偽書の精神史 (講談社選書メチエ)

  • 38人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (2)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤弘夫
  • 講談社 (2002年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062582421

偽書の精神史 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

  • 2006年09月04日に読み終えています。
    ときどき、書棚から取り出しては、
    ぱらぱらと見ています。
    文句なしの名著です。

    34ページの誤り(3刷段階)【四】天王寺区
    は、修正されているでしょうか。
    (2015年02月28日)

  • 「聖徳太子未来記」をはじめとする数多くの偽書が作られたメカニズムの考察を通じて、中世のコスモロジーに迫った本。

    古代国家の解体によって保護の下から投げ出された官寺・官社は、それまでの貴族層だけでなく庶民層をも信仰世界に取り込むことを余儀なくされた。気まぐれな古代の祟り神ではなく、遠い世界にある仏が衆生を救うために垂迹し、祈りに応えて利益を施し、死後には浄土へと送り届けてくれる存在が必要とされるようになった。こうして、国家が神仏との通路を独占していた時代が終わり、国家による託宣の管理と解釈の統制は不可能となった。そうして、人は誰でも一定の作法を踏むことによって宗教世界との交流を果たしうるという考えが、広く受け入れられるようになった。これが、中世という時代に偽書が生まれる背景となったと著者は主張する。

    さらに著者は、日蓮や親鸞といった鎌倉新仏教の提唱者たちが、数多くの仏典を渉猟しつつも、そこにしばしば強引な解釈を施していたことに触れ、そこにあった精神史的背景は、本覚思想や神道理論を生み出したものと同じではなかったかと述べる。伝統仏教を乗り越え、この世界を成り立たせている根源的存在への探求は、彼岸と此土とを仲立ちし、一般の人間が知りえない未来の出来事や物事の深い意味を察知して私たちに伝達する存在として、神や仏像、そして聖徳太子に代表される聖人たちへの信仰を生み出した。他方、こうした情熱がよりラディカルな仕方で燃え上がり、直接神仏との接触を志向するとき、念仏や唱題、座禅といった特定の一行を選び取り、他のいっさいの神仏と教行を否定する新仏教への道が開かれたとしている。

  • 偽書とはインチキな本のことではない。むしろ神官・僧侶以外にも篤い宗教心が拡大する中で、「人はだれでも一定の作法を踏むことによって冥界と交流でき」るという「この観念こそが、中世の偽書を生み出す根源だった」偽書を偽物として退けるだけでは、それを生み出すに至った社会的状況、あるいは欲望について何一つ理解は進まない。偽書を通じて浮かび上がる歴史が確としてあることを実感できる。

全3件中 1 - 3件を表示

偽書の精神史 (講談社選書メチエ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偽書の精神史 (講談社選書メチエ)を本棚に「積読」で登録しているひと

偽書の精神史 (講談社選書メチエ)はこんな本です

ツイートする