蒼天航路(9) (講談社漫画文庫)

  • 160人登録
  • 3.70評価
    • (21)
    • (8)
    • (42)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 王欣太
制作 : 李 學仁 
  • 講談社 (2001年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062609616

蒼天航路(9) (講談社漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妖しさ全開の孔明登場!

  • 曹丕が甄を手に入れて、曹操に報告した時の、曹操のくやしさいっぱいの振り向きざまの「それはおめでとう!」がなんだかかわいかった。

    息子に先こされたのがよっっっぽど悔しいんだろうな。
    曹操があそこまで悔しそうな顔したことなかなかなかったので、なんだかおもしろかった。

  • 諸葛亮公明って、9巻になってやっと登場するのですね。
    それにしても、あの描かれ方は・・・

    この本について、アメブロでも書いています
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/entry-10267435677.html

  • 郭嘉強し

  • 戦に勝つたびに
    やらねばならぬ事に
    やりたい事が加わり
    心はどんどん自由になってゆくぞ

    孟子に言う
    天が人に大いなる任を降そうとする時
    必ずまず
    その心志を苦しめ
    その筋骨を疲れさせ
    その体を飢えさせ
    その身を窮乏させ
    行うこと為す事に
    幾多の障害を与える

    法家・・法
    儒家・・理想

    建安文学

  • 郭嘉と張遼が漢すぎて孕む

  • 曹植が出てくる巻です。
    そして、郭嘉が活躍する巻です。
    この二人が好きな私としてはとても読み応えのある巻でした。
    ちょっとアダルトな内容があるのでオロオロしながら私は読んでいました;

全7件中 1 - 7件を表示

王欣太の作品

蒼天航路(9) (講談社漫画文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼天航路(9) (講談社漫画文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする