李歐 (講談社文庫)

  • 3427人登録
  • 3.84評価
    • (611)
    • (455)
    • (790)
    • (41)
    • (13)
  • 535レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
宮部 みゆき
荻原 規子
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初・高村さん。
    しっかりとした文章を書く人なんですね。
    背景設定や物語の筋もどっしりとしていて安定感がありました。
    体力がある時向きな本です。

    内容は、李歐と一彰の、友情とも同性愛とも取れそうな感じです。
    ただ、そこに密輸拳銃や裏社会のことがたくさん絡んでくるので、単純にそれだけの話、とは言えない魅力があります。
    ミステリー・・・なんですかね?
    結構夢中になって読めました。

    個人的な感想ですが、李歐さんがカッコ良すぎます!
    もうそれだけでもこの本を読んでよかったと思いました。
    イケメンさんが出てくる本を読みたいという方も是非(笑)

  • 『殺し屋と学生がいつか大陸に行く約束をし、約束が果たされるまでの15年間いろいろな事がある。』って話。この15年の間の出来事っていうのが、学生が拳銃フェチになってやくざと付き合いがあるようになるとか、殺し屋は大陸で事業を始めて成功するけど殺されかけるとか、本当にいろいろあります。けど、2人はお互いの夢の中で逢って再会を誓いあったりして、ちょっぴりファンタジー。この二人の微妙な関係が・・。乙女ゴゴロをくすぐるのでしょう。(私が乙女と呼べる年齢かどうかは置いといて)

  • 「惚れたって言えよ」!!!

  • 桜が咲いているのを見ると読みたくなる作品。
    高村作品の中では李歐が一番好きだ。

  • 町工場の桜を見たくなった。
    桜の美しさ、それが妖しく、私を不安にさせた。

    最後は哀しかったけれど、よかったねと思える。
    特に親と子の関係が印象に残った。

  • 作者が女性と知って納得の同性愛系の話

  • 初の高村作品。『わが手〜』といっしょに購入。先にわが手を読了し李歐へ。わが手の文庫が李歐になりますが、タイトルが違うように内容がほとんど違います。読み比べてみたらおもしろいと思います。
    「惚れたって言えよ」というセリフに惹かれて買いました(笑)
    登場人物がかっこいい!まさに男が惚れる漢というひとでしょうか李歐は。読むにつれて一彰と同じように李歐に惹かれていきました。
    他の方が言っていたように同性愛っぽいです。40代の女性に貸したことがありましたが感想が「同性愛っぽいよね(笑)」でした(⌒-⌒; )女性から見ればそう感じる方が多いと思います。
    メインである李歐と一彰の間には愛があります。その愛がどういったものなのかは読んだ方が決めればいいと思います。恋情、友情、家族愛、兄弟愛……一言でこのふたりの関係を語るのはむずかしいかと……
    個人的には男同士の一言で表せない関係というのがツボだったりします。

    ラストの再会、5000本の桜には胸が熱くなりました。桜は圧巻。15年越しにやっと……
    今では現実の桜を見ただけで胸が締め付けられるくらい桜が好きになりましたよ(笑)

  • ジャンルはBLでないにしろ、BLの範囲内の内容だったと思います。
    こういう作品がBL界でも読めるようになるといいな~と思っています。

  • 今まで読んだ高村薫作品の中で最高に好き。李歐という存在が本当に魅力的で、敵や味方を超越して人を惹きつける人間として描かれている彼に私も心底惚れ込んでしまった。読了後もふとした瞬間に李歐のことを考えている。

  • 初・高村薫。もともと、書店で見かけたときに何となく気になってた。何となくといっても、それなりに理由は分かってて、“きっと中国史に関連した歴史小説なんだろうな”と思ってたから。水滸伝にも、字違いのリオウって出てくるし。で、最終的に読むきっかけになったのは、先だって目を通した、“悪の読書術”の新書。その中でも取り上げられてて、“これはいよいよ読まないと”となった次第。結果的に、内容は全く歴史と関係なくて、完全に現代小説・フィクションでした。ハードボイルド系の話で、これ以上暴力に振幅が振れると、きっと好きになれなかったと思うけど、そういった描写はそんなに多くなかったからよかった。それにしても、どこを開いても一面字で埋め尽くされてて、会話文さえ普通の文章中に組み込まれてることもしばしばだから、ボリューム感がすごかった。一気に読み通すには、だいぶ根気が要る作品でした。

  • 高村薫作品では、今のところ(2012)マイベスト。
    希望のもてる終わり方で(女性視点では不満も出そうな気がするが)
    言葉では言い表せない主人公二人の関係性は
    たぶん自分には手の届かない、憧れです。

  • 銃と桜 銃と桜!

  • 『わが手に拳銃』を下敷きにした、李歐と一彰の魂の物語、というものなんだろうなあ。わが手〜の方が刺々しいというか、なにかを削ったあとのやすりがけする前のざらざらとした感じで、こっちはやすりがけをしたあとのまろやかな感じを受けた。李歐と一彰の関係性にもう少し踏み込んだのがこっちなんだろうなあ。
    わが手〜でもそうなんだけど、李歐はやっぱりすごいな。これでもかというぐらい魅惑的に書かれているのもたぶん影響されているんだろうけど、一彰が李歐に対して激しい思いを抱く姿は脳内にありありと浮かんだ。李歐の持つ、どこまでも続く地平線の向こうみたいな底知れぬ壮大さに震えた。
    例の五千本の桜だけど、想像したら想像したでこんなことをしてしまう李歐ってほんとに…となった。さらりと挟まれる言葉に、くらくらきた。
    そして「父親が2人」は思わず笑ってしまったよね。

    (522P)

  • 「わが手に拳銃を」を先に読んでましたが、更に面白くなっていました。
    カタカナいっぱいなのは正直飛ばして読んじゃったけど。

  • 惚れたって言えよ―。美貌の殺し屋は言った。その名は李欧。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五年の月日が二つの魂をひきさいた。『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。(「BOOK」データベースより)主人公が余りにも抵抗なく同性からの性行為など受け入れていることに少し違和感があった。長い割に母が失踪したあとの生活などについてはほぼ触れていないのが残念。

  • 「我が手の拳銃を」とDNAを同じにする本。 登場人物、吉田一彰は「合田雄一郎」や「ジャック・モーガン」タイプだけど リ・オウは 伸びやかで 艶めいて あでやかで おおらかで 繊細で 大胆で・・・。 

    主人公、男ふたりが魅力的。 ふたりの、熱愛としか言えない心情の描写がドキドキを煽りたてる。  それぞれケッコンして家族を作っても 生涯、「心臓に」相手を棲まわせる・・・。。。  ぞくぞくするような熱情・・。ヨカッタ!

  • 『わが手に拳銃を』を大幅改稿改題した文庫版です。
    李歐も一彰も『わが手~』とは全然ちがいます。でもこちらの李歐も、「年月なんか数えるな。この李歐が時計だ。あんたの心臓に入っている」とか、やっぱり名台詞満載。お互いの心臓に接吻しあうなんて、なんだか艶っぽい…。
    あと原口組長の存在感がかなり濃くなってた!惚れてしまいそう。
    個人的には李歐と一彰が『わが手~』よりも美形&クールになっちゃったのがちょっぴり残念。でも、どちらも面白いです。こっちは艶っぽくて美しい。

  • 「わが手に拳銃を」のリメイク版(?)になるのかな。
    私は性別を超えた友情・・愛情の観点で読んでました。

  • 難しくてわりとざっくり読みしてしまいました。
    一彰が何を求めて大学生活を過ごしていたのかわからなかったし、サイコパスなんじゃないかと思ってしまったので最後こんな穏やかにしめるとは思わなかった。
    しかしなんてさりげなく耕太の父親が二人になった、って書いてるんだ……

  • おもしろかったようなそうでもなかったような。拳銃のくだりとかとばしとばし読んでましたが、途中で読むのやめようかと思いましたが、なんか最後まで読んでしまいました。暇だったから読めたんだろうな。

    でもそれなりに引き込まれたのかな?
    李歐はかっこよかったです。

  • パパが二人・・・

  • 初めての高村薫。文体が苦手。続きが気になる・・ってことも無く。

  • 主人公の生活が生々しい。それに比べてりおうの方はちょっとファンタジーっぽい。ものすごい惹かれあっててすごく美しいのだが、そこまで惹かれる理由がよくわからない。でも惹かれる理由なんてきっとわからないほど些細で運命的なんだろうなって思った。

全535件中 76 - 100件を表示
ツイートする