連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 齋藤 元紀 
  • 講談社 (2015年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062586085

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

  • グローバル化によって生じた「危機」を、哲学者たちがどうとらえているのかが分かる本。
    現代日本にそこはかとなく漂う不安感・危機感を、「知」「ことば」「いのち」「戦争」の4つに分類し、12名の哲学者がそれぞれの専門分野のトピックスを使って説いている。

    「危機」がなぜ生じたかという私なりの感想は、それぞれの危機が向かうベクトルが「平和」な時代とは違う方向動き出しているからなのではないか? という事だ。
    特に「ことば」に関して言えば、日本人同士であっても万人に共通でなくなっているのではないか?
    だからこそ確かな過去の偉人たちの足跡を振り返りつつ、自分の立ち位置を説明し、これからを論ずる哲学的な語り口が、より一層必要とされていくのではないか? そんな気がした。

  • あんまりおもしろくなかったなあ。僕は想定された読者ではなかったということだろう。危機の言葉じゃなくて、来るべき時代からの言葉を聞きたかった。
    何となくみんな近代的な主体性を取り戻したいと考えているのかな、あるいはそれを失ったことを嘆いているのかなと思った。
    それはどうしても「危機の時代と未来の哲学」ってテーマゆえなんだろうな。「危機」ってフレーミングの時点でどうしても現在を過去の欠如として語ってしまうから、何となく創造的じゃないような感じになる。
    一方で「てつがくカフェ」の実践について書いてた文章はこれだけ読んでも物足りないけど、それが会場で話されると多分いい議論の種になるんだと思う。
    西山雄二さんの大学の危機の文章は「現場の創造」っていう一節があって良かった。あと、森一郎さんの文章も「世界の終わり」という思考パターンの外に出る方法を考えよう、という点ですごく生産的だったように思われる。
    これは青臭い僕の感覚かもしれないけど、他の論者は哲学すると言いながらもカギカッコつきの「哲学」にだいぶ寄りかかっている感じがしたのだ。

    しかし、他方で、乏しい紙幅で哲学について書くにはどうするのか、という問題提起がむしろあるように思う。哲学=問いと答えだとして、答えは文字数を食う。要約してしまっては意味がない。だから、①答えきるために問いを小さくするか、②答えをシンプルにしてしまうか、③答えをいっそ切ってしまうか。

    ②は「ああでもないこうでもない」とその場で苦しむ代わりに、誰かの説を紹介するという形になる。しかし、僕はそれはつまらないと思う。それだったら問いを磨ききる③の方が好ましい。だが、問いを提示するというのはどういうことか?

    問いは現実から出発する。こういう現実があって、こうも言えそうああも言えそうというところに挟まれて、さてどう考えるべきかという問いが生まれる。つまり、いかに細かい目線で現実を見るのかということだが、現実の羅列はどうしても「哲学っぽくない」ものになるのではないか。
    哲学は何より問いの立て方の技法であるべき、という偏った哲学観がある。

全2件中 1 - 2件を表示

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)を本棚に「積読」で登録しているひと

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)の作品紹介

本書は、2014年9月から2015年1月にかけて高千穂大学で行われた連続講義を基にしたものである。日本を代表すると言っても過言ではない12名の哲学者たちが、一般の聴衆を前に「現代日本の危機」を提示し、その打開策を探る「哲学からの挑戦」の試みは、大きな反響を呼んだ。本書は、熱のこもった会場の模様を再現することを目指し、ライヴ感あふれる口語体による連続講義として編まれる。編集には、現在注目を集めている気鋭の哲学者があたった。
「実学優先」が叫ばれ、「哲学や人文学など不要だ」という暴論まで平気で口にされる現状の中で、「知」の拠点であるはずの大学は、まさしく存亡の危機にある。また、インターネットをはじめとする情報通信技術の発展によって、グローバルな規模でのコミュニケーションは確かに加速したが、逆説的にも、それに比例して「ことば」はただの消費材と化し、思慮ある議論の場は急速に失われつつある。そうして、一見、高度に成熟したように見える社会の背後では、人が生まれて死ぬという「いのち」の事実に対する感性は鈍くなり、世界各地でテロをはじめとする、従来の観念では捉えきれない「戦争」の現実味がかつてなく高まっていることは言うまでもない。
本書は、ここに掲げられた「知」、「ことば」、「いのち」、「戦争」という「四つの危機」を正面から取り上げ、立ち向かおうとした哲学者たちによる真剣な格闘の記録である。歴史を振り返れば、哲学はいつも時代の危機と闘う役割を担ってきた。哲学によってしか打破できない危機があり、哲学によってしか切り拓かれない未来がある。その未来の姿は、本書の中で生きた言葉を通して指し示されている。

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)はこんな本です

連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦 (講談社選書メチエ)のKindle版

ツイートする