ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)

  • 118人登録
  • 3.85評価
    • (5)
    • (12)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 鈴森康一
  • 講談社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062577687

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • ロボットと生き物の意図せざる共通点。その事実と,背景にある力学的,幾何学的な理由が紹介されています。また「生き物を超える」ロボット作りについても,独自の発想や試みが語られています。ますますロボットが好きになりますよ。

  • 工学の視点から「生体」の精巧な力学構造を解き明かし、生き物の限界を超えようと試みるロボット機構学。エンジニアの発想vs.自然界の創造力。

  • 科学者が一生懸命知恵を絞って考えたロボットの構造が、実は既に生物に備わっていたという例が元文系の私にも分かりやすい言葉で書かれてて面白く読めました。

  • なんだか無性に手足を動かしてみたくなる本。

  • 非常に興味深い話。難しい内容もあるが、新たな気づきをさせられた本。

  • 生体模倣についてロボット分野の視点からまとめた本.生物の例を挙げて比較しているが,「どうしても似てしまう」という帰結へは,そこまで説得力はない.

  • 神様が作ったロボットである生物と、人間の設計者が作ったロボットの
    類似点、相違点をまとめている。ドラえもんの手のような機械など、コンプライアンスの高い機械はワクワクする。ロボットについて学べると同時に人体の仕組みも学べ、そちらにも興味がわいてくる。

  •  ロボットが何故生物と似てしまうのかという内容の本です。ロボットが人間の魂を持てるかどうかというSFの話ではなく、本書はロボット工学の観点から、生物とロボットを考察しています。内容は主にロボットの移動法や関節の工学的問題が主題となっています。
     本書で面白かったのが車輪機構の話。なぜ生物には車輪のような仕組みが存在しないのかが、考察されています。
     ロボット工学に興味のある人、またロボット工学を学んでいる人にもオススメの一冊です。

  • なぜ生物は回転機構を使わないのか、という話が出てきたが、私なりに考えるに「回転機構は草むらに弱い」からだと思う。
    自然界のほとんどは草むらないしそれに準じた環境だと思う。その中で回転機構を使うと、すぐに草やら枝やらが絡まって使えなくなる。刈り払い機やチェーンソーを使ったことのある人は経験があるはずだ。つまり、(砂漠ならまだしも)生物にとって回転機構を使うことはめんどくさいのだ。あ、でもゆっくり回転させれば絡まんないかな。

  •  宇宙戦艦ヤマトの世代の私にとってガンダムシリーズになどにみられるヒト型ロボットはなぜか胡散臭く感じられたことがあった。今はそれほど思わないが、かつて戦艦や戦闘機などの兵器は人間とは別の形状であるべきであると考えていたのである。それは人間のようなやわな存在と宇宙での戦闘という関係が、たとえファンタジーであったとしても結びつかないからだった。
     しかし、ある時からその考えが変わってきた。人間が自分の思っていることを直接に実行するためのインターフェイスはやはり自分の身体の延長としての道具ではないかと考えるようになったのである。自在に動かせる鋼鉄の腕や脚があれば、転換するのに時間がかかる戦艦や戦車よりいいに決まっている。たとえば、あの事故を起こした原発の中に直接入り、修理ができるロボットができるとしたら、ヒト型以外には考えられない。
     本書はそんな私の妄想に、直接に届くロボット工学の話である。研究者が開発するロボットは生物の模倣をしようとしなくても自然にそれに似た要素をもってしまうという事例がさまざまな写真や図とともに分かりやすく述べられている。進化の過程で生物たちが勝ち取ってきた身体の仕組みがいかに合理的なものであるのかを証明することになる。
     ただし、本書の末尾にはロボット工学が生物の進化に追いつき、やがてはそれを超えるものになるという展望を示している。あくまでも楽観的な将来像は技術者の言としてふさわしいものだ。
     ロボットの技術はおそらくこの後も日進月歩だろうが、それを操る人間の知性はそれを上回ることができるのだろうか。ここでまた私の妄想のスイッチが入るのである。

  • 神が作った生き物のメカニズムは凄く、人間が考えて考えて作ったロボットやメカが期せずして似てしまう。著者は生き物の構造をここまで進化させた自然の凄さの礼賛しているが、ロボットで神、自然をも超えたものを作ってやろうという心意気が良かった。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:408//B59//1768

  • 切り口がよく、非常に理解しやすい内容でよかった。専門外の人でもすんなりと頭に入ると思う。ロボットのメカニックな視点ではなく、生物との対比で話がずっとすすむという説明は今までに見聞したことがなく、より入り込めたのかもしれない。ご愛嬌文も若干あり、はずしている?かもしれないものの、2時間程度で読めて、しかもさわりを味わえる本としてお薦めしたい。
     骨が圧電アクチュエータ的であるということは知らなかった・・・。

  • ブルーバックス 548.3/Su97
    資料ID 2012100554

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@548@S100@1
    Book ID : 80100444385

  • 資料ID : 11200091
    所在 : 展示架
    請求記号 : 548.3||Su97||1768

  • 146なぜ二関節筋があるのか?
    211なぜ生物には回転関節がないのか?

  • 20120501紀伊国屋書店三宮

全20件中 1 - 20件を表示

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)の作品紹介

ワイヤ駆動のヒューマノイドが、実はウマにそっくりだった!自走するお掃除ロボットは「生きた化石」に酷似していた!ガラスを割らずに掴むロボットハンドが似てしまった、人体の意外な一部とは?技術の粋を詰め込んだ先端ロボットが、なぜか生き物の体構造に近づいていく-。工学の視点から初めて見えてくる「生体」の精巧な力学構造を解き明かし、生き物の限界を超えるロボット機構学の挑戦を語る。

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)はこんな本です

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする