのではないでしょうか。

  • ソファーで読むのにぴったりの本。

    ・iPadは受動的な製品
    ・ネットブックはMicrosoftからスペックを抑えることを条件にOSを安く提供している。すなわち、ネットブックのスペックが低いのはメーカーの努力が足りないわけではない。

  • ここから先はどうしよう?という中での
    一つの提案です。
    向き不向きを書いてある点が、親切かも。

  • C0255 でも、使わけは普通にやっていないでしょうか。ブログ等を読んでいても、スマホ+ケータイの複数持ちはよく見ます。クラウドというか、急な、あるいは無告知のサービス停止はありますよね。わたしも、ちまちまと育てていた記録をもっていかれてしまいました。ブクログも別サービス停止から流れてきたのでした。ちなみに、WindowsPhoneは無視でした。Windows8だと、メトロになってスマホの操作性が上がるみたいです。

  • iPadなどのタブレットやスマートフォンなど使いこなせなくて当たり前。基本となる扱い方を学ぶ本。

    SNSが東北大震災時に活躍してたかしてないかがわかる。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:408//B59//1736

  • スマートフォンやタブレットのようなハードウェアからクラウドやSNSなどのサービスまで、目的に合わせてどのように使い分けたらいいかの提言。
    私は無料のネットサービス系はとりあえず興味が湧いたら突撃して合わなければ放置、という方針なので、前半のハードウェアの部分をメインに読みました。

    著者の使ってみての実感に基づく情報なので、かなり主観的な部分もあるように感じられましたが、どういった使い方をした上での実感なのかがきちんと書かれているので自分の状況や目的と比較しやすくて良かったです。

    後半はクラウドやSNSなどのサービスを中心に紹介していて、ここは東日本大震災で被災した際の経験を元に語られている部分もかなりあります。
    本を購入した目的は前半部分だったので、被災地での情報収集の方法を知ることが出来たのは思わぬ収穫でした。

  • この本で著者はデジタルツール、ネットサービスの使い分けを説く。
    あえて使わないことも一つの選択肢。
    ipod touchと従来のケータイの組み合わせは検討してみよう。

  • IPADを買っていい人、わるい人の例が載っている。要は、宣伝につられて買った人は失敗すると言うことだ。目新しいのが好きな人でも、使いこなせる人と押し入れにしまい込んでしまう人に分かれるというわけだ。同じようにスマートフォンでも買っていい人と悪い人の例が書いてある。新しい電子機器を買う前に読むべきだった。

  • 外付けHDD
    ミクシィ
    フェイスブック

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@007.6@T101@1
    Book ID : 80100436927

  • ブルーバックス 548.96/Ta74
    資料ID 2011102498

  • 震災後に書かれた本で、しかも著者たくき・よしみつ氏は、被災地の方ということもあって、被災直後の情報の伝達状態が大変興味深かった。たくき氏は第4回小説すばる新人賞受賞者。小説家としての活動とともに作曲家としても活動中らしい。

    普通のケータイとスマートフォンとの違い、使い勝手や、ipadを代表とするタブレットとネットブック(ミニノートパソコン)との比較も、正直な記述で解り易い。

    *iPadは画面が美しいのでプレゼンテーションには最適だが、無線LANルーターがないと使えない。

    *iTunesソフトは重くて使いづらい。

    *トラブルを避けたければiPhone、自由を求めるならアンドロイド

    *3・11ではケータイは使えなくなったが、IP電話、ネットは使えたので、スマホでwi-Fi接続で情報を得ることができた。

    *ネット上にデータ保存する(ストレージサービス)もよいが、2.5インチ外付けHDDなどにデータ保存するのも安全。

  • ITの専門家ではなく、執筆活動等させている方の著作。なので、実体験に基づいておられ、実用的な提案をされている。セキュリティソフト不要とは大胆な提案。参考になった。

全23件中 1 - 23件を表示

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)の作品紹介

iPadなどのタブレットやスマートフォンなど、次々に出現するデジタルツール。データストレージ、クラウド、SNSなど、多様なパソコン関連サービス。これらを全部使いこなそうとするのは、無駄な労力かもしれません。泥沼にはまりこんで時間を浪費するよりも、さっさと別の道具、別のソフト、別の発想に切り替えたほうがスッキリ解決するのでは?複雑化するデジタル世界を楽に生き抜くための「使い分け」を提言する一冊。

使い分けるパソコン術―タブレット、スマートフォンからクラウドまで (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする