日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)

  • 85人登録
  • 3.36評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 和田美代子
制作 : 高橋 俊成 
  • 講談社 (2015年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062579353

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一杯やりたくなったなぁ。

  • 日本酒を生物学、化学の観点から解説している。
    やや、専門的なところもあるが、分かりやすい。

  • 図書館で借りて一読後、Kindle版購入

    日本酒の作り方…醸し方かな…を知りたくて、いろいろと探した中で、最も内容の濃くわかりやすい本の様に思います。
    ただ章立てと具体的内容に、違和感があって…先を読みつつ、戻りつつしないと、読みにくいのが、星マイナス⭐️一つ…


    PS.今読んでるのも深め、日本酒の話題には、女性ライターの書いた本の方が良い様に思うのは、僕だけ?

  • 2016年2月新着

  • 読了。

  • 日本酒ほどいろいろな料理に合う酒はない。和食はもちろんのこと、洋食、中華、チーズ……をつまみに、日本酒をとことん知り尽くすための一冊。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@588@W100@1
    Book ID : 80100018076

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002485905&CON_LNG=JPN&

  • 請求記号 588.52/W 12

全8件中 1 - 8件を表示

和田美代子の作品

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)の作品紹介

日本酒再発見! 日本酒ほどいろいろな料理に合う酒はない。鍋、ウナギ、焼き鳥、刺身に天ぷら……、中華、洋食、チーズ、そして塩をつまみに。日本酒の歴史は古く、収穫祭にあたる宮中祭祀の新嘗祭では、酒造りの儀式も執り行われるほど伝統を受け継いだまさに日本人のための酒なのだ。
「甘口」「辛口」の基準とは? 
「冷や」とは「冷やした酒」のこと?
燗酒に合う酒は甘口か辛口か?
樽酒が脂っこい料理に適しているのはなぜ?
など、日本酒をとことん知り尽くすための一冊。

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)はこんな本です

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする