研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)

  • 99人登録
  • 4.13評価
    • (8)
    • (11)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 長谷川修司
  • 講談社 (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062579513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

全12件中 1 - 12件を表示

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)の作品紹介

学界と企業研究所を渡り歩き、東大教授に登り詰めた著者が語る、研究者人生成功の極意!

【研究室のボスは、あなたの何を評価しているのか?】
理系の若者にとって「研究者」は憧れの職業。先輩や教授といった他人とうまく付き合い、研究室という組織の力を活かすのが、この職業で成功するコツだ。本書は、「学生」「院生」「ポスドク」「グループリーダー」と段階を追いながら、それぞれのポジションでどう判断し、行動すべきか、実例を交えて案内する。研究に行き詰まっている人も、読めばきっとヤル気が出る!

【駆け出し研究者の悩みを解消するヒントが満載!】
・先行研究に縛られず、とりあえず研究してみよう
・研究手法は教授よりも先輩から教わろう
・研究テーマが小さくても気にしない
・博士号持ちは企業でも意外と求められている
・学会発表では未来の雇い主に自分を売り込もう
などなど……

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)はこんな本です

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする