知識ゼロからのExcelビジネスデータ分析入門 (ブルーバックス)

  • 96人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 住中光夫
  • 講談社 (2012年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062577830

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

知識ゼロからのExcelビジネスデータ分析入門 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • ピボットテーブルの使い方の理解が深まった。既に知ってるかなあと思って期待せずに読んでみたが、こんなにも便利な機能が隠されていたとは、と驚いた。

    以下、私自身知らなかったテクニックを本書から抜粋。

    ピポットテーブルの縦軸の数字(例:年齢や得点)は、右クリックメニューからグループ化できる。

    条件付き書式を使えば、表の中に棒グラフを表示することができる(スパークラインという機能)。

    ピボットテーブルでは、行ラベルの項目をダブルクリックすれば、詳細画面からドリルダウンできる。

    ピボットテーブルの任意のセルを選択した状態で「レポートのレイアウト」→「表形式で表示」をすると、ドリルダウンしたものが別列で表示されるようになる。表の体裁を整えるのに便利。

    レポートフィルタ(ピボットテーブル作成時に表の左上部分に入れる)を設定すれば、一部の条件でデータを切り出してピボットテーブルを作れる。

    スライサー機能(挿入タブにアイコンがある)を使えば、ピボットテーブルをグラフィカルに条件指定できる。

    2軸グラフを作成するには、はじめに1軸のグラフを作ってから、グラフの凡例のデータの個数部分を右クリックしたメニュー「データ系列の書式設定」→「系列のオプション」から2軸目を追加すればよい。


    大変勉強になりました!^ ^

  • Excelの「ビジネスデータ分析」の中心的ツール「ピボットテーブル」で分析手法を学ぶ。専門知識がなくても本格的な分析を短時間で行える。

  • データだけあって分析手法がよく分からなかったので、色々な分析手法を紹介してもらえるだけで助かった。この手の本は手の届くところに一冊は必要

  • 請求記号:007.63/Sum
    資料ID:50067706
    配架場所:図書館1階 テーマ展示コーナー

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:408//B59//1783

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@336@S100@1
    Book ID : 80100448780

  • Excelのピポットテーブルを活用してビジネスデータ分析をする本。ブルーバックスのサイズとモノクロ印刷では辛い。

  • ブルーバックス 548.96/Su63
    資料ID 2012102124

全10件中 1 - 10件を表示

知識ゼロからのExcelビジネスデータ分析入門 (ブルーバックス)の作品紹介

「ビジネスデータ分析」とは、顧客ごとの販売金額や製品別の出荷量など、業務に関する多量のデータをExcelでいろいろな角度から分析する方法のことです。本書では、その中心的ツール「ピボットテーブル」で実務に即した分析手法を学びます。統計やExcelの専門知識がなくても、販売金額が落ち込む原因を掘り下げて特定したり、将来的な主力製品候補を発見するなど本格的な分析を短時間で行えるようになります。

知識ゼロからのExcelビジネスデータ分析入門 (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする