李歐 (講談社文庫)

  • 3461人登録
  • 3.85評価
    • (617)
    • (457)
    • (792)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハードでロマンティック

  • 人の一生がこんなにも面白いと感じたのはいつぶりか。

  • 惚れたって言えよ。読み返すたびにラスト間近で涙があふれる。

  • 文学系腐女子ファンタジー感がヒシヒシくるけど、内容は結構面白かった。主人公の奥さんが亡くなるくだりが、読んだ時には泣けたけど、主人公と李謳をくっつける伏線でしかないと思うとやるせない。

  • 平凡な暮らしを送っている自分には到底計り知れない一彰と李歐の生き様でした。李歐が大陸に渡ってから再会までの15年の一彰の人生は、表面では一彰の物であって奥底では利歐と共にある二重底のような物に感じられました。大学生までの一彰の時間は止っていて、李歐と出合った事で時間が動き出したという事でしょうか。この二人の繋がりはちょっと簡単には言葉に出来ない。見たことの無いものを見せられて呆然として、読後ふわふわ漂ってる気分です。

  • 壮大な恋の物語。
    これ、ラブストーリーですよね??
    殺し屋に一目惚れした主人公が万難を排して恋を成就する話し。
    晴子の後に読んだので、ピカレスクな内容にも関わらず、表紙の桜色のように「キラキラ」かつ「フワフワ」した印象を受けた。

    広大な大陸の情景と、大阪の繁華街&裏通りの饐えた臭いがリアルに思い出される、著者の描写は秀逸だと思います。
    拳銃の構造に魅かれる主人公の心理も、ものすごく理解できたり。殺傷する道具としてではなく、拳銃の造形と構造に魅かれる。

    原口組長がお気に入りかな。

  • 暗くて重い話だ。 
    読むのにかなりの集中力を要します。

    この人の本は何冊か読んだけれど、人の薄暗い情念や、鬱屈とした感情を描かせたらピカイチだと思います。

    抽象的な話になりますが、薄暗い部屋の様な小説です。

  • 『殺し屋と学生がいつか大陸に行く約束をし、約束が果たされるまでの15年間いろいろな事がある。』って話。この15年の間の出来事っていうのが、学生が拳銃フェチになってやくざと付き合いがあるようになるとか、殺し屋は大陸で事業を始めて成功するけど殺されかけるとか、本当にいろいろあります。けど、2人はお互いの夢の中で逢って再会を誓いあったりして、ちょっぴりファンタジー。この二人の微妙な関係が・・。乙女ゴゴロをくすぐるのでしょう。(私が乙女と呼べる年齢かどうかは置いといて)

  • 「わが手に拳銃を」を先に読んでましたが、更に面白くなっていました。
    カタカナいっぱいなのは正直飛ばして読んじゃったけど。

  • 数年ぶりに再読。以前読んだときは「ぽかーん」としただけだったのが、不思議なことに、この再読では、一気に惹き込まれて虜になった。あまりに魅力的すぎる李歐という存在もさることながら、はっとするような美しく色気のある文体や表現に心を鷲掴みにされた気分。ハードボイルドというよりも、人間同士の絆や因縁、時代に翻弄される混沌とした世界観が主軸になっている気がする。桜の描写が美しく、主人公一彰の父親のような存在である守山の、ふとした行動に人間臭い温かさみたいなものを感じて、ぐっときた。
    ほんの一瞬のような邂逅で、それ以降会わずとも互いを思い合い、15年越しの再開を果たした一彰と李歐の情愛は読んでいて胸が苦しくなったし、とてつもない熱を感じた。

    ところどころに混じる中国語の響きも柔らかく美しくて、華やか。

    いいものを読んだなぁと心から思った。
    李歐が、とにかく、魅力的。

    文庫のカバーデザインもとても綺麗でこの小説の雰囲気にぴったりだと思う。

全538件中 21 - 30件を表示

高村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
あさの あつこ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする