アイヌの世界 (講談社選書メチエ)

  • 42人登録
  • 3.73評価
    • (4)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 瀬川拓郎
  • 講談社 (2011年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062584951

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
ウンベルト エー...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平泉で栄えた奥州藤原氏が、北海道、つまりアイヌからオオワシの尾羽を、矢羽に使うのに取り寄せていたという話がありました。オオワシの尾羽は高級品として珍重されたそうです。それにしても、驚いたのは、クマ祭りについてのところ。春先にクマの穴ぐらを襲って、小グマを捕獲し、それを一、二年集落で飼育して、その後、儀式的になのか、命を絶ち、どうやらみんなで食べて、魂を森へ返すような意味のことをやるみたいです。そして、鮭ですね。アイヌは干鮭をつくって、貿易していたようです。そんなアイヌの最大の勢力圏は、北はロシアのアムール川流域まで、けっこう、暴れまわっていたようです。本書を読むと、北海道の大自然に抱かれながら、厳寒の冬を耐えて、静かに命をつないできたかのような、ステレオタイプなアイヌの印象がぐらんとゆすぶられます。そのダイナミックな活動と歴史が、文字を持たない彼らの残した遺跡から読み取れてくる。おもしろい読み物でした。

  • アイヌについて書いてある著者のもうひとつの著作を読んでから読むほうが良いのかも.

  • 「アイヌの歴史」の続編に相当する。

    DNAで、縄文人擦文人,オホーツク人とアイヌの関係を考察。オホーツク人と同じYがあるという。
    科学80−4、篠田謙一,安達登,DNAが語る「日本人の旅」への複眼的視点

    頭骨の形態小変異10項目にもとづいた縄文およびアイヌとアフリカ,ヨーロッパ,アジア署集団との類縁図
    百々幸雄 生物の科学,遺伝 2007 縄文人とアイヌは人種の孤島か?

    謎の「宝の羽」
    クジャクの羽かオオワシの羽か。

    「文字を持たないアイヌの歴史においてこそ、物質文化から歴史を復元する考古学の真価が問われているのだ」p185

    「私は現在,函館高専の中村和之さんとともに元素分析の調査に向けた準備をはじめようとしている。アイヌと黄金国家は、はたしてひとつの線で結ばれることになるだろうか。」
    p136

  • 昨年読んだ本の中で、とても興奮した本の一冊。3.11のあと、平泉中尊寺エリアが世界遺産に指定されたが、その平泉と北​海道の関係に迫る一冊だ。金色堂の金は、北海道日高産ではないかというコ​メントがある。実は弟が日高に住んでいるが、近所の人には金の採掘で北海道に移り住んだ人がいたりするらしい。弟が住んでいる街には義経神社があるが、これは奥州平泉と日高地方が昔から交流があったことを示しているように思える。火のないところに煙は立たない。これからの北海道史の展開が楽しみ。

  • 戸山 B1学習図書 382 431

全5件中 1 - 5件を表示

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)に関連するまとめ

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)を本棚に「積読」で登録しているひと

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)の作品紹介

アイヌは縄文人の子孫か?クマ祭りの起源はイノシシ祭りだったのか?阿倍比羅夫が戦ったのはアイヌか?なぜマタギの言葉にアイヌ語があるのか?中尊寺金色堂の金箔はアイヌが採った日高産か?-最新の知見をもとにアイヌをめぐる様々な問いに大胆に答えながら、伝統を守りつつもダイナミックに変貌し続けた、これまでになく多彩なアイヌ像を描き出す。

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)はこんな本です

ツイートする