李歐 (講談社文庫)

  • 3476人登録
  • 3.85評価
    • (619)
    • (458)
    • (793)
    • (41)
    • (13)
  • 539レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公とりおうのつながりがいい感じで、うらやましいと思った。

  • 合田刑事シリーズ以外の高村作品は初。高村さんは文庫化の際にオリジナルにかなり手を入れるという話があるけれど、本書も「わが手に拳銃を」に加筆・修正し、タイトルを変えて、文庫書き下ろしとしたもの。
    相変わらず暗く・重苦しい作風であるものの、いつものラストに追い込みで盛り上げて来る感じはあまりなくやや拍子抜け。李歐という殺し屋の人物像も今一つ掴みにくいのがやや残念。

  • 華やかな香りがむせ返るような、主人公が際立つ作品。美しいです。

  • 話は抽象的な気もした
    さくさく読めて面白かった
    リメイク前のものも読んでみたい
    5000本の桜
    爆発は無理やり感はあった ような 気も

  • わが手に拳銃をの改訂
    話は最後のほうは違っている
    どちらも好きだ

  • 疾走感は好きだったが、それ以外であまり残っていない。

  • 久々に面白かった
    高村薫

  • 読後感が気持ちよかった。李歐のキャラクターがすごく魅力的だと思う。

  • 長い…読みずらい…
    ドキドキとか続きが気になる感じがなかったからずっとただ単調に読んでた感じ。

  • 「李歐」好きだって言うのがほんとうに恥ずかしい。恥ずかしいというか照れるというか桜色の表紙とかほんとうに恥ずかしい。照れる。李歐がかっこうよすぎるのがいけないと思います。

全539件中 91 - 100件を表示

高村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
荻原 規子
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする