対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと (講談社選書メチエ (38))

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 山本博文
  • 講談社 (1995年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062580380

対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと (講談社選書メチエ (38))の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと (講談社選書メチエ (38))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと (講談社選書メチエ (38))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと (講談社選書メチエ (38))を本棚に「積読」で登録しているひと

対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと (講談社選書メチエ (38))の作品紹介

時は享保、八代将軍吉宗の時代。対馬藩のドル箱、朝鮮人参貿易に暗い影がさしはじめていた。折しも将軍の代替りを祝する通信使がやってくる。莫大な出費、気むずかしい使節、素人同然の老中たち…。藩のために奮闘する江戸家老、平田直右衛門の悩みは尽きない。三百年の日朝「交隣」の実態と、日々たたかう侍の群像を活写する。

ツイートする