オスマンVS.ヨーロッパ (講談社選書メチエ)

  • 94人登録
  • 3.47評価
    • (3)
    • (11)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 新井政美
  • 講談社 (2002年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062582377

オスマンVS.ヨーロッパ (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

  • オスマン・トルコ帝国の起源から衰退までの、対「ヨーロッパ」関係に重きをおいた通史。多文化・多宗教を構造化したオスマン帝国をめぐる複雑な外交関係は、単純な「キリスト教対イスラム教」「ヨーロッパ対アジア」というような二元論が空想にすぎないことを示している。特にビザンツ滅亡後のスルタンが「ローマ皇帝」としての自意識を有していたという指摘は重要だと思われる。

  • イスラムも理解しないとね!

  • 地政学的に隣り合うオスマン帝国vsハプスブルグ帝国の争いを焦点としながら、主にオスマン側の歴史を、勃興期から滅亡まで俯瞰していく。2度に渡る大規模なウィーン攻囲に象徴されるように、イスラム教vsキリスト教の対立最前線というイメージが表立つが、そもそもオスマン帝国はその成長過程で様々な民族や宗教を取り込んできた体質だけに、宗教ありきの対立でなかった点は押さえておくべきポイント。(要は人類普遍の縄張り争い)良いものは取り入れる式の国作りは、法にイスラム教を用い、高官や親衛隊にはキリスト教徒を徴用し、技術や芸術も躊躇わずに西洋から大金で贖う等々、無用な拘りの無さは、唐やモンゴルといった遊牧民による世界帝国の系譜を踏襲していて、根拠地が文明の交差路にあった分だけ、更に大きく昇華した感があるようにおもった。

    あと大事なのは、西洋史観で眺めるオスマン帝国でなく、その逆という視座は、一時期オスマンの力が西洋諸国を上回り、影響を与える側だった歴史を考えれば、むしろ持たねばならないものという点だろう。何しろこの中東と中欧におけるスーパーパワーがもし近代国家として脱皮出来ていたとしたら、現代の世界(≒世界史)が大きく変わっていた。その衰退要因の分析は本書の主旨ではないが、そんな事も頭の片隅に置きつつ、日本の戦国期頃の世界の超大国のあらましを読むのも一興。

  • テンポがよく読みやすい文体が良い。

    ただ内容は多少装飾的に過ぎる。
    論の展開に首をかしげることもしばしば。

  • 憧れのオスマン、古代トルコの歴史書である。
    時代に沿って、トルコ民族の行方を紹介しており、
    なるほど、巷で入門良書と言われる意味を知る。

    しかし、入門書といっても、読み終えたあとの充足感は十分。
    それゆえ、全くの素人なら数度読み直さなくてはいけないが、
    数度読み直しさえすれば、おおよそ歴史をたどることが出来る。
    一時期はヨーロッパ、アジアに広大な帝国を築いたすばらしき権力。

    その帝国の生まれるから死ぬまでをたどり、
    蛮族や略奪者といったイメージを払拭させてくれる一冊である。
    ヨーロッパでありながら、イスラムでもある異端の帝国、
    その苦節と努力、積み上げられた栄光に魅入られる。

  • トルコの歴史がヨーロッパとの関わりを踏まえてわかりやすく解説されている。
    また、トルコの本も読みたいと思いました。

  • 大学の課題本。徹夜で読んだため、意識が朦朧としておりましたが、良書です。オスマン帝国とヨーロッパ双方の歴史が描かれていて、包括的に学べます。この分野の本としては良い入門書になるんでしょうな。

  • 学校の歴史の授業では、大まかに欧州史やアジア史に分けられますが、そのどちらにも顔を出すトルコの歴史は簡単な記述で終わってしまってます。
    アジアでありながら、欧州との関わりの方が多いのでアジア史からはほとんど除外されている。
    そしてキリスト教中心の欧州史では、「イスラムの脅威」として語られることが多いです。
    本書は日本ではマイナーな存在であるトルコの歴史を学ぶうえで、最良の入門書と言えるでしょう。
    6世紀に東アジアに現れ、大帝国を築いた遊牧民・突厥から、ユーラシア大陸を西遷してアナトリアを征服したセルジューク朝、その滅亡後に世界帝国を築き上げたオスマン帝国と欧州との戦い。
    帝国内の諸制度や、歴代スルタンの施政、イスラム教の実態、異教徒への処遇まで描かれています。
    欧州史、とりわけ中・東欧史ではしばしば「トルコの脅威」が強調されますが、ではその「脅威」が欧州にもたらしたものは何だったのか?
    20年程前、「共産主義の脅威」が叫ばれていた東西冷戦時代を思い出させます。
    ただし、「トルコの脅威」は冷戦ではなく熱戦でしたけどねw

    ニン、トン♪

  • 古代トルコ民族から17世紀のオスマン帝国までの歴史を、オスマン帝国、あるいはイスラーム文明とヨーロッパとの対立と交流を軸に描く。様々なエピソードが盛り込まれていて、読み物として非常に面白い。

全10件中 1 - 10件を表示

オスマンVS.ヨーロッパ (講談社選書メチエ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする