李歐 (講談社文庫)

  • 3452人登録
  • 3.85評価
    • (617)
    • (457)
    • (792)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「我が手に拳銃を」を先に読んでいたので、読み始めて「全然ちゃうやん!」と思った記憶が(笑)
    でも前作よりこっちのが好きかな。前作の札束のベッド云々というリオウの台詞がなくなってるのは悲しいけれども。
    あとこっちのがスウィートな感じがする。でもラストは一彰的には悪堕ち?(笑)

  • 桜の大木。降り注ぐはなびら。そして拳銃。美貌の殺し屋。運命。壮大な恋。みたいな。

  • 高村薫さんの著書、随分読み返した。
    でも、最後に何か違和感が残り、マークスの山、然り。神の火、だったかな、も。
    これを読んで分かった。気がする。御伽噺なんだって。
    ユートピアの先が見えてこない。著者もそれを探しているんじゃないかと。
    ちょっとご無沙汰しているのでひょっとして最近の著書でそれが見えるのではと楽しみにしている。

  • たぶんクライム・ノベルなんだろうなぁ~と思っていました。馳星周の作品みたいな。そしたらそしたら、さすが高村氏。それだけじゃぁ~終わらせないんですね~。読み応えバッチリ!
    主人公の青年は一見平凡な設定にはしてありますが、読み進めていくと結局は幼い頃から裏社会に接しています。そして出会うべきして出会う一人の美少年。
    むむむ、こりゃ~やおいモノか??とも思いましたが・・・またまたそこは高村作品。スケールの違いにこれまたびっくりするはずです。
    公安が絡んだり、スパイややくざが絡んだり、国際的陰謀にまで繰り広がれる面白さです。そしてラストには私はなんだかとっても感動しちゃいました。最近、あまり新作にお目にかかれない高村作品ですが、こんなすごいのを描くなら、時間が掛かるだろうなぁ~とも思います。う~む、早く新作を読みたいですよん。

  • 「李歐」は「我が手に拳銃を」の文庫本用リメイク。

  • 『我が手に~』よりも柔らかい印象を受けた。
    表紙通り?

  • ベトナム滞在中に読んだので、異様に印象が強かった本。
    手元にある本が限られており、手にした。

    舞台は日本の町工場と中国大陸。

    在日中国人だった李歐の魅力はうまく言い表せない。異世界の人。
    主人公は彼に強くひかれるものの、住む世界も違い、日本で家庭を持つ日本人男性。

    最後は・・・!


    2年前に読んだきりでよく覚えていないけど、そんな話だったと思う。

    日本にいたら読まないけど、異国で読むにはよかった。

  • 本が若干太かったが、長い通学にちょうどよかった。
    李歐が眩しすぎて、70'sアメリカのギャング映画を見てるようだった。
    最後まで飽くことなく「おもしろい」の一言で尽きる作品。エンターテイメントとして成功している。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    惚れたって言えよ―。美貌の殺し屋は言った。その名は李欧。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五年の月日が二つの魂をひきさいた。『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

    文革時代にある政治事件に巻き込まれて偶然巡り合った日本人の青年と中国人の美貌の殺し屋が友情(?)を結んで、いろいろ翻弄されたのち何十年か後に再会する話。いかにも女性の作家さんが書いた男の物語って感じ(内容紹介の書き出し、ひきませんか?私はひいた。)こういう、巡り合い的な話は超萌えなんですが、いかんせん悲劇が多い。パターンとしては最後二人は離ればなれで魂だけが結ばれるとか、子孫の代に結ばれるとか(全然結ばれてねえと思うんですが)本作はちゃんと生きてるうちに会えてよかった。うん。
    しかしながら、邂逅のハッピーエンドを盛り上げるためには、最初にもっとがつんと絆を結んでほしいわけで!そこがいまいちだったなぁ。一目惚れってどうなの??いくらカズくん(日本人)が人格破たん者で李欧が殺し屋だとはいえ。「こんな気持ち初めてv」みたいな!きゃ!恥ずかしいv。男前同士ならそれでも説得力になるのか?なるわけない。
    その後も友情という日本語の意味を誤解しているとしか思えないような言動が続き二人は何か謎のモノをはぐくんで離れ離れになるのですが…。。ここまででしっかりふたりの絆が書いてないから、この後延々とねちっこく続くカズくんの荒れた"性"活が非常に読みづらい。君たちは一体会う気があるのか!?みたいな。
    終盤になってカズくんが微妙な女性とデキ婚までしちゃった時はどうしようかと思いましたが、最終的には李欧に会いに行ったのでまあいいか(もう焦らされ過ぎて読者は少々冷めてます)。
    夢で逢うところが一番よかったな。良い題材だけにもっとドラマチックなのを期待しちゃったところが余計惜しい。壮大な友情物語はいずこ。ほしみっつー。

  • 080904(n 080913)
    090809(n 090823)
    091128(s 091208)

  • よかった!スキです!これBLですよね。。
    初めはくら〜いなぁ、、と諦めかけていましたが。
    李歐が出てきてからは光が射してきましたよ。
    銃や掘削機?などの記述がかなりマニアックで、書いてる方が女性だとは思いませんでした。
    カズさんの良さはあまり分からなかったなぁ。
    隠してたのかな、それを李歐は見抜いたのかな。あぁ原口さんも。。

  • 李欧の魅力がいまいち伝わってこないから、主人公が彼に執着した気持ちもいまいち分からなかったです。
    顔が良くて気品があって器がでかくて・・・そういうのが情景として見えてきませんでした。なんでだろ。登場回数が少ないからか、人間味の溢れる描写が少なかったからか。

    しかしまあ、とんでもない純愛ですね!何年越しの恋なんだ。
    そう考えると真っピンクにデカデカと「李欧」なんて書かれた表紙がとんでもなく卑猥なものに見えてきましたよ。

    「この李歐が時計だ。 あんたの心臓に入っている。」

    ぎゃーす!!こっぱずかしー!!

    09.08.04

  • 最初の印象は「読みにくいな」といった感じ。

    しつこいほどの情景描写や、拳銃に関する考察。
    始めの部分は主人公にも全く感情移入出来ない状態で、正直少ししんどかった。

    しかし李歐との出会いを機に、徐々に徐々にこの作品の世界に引きずり込まれることになる。
    離れて暮らす15年という歳月は読者にとってももどかしく、その分最後の再会には心から安堵(祝福と言いたいところだがやっぱり安堵の方がしっくりくる)せざるを得ない。
    読んで良かった、と素直に思わせるラストである。

    何より、前半はあれだけ退屈だった工場や桜の描写に関しても、後々こんなにも愛おしく思えるようになるだなんて思わなかった。
    どうか斜め読みではなく、我慢して一文一文我慢して読んでもらいたい。


    ここまで読むのに集中力がいる本というのは、個人的にとても久しぶりだった。
    ちょっと5分だけ…というように気軽に読めるものではないのでご参考に。

  • 高村薫さん、天才!

  • 李欧に恋をしている気がしてならない

  • 人物描写の深さ、世界観のスケールの大きさ、後半の圧倒的な流転には感動させられた。忘れた頃にもう一度読み直したい。

  • 李歐が恰好良すぎるだけでなく、二人の関係ややり取りが絶妙。
    自由で伸びやかに、そして不器用に生きた二人の15年越しの再会がラストのたった数ページに描かれるところは圧巻。

  • 暗く陰鬱なイメージから始まる物語は、ラストは壮大なイメージで晴々とした感で終わる。
    登場人物の特長が、ありありと表現され
    心情描写も、じっくりと感じ取るように読めば、かなり読み応えのある小説と言える。
    著者は男性だと思っていたが、実は女性であったことに衝撃を覚えた。

  • この本を読んだときに凄い衝撃を受けたことを覚えている。

  • 小説という媒体になったこの本は非常に好みである。内容というより、つづられる文章がたまらなくいい。
    http://beautifulone.jugem.jp/?eid=188/

  • なんかいちいち美しくて好きなんだよねえ、この世界観。

全538件中 226 - 250件を表示
ツイートする