〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)

  • 51人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 坂野潤治
  • 講談社 (2014年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062585897

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

  • 明治維新から日中戦争勃発までの近代史は歴史として学校で詳しく習った記憶が無い部分であり、知らないことが沢山あった.1884年の華族令で509人の爵位が与えられ、そのうちの244人が貴族院議員になった由.今以上の格差社会だ.選挙制度も金持ちだけに投票権を与えており、所謂普通選挙は1928年になって実現している.ここで有権者が300万人から1200万人と4倍増だ.当時の政党は格差社会の解消を全く考慮していないのにも驚いた.皮肉なことに日中戦争に伴って取られた「総力戦体制」の基で「格差の是正」が進んだことも意外な事実だ.

  • 東京大学を定年退官になってからの坂野先生はホント沢山お書きになっている。書きたいことが山ほどあるのだろうと推察するが、恐らくこの本もそうした是非書いておきたい1冊だったのだろうと思う。

    テーマは明快である。明治維新の士族、明治デモクラシーの上層農民、大正デモクラシーの資本家の時代を経て都市民衆にまで拡大してきた政治的平等は社会的平等を実現し得る可能性があったのか。「総力戦体制」抜きでもそれは可能であったと坂野先生は述べる。

    1937年の総選挙で躍進した社会大衆党に社会的平等の自生的実現の可能性を見た戸坂潤や河合栄治郎の言説をそのまま鵜呑みにして良いかどうか疑問には思うが、平和の下で自由を、そして自由の下で平等を実現すべきという「べき」論はよくわかるし、賛同したい。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:210.6//B19

全3件中 1 - 3件を表示

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)を本棚に「積読」で登録しているひと

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)の作品紹介

武士の革命としての明治維新。農村地主の運動としての自由民権運動。男子普通選挙制を生んだ大正の都市中間層……。しかし、社会的格差の是正は、自由主義体制下ではなく、日中戦争後の総力戦体制下で進んだというジレンマをどうとらえればよいのか。
「階級」という観点から、明治維新から日中戦争勃発前夜までの七〇年の歴史を、日本近代史の碩学が描き出す。

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)はこんな本です

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)のKindle版

ツイートする