地球はどうしてできたのか (ブルーバックス)

  • 71人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 吉田晶樹
  • 講談社 (2014年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062578837

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

地球はどうしてできたのか (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 大陸はなぜ動くのか?超大陸はどのように誕生し分裂したのか?マントル対流と大陸移動からひもとくダイナミックな最新地球科学入門。

  • 大陸移動の謎をおいかけていくと、マントルの動きが気候変動や極移動にまでかかわることが明らかになってきたそうだ。「マントル対流」と「大陸移動」をキーワードに地球の進化を読み解いていく本。
    後半はかなり難しい(個人の理解力の問題が大きいと思うが)。

  • 書評にプレートテクトニクスの本として紹介されていたので興味を持って読んだ。マントル対流についてかなり詳しく書かれていて、プレートがマントル内に沈降して上部マントルと下部マントルの間に滞留したり、マントル・コア境界付近にスラブとして溜まったりという話はとても面白かった。ただ、地球史上、何度も出現したとされる超大陸の形成と分裂について紙数がかなり割かれていたが、こちらは、個人的にはあまり関心がなく、その意味では、一冊の半分くらいは頭に残らなかった。マントルプルームについて、一般向けの類書に比べて、かなり詳しく書かれているのが特徴。

  • 大学出てから30年、今のプレートテクトニクスがわかって面白かった。シュミレーションは色々やってみて外した分があることをちょっと書いておいてくれたらとは思う。それともこの方は外さない人?ごくたまにいるよね。

  • ★評価の低さはこの本の良し悪しではなく、あくまで無能な当方がついていけなかった故のものでありますのでくれぐれもご注意を。
    ともかくブルーバックスらしく、当方のような門外漢には手強いながらおそらくは簡潔に面白いことを書いているのであろうと容易に想像がつく。
    宇宙だけでなく、自らが立つ地球そのものにも立ち入り不能で、コンピュータを利用した科学という名の想像によってしか理解できないことがあることに改めて驚愕する。
    あぁ、こういう本を心置きなく良書と呼びたいもの。もう少し勉強して出直してきます。

  • 大陸移動説や、それがマントル対流によって起きるという説については子供の頃の科学読み物で知って興味を持ったことがありましたが、大学受験では地学を取らなかったため、これについてあまり深く考えたことはありませんでした。
    この本を読んでこれまで根本的に誤解していたことに気づいたのは、「マントル」の性質についてでした。「対流」を起こしているのだから、マグマのような液体状のものだと思っていたのですが、実はかちかちの岩でありながら、それが数千万年から数億年のオーダーでものすごくゆっくりと動くことで「対流」していたのだということでした。
    また、太古に大陸が一つに合わさった「超大陸」というものが、実は何個かあり、大陸はくっついたり離れたりを繰り返しており、離れた大陸のくっつき方にも、いったん離れた部分が再び近づいてくっつくパターンと、ずっと離れ続けて地球の反対側からパターンとがあるというのもこの本を読んで初めて知った事実でした。
    結構学術的で難しい記述も多かったですが、非常におもしろい本でした。

  • 請求記号 454.2/Y 86/1883

全8件中 1 - 8件を表示

地球はどうしてできたのか (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地球はどうしてできたのか (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

地球はどうしてできたのか (ブルーバックス)の作品紹介

大陸の誕生、気候変動に極移動……マントル対流によって起こる地球の進化を基礎から最新の研究成果まで贅沢に取り込んだ入門書。

地球はどうしてできたのか (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする