李歐 (講談社文庫)

  • 3434人登録
  • 3.84評価
    • (612)
    • (456)
    • (790)
    • (41)
    • (13)
  • 536レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • どうしても読みたくなって久々に読み返した。
    今読むと、前読んだ時にはわからなかったいろいろな機微がわかるようになって一層面白い、というか切ない。
    咲子の気持ちとか、守山の気持ちとか、でもそれでもみんな死んでいってしまって残される一彰とか。
    そしてそこに残る李歐という存在の異質性というか、輝きというか…
    考えてみたら李歐が直接登場してるシーン、ものすごく少ないのに、全体に存在感がどーんとあるのがさすが李歐としか言えない。

    そして、昔は主人公がものすごく掴み所がない、よくわからない人、という印象だったけれど、今読むとなんとなく気持ちがわかる気がする。
    目的もなにもなく宙ぶらりんに生きる気持ちがなんとなく重なった。
    ただ、そんな彼に李歐が現れることで変わっていく、というのがまたなんとも言えないくらい素敵でした。
    何度も読みたくなる作品。

  • あぁ、もう胸がいっぱい。

    長い年月、小さな約束を胸に激動の時代を生きた2人の男。
    一彰と李歐、どちらも深く心情を掘り下げている訳ではないのに、
    一彰の歩む人生からはまだ見ぬ大陸への渇望が透けて見えてくるし、
    李歐が残した足跡からは、どこまでも広がる壮大な夢が広がります。

    お互いが磁石のように引き寄せあうような、
    それでいて常に大きな壁が立ちはだかっているような何とも言えぬもどかしさ。

    広大な土地を桜吹雪と共に爽やかな風が吹き抜けていくような、
    清々しい余韻を残してくれました。

    大好きな作品になりました!

  • 本作の主人公は、大阪の大学に籍を置きながら、幼少時に彼が過ごした町の工場で働いていた外国人を訪ねている吉田一彰という青年です。そんなある日、彼が働いている「ナイトゲート」というクラブで殺人事件がおこなわれるという計画があることを聞かされ、しかも一彰がターゲットとなっている陳功という男に電話を取り次ぐ役を引き受けることになります。この事件がきっかけとなって、彼が幼少時に過ごした西淀川の姫里にある旋盤工場の人脈が、東アジアにまたがる闇の世界の一端につながっていたことが少しずつ明らかになっていきます。

    一彰は、陳功を殺した李歐という若者に出会います。意気投合した2人は、住之江区平林の倉庫から、笹倉という男の隠し持っていた拳銃を盗み出すという計画を立てます。見事計画を成功させた彼らは再会を約束して別れ、李歐はシンガポールへと旅立っていきます。他方一彰は、盗み出した拳銃を交渉の材料として姫里の工場の再建資金を手にして、工場の再建に努めます。工場長の娘の咲子と結婚して世帯を持つ一方で、彼は李歐との約束をけっして忘れることなく、もう一度彼と会うことを願います。しかし、ひとたび一彰が片脚を突っ込むことになった闇の世界は、簡単に彼がそこから抜け出すことを許してくれません。

    月日は流れ、何の因縁か、笹倉と再会することになった一彰は、李歐の現在について教えられた彼は、李歐のもとへ行きたいと願いますが、妻の咲子と息子の耕太を置いて日本を去ることは難しく、2人が約束を実現するにはさらなる年月が必要でした。

    大阪の下町とはまた違う湾岸地域独特の雰囲気と、在日コリアンや中国系マフィアの複雑な人脈関係を背景に、主人公の30年に渡る半生を描いたアンチ・ビルドゥングスロマン小説です。読んでいる間、機械の錆びたような空気が胸に這い上がってくるように感じられ、そのハードボイルドな魅力に一気に引き込まれました。

  • 毎度ながら、雰囲気はじっとり暗いし、難解な言葉も多いので読みやすくはない。死んだような生活を送ってた吉田が李歐と出会ってからの二人の不思議な関係(愛?)に引き込まれた。常識では考えられないけどすごい生き方。要所要所で出てくる桜の描写が印象的。

  • 飛ばし読み。中国語の音をカタカナで綴った文章が結構長く頻繁に出てくるため目が滑る。

  • ストーリーはやや平坦。はっきりとした起承転結はない。風景の描写や物語の世界観が高村薫らしく美しく、現実を忘れて引き込まれる。李おうが主人公に惹きつけられている根拠がよくわからないなど、細かいことを気にし始めると引っかかるところはあるが、そういう読み方をすべきではないだろう。

  • 光景が目にハッキリと浮かぶ美しい描写。それでいて壮大、且つぶっ飛んだストーリー。
    小説はちょとクレイジーくらいが面白いと思うが、まさにそのもの。

  • 艶のある文章が読みたくオススメされた物を読みはじめました。

    艶があるというと、恋愛であるとか性描写などが当てはまるのでしょうが、本書では違うと思い知らされました。
    同性愛要素があるので、それだけで濃厚といえば濃厚ですが、それを抜きにしても濃厚でした。
    男女関係、銃の取引、マフィア、他国国籍の人間との絡み。
    私が感動したのは、風景であったり心理描写が兎に角美しいと胸を打たれました。

    一彰と手を組んで悪巧みをする前に「嘘なら嘘と貫き通してくれ。〜」と友情を結び握手をする。その直前にもっと同性愛的な表現があったのに、こちらのセリフの方に濃厚な感情を感じました。
    他にも一彰が李歐にビールを差し入れして彼が喜ぶ何気ないワンシーン。
    あからさまな描写よりも、どこかさりげなさを感じるほんの一部分にとても惹き付けられ、頭の中にそのシーンのイメージが勝手に浮かび上がりました。
    特に胸がドキドキしたのは、李歐が約束を交わして何年も経った頃に、桜をプレゼントすると約束したシーンです。
    高価と言えば高価ですが、美しい桜そのものではなく、二人で凄く時間を共にしたいという贈り物が素晴らしく美しかったです。中国大陸の雄大さと五千本の桜が咲き誇る幻想的な美しさ、凄くドキドキしました。たった3ページたらずだからこそ、そのシーンだけを何度も読み返してしまいました。
    彼らはそれぞれに家族を持ったり仕事をしたりと、自分の生活がありましたが、それでも長い年月お互いを意識し合っていたこの部分が濃厚さを感じました。
    決して妬んだり恨んだりもせず、いつも心配したり、大切に思いやるこの精神的な絡みがとても素敵でした。
    一彰も最初は何もかもがどうでも良さげだったのに、人と出会い時間を重ねていくうちにドンドン人間的な感情が芽生えて行くのもとても良かったです。

  • 『李歐に会いたくて読み進めていた』

    この本を貸した友人が言っていた通り、一彰の目を借りて李歐に魅了されてゆく
    (しかも、その目を貸してくれる一彰自体が魅了的な男なのだ)

    読後の爽快感、多幸感!満開の桜が目に浮かぶ
    一彰たちに幸あらんことを

  • 高村薫の小説は描写が細かくて読むのにエネルギーを使うため
    敬遠していたところがあるのだけど、
    この本は比較的読みやすくて入りやすかった。

    中国大陸と日本を股にかけるスケールの大きさと
    ある種の妖艶さや耽美感の雰囲気、
    機械加工や拳銃描写の細かさ、
    登場人物の魅力といろんな要素がからみ合った物語。

    物語に入り込んでいるうちはそれほど気にならないが
    冷静に振り返ると、物語の根幹をなす
    一彰と李歐の関係性について、読者を納得させるだけの
    材料が提示されていないのは致命的な難点だと思う。

  • 主人公の学生時代から家庭を持つまでの生涯を追う物語。
    暴力団関連の事件と絡み合って進行するストーリー展開はスリルがあってよかった。
    銃の描写が事細かに記されているが必要だったのかは疑問。
    中国人のキャラクターや漢詩などが多く登場し、慣れていなかった自分には少し読みづらい部分があった。

  • 心臓が妊娠…心臓が…

  • もう、何度読み返してもおもしろい。『わが手に拳銃を』の全面改稿ですが、どちらも読み応えがありました。さすが高村先生です!

  • すべてが美しいです
    李歐の「櫻花(インファ)」という言葉にゾクリとする
    「わが手に拳銃を」を下敷きにして登場人物まったく同じにあらたに書き下ろされているが、「わが手に…」がゴツゴツした金属の塊で「李歐」はその塊を丁寧に加工して美しく磨きあげられたようなもの。
    壮大で美しい、桜の描写はなんと言えばいいのか、読んでいて目の前に息をのむほど美しい桜があるかのよう、李歐の強さと聡明さと美しさそのもの。
    読後の余韻がたまりません。
    できれば「わが手に拳銃を」を読んでから読んでほしい。

  • 壮大な物語。
    読んですぐには言葉には表せないほど、読後の余韻がすさまじい。人一人分の人生を生き抜いたみたいだ笑。

  • 鮮やかな残忍さと透徹を備えた聡明で美しい殺し屋と、幼い頃から虚無感を抱き続けたクールな男の、長く壮大な物語でした。

    あまりにも濃い物語と美しい情景に余韻がしばらく消えそうにありません。特に本書の桜の描写は見ものです。なんといって言葉にすればいいのか。

    1960年以降の日本が舞台ながら、中国の広大な大地、マニラの山林、シカゴの証券取引所など殺し屋が駆け巡った土地は世界中におよび、スケールの大きさが伺えます。
    そして、本書はなんといっても裏社会に魅入られた男が主人公なだけあって、普段私の知る世界とは全くの別物で、夢中で読んでふと現実に戻るとそのギャップに背筋がぞくっとするほどでした。
    こんな世界、私は知らない。

    随分とハードボイルドな作品で色気もあり、男性二人のやり取りには本当にぞくぞくさせられました。
    「運命」と言うと陳腐な感じがしてしまうし、彼ら二人の繋がりは「愛」とも「友情」とも単純に呼べるものではないと思うのだけど、一生に一度の鮮烈な出会いだったんですよね。
    生きるか死ぬかの世界を生き抜いた殺し屋にしても、母に捨てられ醒め切ったような男にしても、確かに残っていた純な部分が互いに呼応したんでしょうか。うまく言えませんが、言葉で説明しようとすること自体が、無粋なのかもしれませんね。

    冷徹なこの世界ではたくさんの人が殺されますが、田丸刑事にせよ、ギャングたちにせよ、一定の矜持を持っていると感じられる人も数多くいて、そこが格好いい。
    私には想像もつかないような、政治的な駆け引きなんていうものが存在する世界なんですよね。思想の違いで人が死ぬ、なんて平和な世界に生きているとピンときませんが、この時代の日本、それも中国との距離が近い彼らにとっては肌に感じる程身近なものだったんでしょうね。

    機械工場や拳銃、薬物と、広大な土地に咲く何千本もの桜、耕された農作物との対比がまた印象的で、なんとも美しい余韻を心に残す1冊でした。
    しばらくは思い返して余韻に浸ること必須です。

  • MBA取得を優先させる為に読書を完全自粛していた20か月。やっと本がまた読める!この日をどんなに待ちわびた事か。

    というわけで、読書復帰記念はやはりこの作家から。

    はー良い作品だった。相変わらず小説の世界にどっぷり浸からせてくれる。重苦しい雰囲気をとことん味わわせてくれる。

    機械や拳銃の説明が細か過ぎるとか執拗過ぎるとか、そういうのは高村薫の小説では許せる。なぜ一彰がそんなに中国に憧れを抱いていたのか。一彰はともかく、なぜ李謳も一彰に唯一無二の特別な感情を抱いたのかその辺が分からなかった。でもそんな事はこの小説では気にならなくなる。人物の心理描写、大阪の街の空気が伝わる風景描写のお陰で、「そもそも」の所が曖昧であっても充分にリアリティに溢れる小説になっているから。

    にしても、最後は高村作品にしては異様に爽快なハッピーエンドでびっくりした。いえ、そうじゃないのを期待していたわけではないんですが笑。たまにはこういうのもいいよね。

    個人的に最近ちょっと特別な思い入れがある十三・北新地・福島・・そんな地名が出てきて、それも良かったな。

    良い小説の読後の「はー、読み終わっちゃった・・」という感覚を味わえました。この読み応え、まさに求めていたもの。ベースになった「我が手に拳銃を」もいつか読んでみたい。

  • この人の本はいつもヴァイオレンス・アクション。阪大生・一彰を主人公に、不倫相手の女性阪大准教授、15年前の同居していた人々など。朝鮮・中国人、スパイなどが登場し、謎に包まれた大阪の下町の雰囲気がピッタリ。小説は次第に時代が広がり5歳時、そして36歳までの31年間。波瀾万丈の中での守山、咲子、原口、田丸たちの様々な人種!の登場。そして李歐という中国の変化を象徴する謎の絶世の美男。日本の関西という地域の裏事情がいかに国際的な影響下にあるかを知らされる。当に今、中国からの爆買いはその流れの中だろう。

  • のめり込みながら読んだ。
    壮大。愛が壮大。なんだろう…家族より恋人より夫婦より親子よりなんか…なんだ!私にはこの関係性を説明出来る語彙がない!
    とりあえず、凄く良い作品読んだなー!という充足感で幸せです。ありがとうございます。

  • 再読...なんですけどこんなに...えー...惚れてましたっけ?読まない間にだいぶ脳内でマイルドになっていたようでラストのハッピーっぷりにびっくりしました。蜜月とはこのことか。

  •  無気力な日々を過ごす大学生の吉田一彰はマフィアの犯罪計画に荷担する事に。そして当日、事件現場に現れた李歐と名のる殺し屋との出会いが一彰の運命を変えていく。

     この二人の関係性って何なんだろう? 友情でもない気がするし、いろんな方が言っているように男同士の愛の話という気もしますが、それも微妙に違う気もするし。でも確かに言えることは、この二人の関係性がとにかく美しいということでしょう!

     李歐の存在感がとにかく大きい。読んでみると、彼の登場場面はさほど多くないのですが、それでも李歐と一彰が初めて言葉を交わす場面の扇情的な雰囲気は忘れがたいです。その瞬間、読者である男の自分も李歐の魅力からめ捕られたそんな気がしました。

     一彰の人生はかなり波乱万丈。小さい頃の母の蒸発、そしてその後も裏組織が絡む事件になぜか巻き込まれ、平凡な幸せがとにかく遠く感じるような、そんな彼の人生が作中では語られます。

     彼の濃密な人生、裏に控える強大な組織の闇、そして無気力ながらも、どこかで破壊願望や破滅願望を持っているように見える一彰の心理、そうしたものが高村さんの重厚な文体で語られながらも、最後に待ち受けるのは圧倒的なまでに美しい桜景色と大陸です。今までの様々な闇をすべて切り裂くような、その描写はこの世の桃源郷が目の前に立ち現れたかのようです。

     BLっぽい、という話を聞いていて、また背表紙の内容紹介も若干それを匂わせているものだったので、すこし読むのをためらっていた作品だったのですが、読んで良かった、と読み終えて心から思いました。

  • 前半はなかなか読み進まず辛かったが、乗ってくると面白い。が、一文が長いのか、段落がつまりすぎているのか、なかなか集中出来なくて流し読みしてしまった部分もあったし、読み返さないと意味が掴めないところもあった。
    最後はどちらかが死ぬのではないかと思っていたが、李オウらしいラストでよかった。

  • 結局雰囲気BLかーと中盤で李歐も一彰も結婚し子供も育て‥‥ってあたりで思ったけど最後きちんとホモで〆ていて高村薫先生へ畏敬の念が浮かびました。何人殺しても殺されても最後、二人であればいい、最高かよ

    難をあげるとしたら外人の日本語レベルが高村薫並(当たり前ですが)で二ヶ国語以上喋れてそれだけ語彙あるの貴女だけですよ、ってくらいかな

  • on my ownを聞きながら読んだせいでそのイメージになっている。歌詞確認したら最高にマッチしていたので運命だったのかもしれない。特に幽霊以降との親和性は素晴らしかった。
    この曲を聴きながらこの本、という組み合わせでハマったものに出会ってしまうとこの先その曲を思い出すごとにこの本を思い出しそうである。
    on my own.

    読み終わった次の日に満ち潮のように、ただ広く広く広過ぎてさみしい気持ちになった。
    on my ownがやはり流れる。

全536件中 1 - 25件を表示

李歐 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

李歐 (講談社文庫)に関連するまとめ

李歐 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

李歐 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

李歐 (講談社文庫)の作品紹介

惚れたって言えよ-。美貌の殺し屋は言った。その名は李欧。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五年の月日が二つの魂をひきさいた。『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

ツイートする