「膝栗毛」はなぜ愛されたか―糞味噌な江戸人たち (講談社選書メチエ)

  • 15人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 綿抜豊昭
  • 講談社 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062582940

「膝栗毛」はなぜ愛されたか―糞味噌な江戸人たち (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

「膝栗毛」はなぜ愛されたか―糞味噌な江戸人たち (講談社選書メチエ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「膝栗毛」はなぜ愛されたか―糞味噌な江戸人たち (講談社選書メチエ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「膝栗毛」はなぜ愛されたか―糞味噌な江戸人たち (講談社選書メチエ)の作品紹介

ヤジさんキタさんは江戸っ子ではない?しかも同性愛関係にあった?艶笑と猥歌に満ちた内容から、このような設定が現代日本人の知識から切り離されてしまった「膝栗毛」。二〇年にわたって書き継がれ、二〇〇年にわたって享受された大ヒット作の「笑いの本質」と「文化現象の構造」に肉迫する。

「膝栗毛」はなぜ愛されたか―糞味噌な江戸人たち (講談社選書メチエ)はこんな本です

ツイートする