李歐 (講談社文庫)

  • 3442人登録
  • 3.84評価
    • (615)
    • (456)
    • (791)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
高村 薫
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • うーん、一人の人間に魅せられて、人生をここまで貫くというのはなんとも小説的で、だからこそ面白いなぁと思った。

    そんなに李歐は魅力的なのか、と思ったけれど、よくよく読んだらものすんごく魅力的だった。

    とにかく頭がよくて格好いい、しかもそんな相手が自分と同じ魂を持っていて、約束を違えず、国境も時間も超えて自分を想っていてくれるとしたら。
    性別はもはや関係ない。

    しかし髙村薫はどうしてそんなにいろんな知識を持っているんだと常に驚嘆してしまう。
    興味の対象の広さと、それを掘り下げる知識の深さはマリワナ海溝並だ。

  • 李謳というキャラクターに引き込まれて魅了されて、読了後に思わず「うわー!」と声を上げてしまったくらい。
    そのくらい、眩しい。
    読み始めは文章の硬さと緻密すぎる描写に何となく苦手意識があったんですが、最後には気にならなかったです。
    李謳が素敵過ぎて\(^o^)/

  • なんというか平凡な主人公にずば抜けて魅力的な相棒?がいる感じ。それぞれに違う社会生活を営んでいるのにその世界は時折交差する。不思議な感覚で読み進むのが楽しかった。
    エキセントリックかつ、地味~な生活臭さと常に相反するものなのに魂が寄り添っている。
    二人のキャラクターがそれぞれに素敵。
    退屈しない一冊。たまに妙にドキドキさせられて『まったくもお』とひとりごとが出てしまう本だった。

  • 『わが手に拳銃』を下敷きにした、李歐と一彰の魂の物語、というものなんだろうなあ。わが手〜の方が刺々しいというか、なにかを削ったあとのやすりがけする前のざらざらとした感じで、こっちはやすりがけをしたあとのまろやかな感じを受けた。李歐と一彰の関係性にもう少し踏み込んだのがこっちなんだろうなあ。
    わが手〜でもそうなんだけど、李歐はやっぱりすごいな。これでもかというぐらい魅惑的に書かれているのもたぶん影響されているんだろうけど、一彰が李歐に対して激しい思いを抱く姿は脳内にありありと浮かんだ。李歐の持つ、どこまでも続く地平線の向こうみたいな底知れぬ壮大さに震えた。
    例の五千本の桜だけど、想像したら想像したでこんなことをしてしまう李歐ってほんとに…となった。さらりと挟まれる言葉に、くらくらきた。
    そして「父親が2人」は思わず笑ってしまったよね。

    (522P)

  • 『わが手に拳銃を』を大幅改稿改題した文庫版です。
    李歐も一彰も『わが手~』とは全然ちがいます。でもこちらの李歐も、「年月なんか数えるな。この李歐が時計だ。あんたの心臓に入っている」とか、やっぱり名台詞満載。お互いの心臓に接吻しあうなんて、なんだか艶っぽい…。
    あと原口組長の存在感がかなり濃くなってた!惚れてしまいそう。
    個人的には李歐と一彰が『わが手~』よりも美形&クールになっちゃったのがちょっぴり残念。でも、どちらも面白いです。こっちは艶っぽくて美しい。

  • ♪恋しちゃったんだ 多分 気付いてないでしょ

    って感じでした

  • 銃に魅せられ、裏の世界に足を踏み入れていく一彰と、彼の前に突然現れ、心を奪っていった美しき殺し屋・李歐。
    暗い世界の渦にのまれながらも、十五年にわたり繋がり続ける、二人の男の物語。


    友情でもあり愛でもあり、二人の名のない関係性がとても強く魅力的。なんともいえない切なさが、見事に描きだされています。

  • なんて重厚な。なんて淫靡な。
    そして、なんて純真な話なのだろう。

    過去の作品『わが手に拳銃を』をもとに、書き下ろされた本作。
    それだけで、作者の登場人物に対する並々ならぬ追求心がうかがえる。
    話の構成はかなり完成度が高くて、当然ながら行き当たりばったり感はゼロ。無駄なエピソードがひとつもない。

    と、そんなもっともらしいことはさておき、、、何に魅了されたかって、それはタイトルでもある李歐その人。

    なんというか、とても妖艶なのである。
    そして、これでもかというほどの生きぬくための執念。
    その執念の塊が、何の望みもなく、死んだように生きてきた一彰と出会い、二人は惹かれあう。一筋縄ではいかない世界情勢に巻き込まれながら、絶壁と向かい合いながらも、李歐の存在によって、一彰は胸の奥の希望を強めていく。


    タグで”ハードボイルド”と在るのを見て、そうか、こういう小説がハードボイルドなのか、と思ったが、でも、それに留まらない精神の高揚をつれてくる、魅惑的な物語である。
    (後半はとくに、胸がキュゥゥンと絞りあげられる!)

    ああ、もう一度読みたい。

  • ガチだガチだと(あるところでは)よく聞くので、ちょっと期待していたけど、「大陸」って言葉がこれ程似合う邦書があるだろうか。だだっ広い中国の大陸と、紙面からこぼれそうな桜の描写が美しい。説明の細かさもそうだけど、一気に読まないと、二人の儚さに負けてしまう。殺伐としてても冷ややかさはあまりない。最後まで一彰のキャラが掴めなかったしね。男女構わなかったり、あっさり人殺してみたり、李歐を求めてみたり、主人公が何考えてるかわからないっていうのも凄い(いい意味で)。
    同性愛とはまったく感じなかった。これは女との性描写が再三書かれているからかな。ノーマルから変換するのと間逆だ。「友情」にしては行き過ぎているけど、プラトニックな愛だと思う。

  • 言わずとも知れる高村薫先生の作品。
    『わが手に拳銃を』より好きかも。
    李歐と一彰の恋愛スペクタクル小説。読んでください。

  • あぁ、もう胸がいっぱい。

    長い年月、小さな約束を胸に激動の時代を生きた2人の男。
    一彰と李歐、どちらも深く心情を掘り下げている訳ではないのに、
    一彰の歩む人生からはまだ見ぬ大陸への渇望が透けて見えてくるし、
    李歐が残した足跡からは、どこまでも広がる壮大な夢が広がります。

    お互いが磁石のように引き寄せあうような、
    それでいて常に大きな壁が立ちはだかっているような何とも言えぬもどかしさ。

    広大な土地を桜吹雪と共に爽やかな風が吹き抜けていくような、
    清々しい余韻を残してくれました。

    大好きな作品になりました!

  • 本作の主人公は、大阪の大学に籍を置きながら、幼少時に彼が過ごした町の工場で働いていた外国人を訪ねている吉田一彰という青年です。そんなある日、彼が働いている「ナイトゲート」というクラブで殺人事件がおこなわれるという計画があることを聞かされ、しかも一彰がターゲットとなっている陳功という男に電話を取り次ぐ役を引き受けることになります。この事件がきっかけとなって、彼が幼少時に過ごした西淀川の姫里にある旋盤工場の人脈が、東アジアにまたがる闇の世界の一端につながっていたことが少しずつ明らかになっていきます。

    一彰は、陳功を殺した李歐という若者に出会います。意気投合した2人は、住之江区平林の倉庫から、笹倉という男の隠し持っていた拳銃を盗み出すという計画を立てます。見事計画を成功させた彼らは再会を約束して別れ、李歐はシンガポールへと旅立っていきます。他方一彰は、盗み出した拳銃を交渉の材料として姫里の工場の再建資金を手にして、工場の再建に努めます。工場長の娘の咲子と結婚して世帯を持つ一方で、彼は李歐との約束をけっして忘れることなく、もう一度彼と会うことを願います。しかし、ひとたび一彰が片脚を突っ込むことになった闇の世界は、簡単に彼がそこから抜け出すことを許してくれません。

    月日は流れ、何の因縁か、笹倉と再会することになった一彰は、李歐の現在について教えられた彼は、李歐のもとへ行きたいと願いますが、妻の咲子と息子の耕太を置いて日本を去ることは難しく、2人が約束を実現するにはさらなる年月が必要でした。

    大阪の下町とはまた違う湾岸地域独特の雰囲気と、在日コリアンや中国系マフィアの複雑な人脈関係を背景に、主人公の30年に渡る半生を描いたアンチ・ビルドゥングスロマン小説です。読んでいる間、機械の錆びたような空気が胸に這い上がってくるように感じられ、そのハードボイルドな魅力に一気に引き込まれました。

  • 艶のある文章が読みたくオススメされた物を読みはじめました。

    艶があるというと、恋愛であるとか性描写などが当てはまるのでしょうが、本書では違うと思い知らされました。
    同性愛要素があるので、それだけで濃厚といえば濃厚ですが、それを抜きにしても濃厚でした。
    男女関係、銃の取引、マフィア、他国国籍の人間との絡み。
    私が感動したのは、風景であったり心理描写が兎に角美しいと胸を打たれました。

    一彰と手を組んで悪巧みをする前に「嘘なら嘘と貫き通してくれ。〜」と友情を結び握手をする。その直前にもっと同性愛的な表現があったのに、こちらのセリフの方に濃厚な感情を感じました。
    他にも一彰が李歐にビールを差し入れして彼が喜ぶ何気ないワンシーン。
    あからさまな描写よりも、どこかさりげなさを感じるほんの一部分にとても惹き付けられ、頭の中にそのシーンのイメージが勝手に浮かび上がりました。
    特に胸がドキドキしたのは、李歐が約束を交わして何年も経った頃に、桜をプレゼントすると約束したシーンです。
    高価と言えば高価ですが、美しい桜そのものではなく、二人で凄く時間を共にしたいという贈り物が素晴らしく美しかったです。中国大陸の雄大さと五千本の桜が咲き誇る幻想的な美しさ、凄くドキドキしました。たった3ページたらずだからこそ、そのシーンだけを何度も読み返してしまいました。
    彼らはそれぞれに家族を持ったり仕事をしたりと、自分の生活がありましたが、それでも長い年月お互いを意識し合っていたこの部分が濃厚さを感じました。
    決して妬んだり恨んだりもせず、いつも心配したり、大切に思いやるこの精神的な絡みがとても素敵でした。
    一彰も最初は何もかもがどうでも良さげだったのに、人と出会い時間を重ねていくうちにドンドン人間的な感情が芽生えて行くのもとても良かったです。

  • 『李歐に会いたくて読み進めていた』

    この本を貸した友人が言っていた通り、一彰の目を借りて李歐に魅了されてゆく
    (しかも、その目を貸してくれる一彰自体が魅了的な男なのだ)

    読後の爽快感、多幸感!満開の桜が目に浮かぶ
    一彰たちに幸あらんことを

  • すべてが美しいです
    李歐の「櫻花(インファ)」という言葉にゾクリとする
    「わが手に拳銃を」を下敷きにして登場人物まったく同じにあらたに書き下ろされているが、「わが手に…」がゴツゴツした金属の塊で「李歐」はその塊を丁寧に加工して美しく磨きあげられたようなもの。
    壮大で美しい、桜の描写はなんと言えばいいのか、読んでいて目の前に息をのむほど美しい桜があるかのよう、李歐の強さと聡明さと美しさそのもの。
    読後の余韻がたまりません。
    できれば「わが手に拳銃を」を読んでから読んでほしい。

  • のめり込みながら読んだ。
    壮大。愛が壮大。なんだろう…家族より恋人より夫婦より親子よりなんか…なんだ!私にはこの関係性を説明出来る語彙がない!
    とりあえず、凄く良い作品読んだなー!という充足感で幸せです。ありがとうございます。

  •  無気力な日々を過ごす大学生の吉田一彰はマフィアの犯罪計画に荷担する事に。そして当日、事件現場に現れた李歐と名のる殺し屋との出会いが一彰の運命を変えていく。

     この二人の関係性って何なんだろう? 友情でもない気がするし、いろんな方が言っているように男同士の愛の話という気もしますが、それも微妙に違う気もするし。でも確かに言えることは、この二人の関係性がとにかく美しいということでしょう!

     李歐の存在感がとにかく大きい。読んでみると、彼の登場場面はさほど多くないのですが、それでも李歐と一彰が初めて言葉を交わす場面の扇情的な雰囲気は忘れがたいです。その瞬間、読者である男の自分も李歐の魅力からめ捕られたそんな気がしました。

     一彰の人生はかなり波乱万丈。小さい頃の母の蒸発、そしてその後も裏組織が絡む事件になぜか巻き込まれ、平凡な幸せがとにかく遠く感じるような、そんな彼の人生が作中では語られます。

     彼の濃密な人生、裏に控える強大な組織の闇、そして無気力ながらも、どこかで破壊願望や破滅願望を持っているように見える一彰の心理、そうしたものが高村さんの重厚な文体で語られながらも、最後に待ち受けるのは圧倒的なまでに美しい桜景色と大陸です。今までの様々な闇をすべて切り裂くような、その描写はこの世の桃源郷が目の前に立ち現れたかのようです。

     BLっぽい、という話を聞いていて、また背表紙の内容紹介も若干それを匂わせているものだったので、すこし読むのをためらっていた作品だったのですが、読んで良かった、と読み終えて心から思いました。

  • まず、この作品は登場人物が魅力的!女性ならドキドキしてしまうと思います。
    高村作品独特の男同士の友情が美しく、登場人物が悲しい。
    主人公の孤独と寂しさの描写が、分かる部分があったので、感情移入しすぎて読み終えました。
    救いのあるラストがあまりにも美しくて、私も救いがほしいと、嫉妬さえもしてしまいました。
    映像化したらどんなに素敵だろうと思うのですが、きっとそれを見たらがっかりもするんだろうなぁ、と思います。
    でも桜の満開の部分は見てみたい。

  • 久しぶりのザ・エンターテイメント小説にすっかりハマりました。
    高村薫さんの作品は『リヴィエラを撃て』以来。10年前くらいに読んだのか。覚えてないくらいだけど、面白かったのは覚えていて、だけど最初の取っつきにくさが邪魔をして選ばずにいました。ネットで『李歐』の評判を見て買っておいたのを、風邪で寝ているのがもったいなくて朦朧としながら読んでいた。

    主人公は吉田一彰という母親が中国マフィアと駆け落ちしてしまったという大学生。その生い立ちのため、すべてにおいて冷めています。ところが、アルバイト先のクラブで李歐という美貌の殺し屋と出会い、生に執着し始めるという。陳腐な言葉でいうと、互いの孤独を嗅ぎ取った出会いというのでしょうか。友情とも愛情とも意識させない絶妙な描写で、ぐんぐん読ませてしまいます。
    そこに、中国マフィアの陰謀や日本のマル暴さんの企み、最後にはアメリカ世界経済が絡み、そりゃあもう残酷かつハラハラの世界。
    冷徹で華麗な李歐はもちろんかっこいいのですが、一彰が幸せになってほしくて、幼いときにかわいがってくれたおじさんの鉄工場を継いで立て直してくれるところや所帯を持つところは、李歐と結ばれない哀しさを感じつつも嬉しかった。ラストの桜のシーンは圧巻で、ロマンに溢れています。
    ちょくちょくレビューで書かれていますが、一彰と李歐の関係が『BANANA FISH』のアッシュと英二の関係みたいなので、『BANANA FISH』も読み直したくなりました。(どちらも映画化しないでほしいような、してほしいような作品ですね。)
    あと、李歐が舞踏するシーンは『さらば我が愛、覇王別姫』のイメージもあるかな。李歐は背の高い綾野剛のイメージです。一彰はとりあえず松ケンで。

    『我が手に拳銃を』という作品を改訂したそうで、拳銃の描写がめちゃくちゃ克明です。申し訳ないが苦手分野のため、そのへんはまったく想像せずに読み飛ばしてしまいました。
    いずれ『我が手に〜』も読もうと思いましたが、いつになるやら。。

  • たぶんクライム・ノベルなんだろうなぁ~と思っていました。
    馳星周の作品みたいな。そしたらそしたら、さすが高村氏。
    それだけじゃぁ~終わらせないんですね~。読み応えバッチリ!
    主人公の青年は一見平凡な設定にはしてありますが、読み進めていくと結局は幼い頃から裏社会に接しています。そして出会うべきして出会う一人の美少年。
    むむむ、こりゃ~やおいモノか??とも思いましたが・・・またまたそこは高村作品。
    スケールの違いにこれまたびっくりするはずです。
    公安が絡んだり、スパイややくざが絡んだり、国際的陰謀にまで繰り広がれる面白さです。
    そしてラストには私はなんだかとっても感動しちゃいました。
    最近、あまり新作にお目にかかれない高村作品ですが、こんなすごいのを描くなら、時間が掛かるだろうなぁ~とも思います。
    う~む、早く新作を読みたいですよん。

  • 文庫版しか存在しない、高村さんにしては珍しい小説(『我が手に拳銃を』を別作品とすればですが)。

    真っ暗な主人公の世界の中に一筋の光、その先に李欧が。
    本当に魅力的な作品ですが、残念なことが1つ。
    作者が「関西淡路大地震以降、考えや書くものが変わった」としていること。地震以前に執筆された『李欧』が否定されているようで。

  • ハードでロマンティック

  • 人の一生がこんなにも面白いと感じたのはいつぶりか。

  • 惚れたって言えよ。読み返すたびにラスト間近で涙があふれる。

全538件中 1 - 25件を表示

李歐 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

李歐 (講談社文庫)に関連するまとめ

李歐 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

李歐 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

李歐 (講談社文庫)の作品紹介

惚れたって言えよ-。美貌の殺し屋は言った。その名は李欧。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五年の月日が二つの魂をひきさいた。『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

ツイートする