謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)

  • 36人登録
  • 3.82評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 保坂直紀
  • 講談社 (2015年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062579247

謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 津波と普通の波の違いについて分かりやすく解説している好著だ.深水波と長波の違いを示したp102の図が良い.津波の波長は非常に長く1000㎞に及ぶものもある由.一方津波の速度は水深だけに関連するのは非常に面白い.計算式を敢えて省いて言葉だけの説明に徹しているが,多少は式が出てきても良いと感じた.

  • 波が海底を感じるとは? 波のふるまいを左右する「波長」と「水深」のフクザツな関係とは? 身近なふしぎ現象を数式なしでわかりやすく解説。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@453@S100@1
    Book ID : 80100016502

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002480154&CON_LNG=JPN&

  • 請求記号 452.5/H 91/1924

全6件中 1 - 6件を表示

保坂直紀の作品

謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)はこんな本です

謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)の作品紹介

海底を感じるかどうか、それが問題だ!

広大な海をわたる波には、2つの種類がある。
「海底を感じる波」と、「海底を感じない波」だ。

時速700kmもの猛スピードで進む津波は、つねに海底を感じている。
南極近海で生まれ、アメリカ西海岸へと到達する「うねり」は、海底を感じることなく1万kmもの長旅をこなす。

波が海底を感じるとはどういうことか?

波のふるまいを左右する「波長」と「水深」のフクザツな関係とは?

身近なふしぎ現象を、数式なしでわかりやすく解き明かす。


ご存じですか? 波の意外な素顔。

・波はどう成長するのか?――波にも「年齢」がある!
・「停止した波」はなぜ存在しない?――これ以上遅くなれない「最低スピード」がある!
・海水浴で危ないのはどこ?――「波の静かな場所」が要注意!
・「波の高さ」って?――じつは、予報の2倍の高さの波が来る!

謎解き・津波と波浪の物理 波長と水深のふしぎな関係 (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする