沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)

  • 113人登録
  • 3.57評価
    • (8)
    • (9)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 講談社 (1998年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062604208

沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)の感想・レビュー・書評

  • はじめてこの作品を読んだ頃、大滝党首のいう「やまと保険」の仕組みがよくわからなくて、何度も考え込んだのを覚えている。今読んでも僕の浅い知識ではもうひとつイメージがはっきりしないけど、まったく新しい発想の安全保障だという印象は強い。現実のものにならないのは、やっぱり実際には無理があるからか、これだけも覚悟を決めることが実際には誰もできないからか。大滝の魅力は、こういう奇想が出てくるところと、それをきわめて魅力的に語り人を納得させていくところだろう。テレビ討論会での、最後の彼の発言は、取りようによっては何もいっていないことになるのかもしれないが、僕にとってはとても魅力的だ。

    コミックの中とはいえ、これだけ堂々とした選挙を見せられると、なんだか悔しくなる。悪役扱いの海渡幹事長でさえ、彼の心の中にあるのは私心ではなく、日本をどうしていくのかという切実な危機感であり、そのためには汚名をきることを覚悟さえしているのだから。

    イギリスのロイド保険の役割などをみていると、少し前に登場したフランスと同様、さまざまな国を定義づけをして、物語の中に取り込んでいることがわかる。よくできているし、いい感じだ。

  • ここまでは連載時に読んでたので再読。当時とは全然世界情勢の違う今読むとまた違った感じ。これからの展開が楽しみ☆

  • 『やまと保険』発想が奇抜ですごいこと考えるなぁ~。実際には無理なんだろうけど発想力が大事だと気がつかされました。

  •  「核」と平和をテーマに展開される、戦争・政治・国家……全ては人間の、人間臭さに通じるドラマを8年かけて描いた、わずか2ヶ月の物語。

     民自党から分裂した新党、鏡水会党首、大滝淳は北極海で『やまと』艦長海江田と会談を行う。全世界に報じられたその会談で大滝が口にしたのは、「やまとに保険をかけること」。本来、沈むことが前提の軍艦に保険はかけられない。大滝が「新たな安全保障」と位置づけた保険はどうなるのか?

     竹上の新民自党、海渡の民自党、大滝の鏡水会、そして、河之内の革新連合。4つの政党は、やまとを認めるかどうか、どのような理想・思想で、どのような手法で政治を行うか、それぞれの主張を中心に選挙戦を繰り広げる。数時間に及ぶ党首討論を経て、“雪の”投票日、そして首班指名を迎える。

     海渡「日本で政変が起こるときに雪が降るというのは本当だな」
     竹上に語りかけたこの言葉の意味は!?

全5件中 1 - 5件を表示

沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

沈黙の艦隊(8) (講談社漫画文庫)のコミック

ツイートする