にじいろのさかな (世界の絵本)

  • 900人登録
  • 3.80評価
    • (113)
    • (93)
    • (162)
    • (7)
    • (4)
  • 135レビュー
制作 : 谷川 俊太郎 
  • 講談社 (1995年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062619516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェル・シルヴァ...
馬場 のぼる
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
ヘレン・バンナー...
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
エリック カール
ばーじにあ・りー...
有効な右矢印 無効な右矢印

にじいろのさかな (世界の絵本)の感想・レビュー・書評

  • 子供レベルでは、自分の持っているものをみんなでわけあおう、そうしたら自分も幸せ、みんなも幸せ、というお話。キラキラした絵が美しく、息子も大好きですし、図書館でも人気。
    特に冒頭など、訳もすばらしいですが、「彼」「にじうお」「だが」など、絵本にしては大人っぽい語り口です。

    大人の感想としては、共産主義的なストーリーだと感じました。虹色のうろこをもらおうと手のひらをかえしたように仲良くしようとするほかのさかなたち、、、さまざまな読み方ができる絵本です。

  • キラキラと光るさかなの絵を見て子どもの目もキラキラ。
    子どもにはこの絵本から何かを感じ、優しさを学んでもらえてたら嬉しいなぁと思いながら読み聞かせました。

  • 図書館で借りて読み。

    さかな、きらきらうろこいちまいだけなの、と聞いてきた。
    まあ、自分のうろこは自分じゃなかなか見えないし、回りのお友達が付けててくれたら自分の周りもきらきらして楽しくなっていいんじゃないの、と答えておいた。

  • 教訓が分かりやすい絵本。
    譲り合う大切さ、これで学べるのかはわかりませんが、キラキラ輝く絵本という魅力があります。

  • 年少版を読んだ後に
    もう一度、こちらの本を読みましたが
    やっぱり、同じお話とは言え、
    難しかったようです

  • 子供の頃、時折きらきらした虹色の鱗に触って遊びながら、母に読んでもらった。

    主人公の魚のきらきらが、どんどんなくなっていくのを見ながら、
    自分の綺麗な部分を人にあげる彼を「すごい」と思うと同時に
    「なんであげちゃうんだろう?」と疑問にも思っていた。

    しかし大人になってふと、「虹色の鱗」は「思いやりの心」の象徴なのだと感じた。
    自分のいいところを活かして、周りに思いやりと優しさをもって接したことで、
    ひとりぼっちの魚はみんなに好かれるようになったんだ、と。

    ストーリーも、深みのある絵の表現力も素敵で大好きな一冊。

  • 差し出さないエゴと差し出すよろこび。喜びをもう少し繊細に描いてくれたら、と思う。

  • 子供が珍しく自分から「キラキラのお魚の」と欲しがった本。

  • 世界一美しい魚「にじうお」が、みんなと仲良くなるためには・・・なお話。

    幸せをみんなで共有する、というのは良いことだけどね。

  • 色が印象的ですね。
    親戚より頂きました。

    色の印象的な絵本です。
    でも、内容は小さい子には難しいような気がします。

    どうして、おさかなさんはにじいろのうろこをあげたんでしょう…

    大人でも少し考えてしまう。
    絵本かもしれません。

  • 119
    12m
    めっちゃいい本じゃん!!って感動したのだけど、りおはまだストーリーわからないってことで、また借りよう

    ーーー
    何度かトライしてるけど、今2y8mでダメってことは、あんま好きじゃないのかも
    大人がいいって思うだけなのかも

  • 箔の鱗の、美しく光るページ。
    小学生の時に大好きで。何度も開いて、本を揺らして鱗をきらきらさせながら眺めました。

  • 資料番号:020115275
    請求記号:E/フイス

  • 図書館。2歳11ヶ月の子供に読んだ。キョトンとしていたような気もするけど、しっかり最後まで聞いていた。その後数回再読。

  • 26年度 (1-3)(1-4)

    5分

  • きらきらがついてる本って指で触りたくなる。

  • 自分のものを自分で使うけれどひとりぼっちで満足するか、自分のものを他の人に分け与えて仲間ができるか。
    そんなおはなし。

  • 「にじいろに輝くうろこをもった、世界でいちばん美しいさかな。
    でも、彼はひとりぼっちでさみしい。
    ある日彼は、かしこいタコに相談にいくことにしましたが……。」

    光るうろこが効果的でとても美しい。
    自分だけが持っている大切なうろこを独占したい気持ちはとてもよく分かる!
    でも、与えることの喜びはもっと大きいものだよ・・・とさりげなく教えてくれる絵本だと思いました。

    いい絵本だと思う一方、読み方によっては上から目線の危険もあるかなと感じました。

  • スラリとした美人で鼻持ちならない彼女は、その美しさゆえプライドが高く、いつもひとりぼっち。でもある人のアドバイスで、みんなに「笑顔であいさつ」をすることからはじめた。すると周りの人たちとの楽しく、幸せな毎日が始まるようになりました。

    人に置き換えるとわかりやすいと思いまして。

    ステキな絵本です。大好きな絵本のひとつになりました。

  • 小学校の図書館にあった記憶があります。

    虹色の鱗だけキラキラなところが良いです。
    仕掛けというほどのことでもないですが、ちょっとした特別な工夫があると子どもはわくわくして喜びますね。

  • 図書館で大型絵本を目にして気になっていたので、図書館でよんだ

    どこの海を探しても他にはいないような、虹のように様様な色のうろこを持った、「にじうお」のおはなし
    けっこうお決まりのパターンなのだけれど、子どもは、きらきら光る「ぎんのうろこ」が好きそう
    自分が持っている(知っている)いいものは、人と共有することで、なおいっそう輝くことがある
    偽善ではない思いやりの大切さなどを感じて、なんだか少し反省してしまった

  • 2012.9.19 4-1
    -----------------------
    2014.3.12 3-1

全135件中 1 - 25件を表示

にじいろのさかな (世界の絵本)に関連する談話室の質問

にじいろのさかな (世界の絵本)を本棚に登録しているひと

にじいろのさかな (世界の絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

にじいろのさかな (世界の絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

にじいろのさかな (世界の絵本)の単行本

ツイートする